アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination ~幸福を呼ぶ光の双龍~7月1日(金)オープン

アパホテルズ&リゾーツ

史上初!2つのウォータープロジェクションマッピング新登場!

 アパホテルズ&リゾーツを運営するアパホテル株式会社(本社:東京都港区赤坂3丁目2-3 代表取締役社長:元谷芙美子)は、総合リゾート施設として運営するアパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)において、約4万m2 の旧ゴルフコース内に約160万球のLEDを使用した東日本最大級※1の「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination ~幸福を呼ぶ光の双龍~」を、3シーズン連続開催する。2年連続エリアを拡大し、新コンテンツ・新演出を取り入れたスケールアップした体感型イルミネーションを楽しむことができる。※1 夏・秋期間において開催のイルミネーションにおいて東日本最大級。


アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination ~幸福を呼ぶ光の双龍~
http://apahotel.com/illumination/


アパリゾート上越妙高イルミネーション2016


 7月1日(金)にアパリゾート上越妙高イルミネーション2016がオープンを迎えた。オープン当日は記者会見・点灯式が行われ、記者会見の場で、アパグループ株式会社 代表取締役社長 元谷一志は「今年、アパリゾート上越妙高イルミネーションは3シーズン目を迎え、地元としても定着して新潟が誇るリゾートとして再生した。今後もまだ拡張性のあるコンテンツということを考えると夢がある。地域と一緒に育てていってもらいたい。」と述べた。当施設では、7月1日(金)より11月15日(火)までの4ヶ月半(138日間)にわたりイルミネーションを楽しむことが出来る。

 今シーズンも、夜景評論家・夜景プロデューサー・丸々もとお氏のプロデュースのもと、上杉謙信ゆかりの双龍伝説をテーマに2年連続エリアを拡大し、約160万球のLEDを使用したイルミネーションを約4万m2 の旧ゴルフコース内で展開する。

 今シーズンも、「世界最大の光の地上絵」であるグラウンドイルミネーションを展開する他、新エリアには地元妙高の歴史や双龍伝説を背景にしたストーリー仕立ての2つのウォータープロジェクションマッピング「風神~起承編」「雷神~転結編」が登場し、2つのウォータープロジェクションマッピングが楽しめる日本初の施設として生まれ変わる。また、イルミネーションによる花畑が光り輝き、世界初の有機EL龍を間近で鑑賞できる「幻想庭園」などの新コンテンツも登場し、広大な敷地に壮大なイルミネーション演出が展開されている。

 また、併設のイルミ屋台村も店舗数を拡充し、今シーズン初めての試みとしてアパ社長カレーの屋台がイルミネーション開催期間限定の店舗としてオープンした。アパ社長カレーは、アパホテル直営レストランで生まれたアパホテル社長元谷芙美子が自信を持ってお奨めする本格派ビーフカレーであり、専門店の出店は今回が初めてとなる。

幻想庭園

風神~起承編

雷神~転結編


■実施概要







【アパグループ】
アパグループは2010年4月にスタートした「SUMMIT 5(頂上戦略)」では東京都心でトップを取る戦略をとり、東京23区内の直営ホテル数のみで59棟・14,489室(建築・設計中を含む)を達成した。2015年4月にスタートした「SUMMIT 5-II(第二次頂上戦略)」では、国内は東京都心から地方中核都市へと展開を広げ、海外では6月20日にニューヨーク近郊で海外第一号ホテルとなるAPA HOTEL WOODBRIDGEがグランドオープンした。今後は、世界展開を本格化すべく、高品質・高機能・環境対応型の「新都市型ホテル」のコンセプトに更なる磨きをかけ、2020年3月末までにパートナーホテルを含むアパホテルネットワークとして10万室展開を目指す。

アパグループリリース資料
http://prtimes.jp/a/?f=d18265-20160704-3998.pdf

===
本件に関する一般のお客様の問い合わせ先
URL: http://www.apahotel.com/illumination/
Tel.0255-82-4111

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング