『未確認フェスティバル2016』応援ガールは、永野芽郁!ライブゲストは、KANA-BOONに決定!

TOKYO FM

★3次ライブ審査&ファイナルステージのLINE LIVE生配信も決定!★特別審査員は、いしわたり淳治、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、菅野結以

TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局で放送中の10代向け人気番組『SCHOOL OF LOCK!』では、「タワーレコード」「NTTドコモ」「レコチョク」が展開するインディーズ及び新人アーティストの音楽活動を支援する「Eggsプロジェクト」と共催で、10代アーティスト限定の音楽フェス『未確認フェスティバル2016』を、2016年8月27日(土)、新木場STUDIO COASTにて開催致します。 この度、10代アーティストを応援する“応援ガール”に、永野芽郁が就任することが決定!本日7月8日に行われた記者会見では、永野芽郁がギターを持つ姿が印象的な「未確認フェスティバル」×「NO MUSIC, NO LIFE?」のコラボレーションポスターを初お披露目!昨年のグランプリに輝いた「Shout it Out」が『未確認フェスティバル2016』公式応援ソング「逆光」を生演奏しました。





♪永野芽郁がエレキギターを披露!「個人的にはレッチリが好き」
「未確認フェスティバル2016」の応援ガールに就任した永野芽郁は、歴代の応援ガールのシンボルとなっているエレキギターを持って登場!『SCHOOL OF LOCK!』パーソナリティのとーやま校長が「ギター弾けるの?」とたずねると、「練習してきました!」と、自身が出演しているカルピスウォーターのCM曲であるBUMP OF CHICKEN「宝石になった日」のサビを披露しました。「応援ガールのギターの音、初めて聴いた!」とあしざわ教頭もびっくり!「ギターは中学2年から習い始めました。個人的にはレッチリが好き」と永野芽郁。その見事な腕前に「ファイナルステージでも演奏してよ!」とオファーすると、「練習します!」とにっこり。会場は大いに盛り上がりました。




♪お得意の川柳も披露!「花開け、君のメロディ 新木場で」




2代目応援ガールに選ばれたことについては「音楽が大好きなので、とても嬉しかった!」という永野芽郁。3次審査に出場する33組全ての音源を聴いたといいます。「同世代ということにびっくり!自分たちの創りたいものを時間をかけて創ってきたのが伝わってきました。私もいつか作詞作曲をしていみたいです」と語りました。
そんな永野芽郁が10代アーティストに向けて黒板に書き込んだメッセージは、
『花開け、君のメロディ 新木場で』
「みなさんが一生懸命、練習して、大切に創ってきた曲を、新木場のファイナルステージで、全力で演奏して欲しいです!」と、自身のブログでもよく紹介しているお得意の川柳で、10代アーティストへのエールを披露してくれました。


♪ロックな永野芽郁に会える!撮り下ろしポスター完成!
「未確認フェスティバル」とタワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE?」のコラボレーションポスターも初お披露目されました。永野芽郁がエレキギターを持っている貴重なショット。出来上がりの感想を聞かれると「想像以上にイケてました!自分的には250点」と大満足。伝統ある「NO MUSIC, NO LIFE?」のポスターとコラボできたことについては「うれしい!タワレコの前に毎日立ってます!」とコメントして会場を笑わせました。このコラボレーションポスターは、本日7月8日より全国のタワーレコードなどで掲出されます。



♪昨年のグランプリ「Shout it Out」から挑戦状!「全組つぶして帰ります!」




未確認フェスティバルの初代グランプリバンドであり、7月6日にめでたくメジャーデビューを果たしたばかりの「Shout it Out」も登場。『未確認フェスティバル2016』公式応援ソング「逆光」をパワフルに生演奏しました。山内彰馬(Vo,Gt)は、「僕らは、閃光ライオットの時から3回目の挑戦で、昨年はエントリーするかどうか悩んだ。ここでダメだったら立ち直れないんじゃないかと思って。でも結果はグランプリ!僕らの人生がガラっと変わった。この『逆光』は、僕らみたいに迷っている人の背中を押せたら、と思って創りました」と明かしました。
そんな「Shout it Out」は、8月27日のファイナルステージにオープニングアクトとして登場します。後輩たちに向けて、「昨年僕らは、優勝することしか考えてなかったので、その熱量が形になったと思う。だから“勝つ”という気持ちで挑んで欲しい」とエールを贈りつつ、「でも先輩として、全組つぶして帰ろうと思います。ゲストのKANA-BOONにも喰らいついていきます!」と力強く意気込みを語りました。



♪ライブゲストは、KANA-BOON!LINE LIVEでの生配信も決定!




8月27日(土)新木場STUDIO COASTで行われるファイナルステージのライブゲストには、『SCHOOL OF LOCK!』内の人気コーナー、『KANA-BOON LOCKS!』(毎週水曜23:05頃~)を担当しているKANA-BOONに決定!「未来の鍵」を目指して生徒と一緒に走る!体育の講師としてネガティブをポジティブに変える授業をお届け中のKANA-BOONが、10代アーティストに音楽でエールを贈ります。
さらに、7月17日からスタートする3次ライブ審査とファイナルステージの模様は、LINE LIVEで生配信することが決定しました。



♪特別審査員は、いしわたり淳治、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、菅野結以『未確認フェスティバル』の特別審査員をつとめるのは、昨年に引き続き、いしわたり淳治、菅野結以。
さらに、9mm Parabellum BulletのVo.&Gt.菅原卓郎が特別審査員として初参戦!10代の音楽に賭けるアツい想いを受け止めます!
いしわたり淳治、菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、菅野結以


【3次ライブ審査(ライブステージ)スケジュール】
◆7月17日(日)大阪会場   <心斎橋JANUS> 出場者9組/ゲスト: BURNOUT SYNDROMES
◆7月18日(月・祝)名古屋会場<ボトムライン>  出場者8組/ゲスト: Mrs. GREEN APPLE
◆7月23日(土)東京会場    <渋谷O-WEST> 出場者8組/ゲスト: go!go!vanillas
◆7月24日(日)東京会場    <渋谷O-WEST> 出場者8組/ゲスト: GLIM SPANKY

【ファイナルステージ スケジュール】
◆8月27日(土) 新木場STUDIO COAST
全国からの応募総数3,364組から勝ち抜いた10代アーティストが熱いステージを繰り広げます。
ライブゲスト:KANA-BOON、オープニングアクト:Shout it Out、応援ガール:永野芽郁

◇◇◇
永野芽郁(ながの・めい)

1999年9月24日生まれ。東京都出身。2009年映画デビュー。2015年公開の映画『俺物語!!』でオーディションを勝ち抜きヒロイン役に抜擢。『第94回全国高校サッカー選手権大会』11代目応援マネージャーを務める。2016年7月期の連続ドラマ『こえ恋』で、ドラマ初主演。公開待機作には日本語吹き替えを担当する映画『キング・オブ・エジプト』(9月9日公開)や『ピーチガール』(2017年公開)など。『カルピスウォーター』CMキャラクターの13代目に起用され、現在、好評オンエア中。

KANA-BOON

谷口鮪(Vo./Gt.)、古賀隼斗 (Gt./Cho.)、飯田祐馬(Ba./Cho.)、小泉貴裕(Dr.)
大阪・堺出身の4人組ロックバンド。中毒性高く耳から離れない楽曲と、圧倒的なコミュニケーション能力で駆け抜けるライブパフォーマンスは必見!この夏は、SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016など、多数の音楽フェスに出演。さらに10月8日より全国東宝系で公開の映画「グッドモーニングショー」の主題歌にKANA-BOONの新曲「Wake up」が決定。 
http://www.kanaboon.com/  http://kanaboon.jp

Shout it Out

山内 彰馬(Vo,Gt)、露口 仁也(Gt)、新山 大河(Ba)、細川 千弘(Dr)
大阪・堺を拠点に活動するギターロックバンド。2015年「未確認フェスティバル」の初代グランプリに輝く。2015年12月16日に1stミニアルバム「Teenage」を、タワーレコード内のEggs プロジェクト支援レーベル「Eggs」よりリリース。2016年7月6日にシングル「青春のすべて」でメジャーデビューをした注目の若手バンドです。

◇◇◇

【未確認フェスティバルとは】



◇衝動、センス、可能性、全国から“未確認な才能”が集結する、10代限定、唯一無二の音楽祭!
バンドにかける少年たち。未来を歌うシンガーソングライター。日常を発散する若きラッパー。音楽に夢を馳せる10代のアマチュアアーティストたちが、その“未完の才能”を武器に、新木場スタジオコーストで開催される「夏フェス」の出場をかけしのぎ削る、“音楽の甲子園!”。「曲を作ってみた。弾いてみた。歌ってみた。そして誰かに届けたくなった。」 そんな想いを抱く10代のアーティストが全国から集結する、唯一無二の音楽フェスティバルです。優勝賞金は100万円!さらに全国のタワーレコードからCDリリースできる!応募資格は10代であること!スタイルもジャンルも自由!

◇「タワーレコード」「NTTドコモ」「レコチョク」が展開する「Eggsプロジェクト」と完全連動!
「Eggsプロジェクト」は、インディーズ及び新人アーティストの活動支援を行うプロジェクト。アーティストと音楽ファンが集まる「出会い」と「育成」のコミュニティをweb/アプリ「Eggs」上で展開するサービスで、アプリの総ダウンロード数は50万を突破しています。リスナーにはアーティストや楽曲との出会いを、アーティストにはネクスト・ステップにつながるCD発売、音楽フェスへの出演など活動の場を提供しています。「Eggs」の中に、「未確認フェスティバル」の特設サイトを設置。応募の受付段階から出場権をかけたネット審査まで完全連動していきます。

◇今年の応募総数は3,364組!いよいよ三次審査へ!
2016年2月24日からスタートした一次審査(デモ審査)への応募総数は3,364組。この中から選ばれた105組が、二次審査に進出しました。二次審査は5月18日よりスタートし、『未確認フェスティバル』(Eggs内)の特設サイトで、105組の音源・映像を公開し、一般からの投票も受け付けました。その結果、三次審査(ライブステージ)に進出するの33組が決定!いよいよ、7月17日(日)より、三次審査(ライブステージ)がスタートします!

【3次ライブ審査(ライブステージ)スケジュール】
◆7月17日(日)大阪会場   <心斎橋JANUS> 出場者9組/ゲスト: BURNOUT SYNDROMES
◆7月18日(月・祝)名古屋会場<ボトムライン>  出場者8組/ゲスト: Mrs. GREEN APPLE
◆7月23日(土)東京会場    <渋谷O-WEST> 出場者8組/ゲスト: go!go!vanillas
◆7月24日(日)東京会場    <渋谷O-WEST> 出場者8組/ゲスト: GLIM SPANKY

【ファイナルステージ スケジュール】
◆8月27日(土) 新木場STUDIO COAST
全国からの応募総数3,364組から勝ち抜いた10代アーティストが熱いステージを繰り広げます。
ライブゲスト:KANA-BOON、オープニングアクト:Shout it Out、応援ガール:永野芽郁

◇「未確認フェスティバル」スぺシャル番組をLINE LIVEでレギュラー生配信中
毎週月曜の『SCHOOL OF LOCK!』放送終了後の24時から、とーやま校長とあしざわ教頭が、ラジオからLINE LIVEに教室を移して、延長授業を行います!番組アシスタントは、モデルさらにはDJ、MCなど無双モデルタレントとして活躍の場を広げる注目のニューエイジ・ヒロイン、アリスムカイデ。ラジオの生放送の熱をそのままに、「未確認フェスティバル」の最新情報を一早く紹介していきます。ラジオ放送では紹介しきれない10代の熱い想いが詰まった応募音源の紹介や、LINE LIVEならではの独自企画も続々、発信予定。10代アーティストの未確認な才能に迫ります。なお、『未確認LOCKS!』の番組制作はソーシャルテレビ局2.5Dが担当します。

【LINE LIVE番組概要】
◇タイトル:  SCHOOL OF LOCK!×2.5D Presents 「未確認LOCKS!」
◇配信日時: 毎週月曜日24:00~25:00  LINE LIVEにて配信
◇番組HP: http://www.tfm.co.jp/lock/
◇出演者:  とーやま校長、あしざわ教頭、アリスムカイデ

【番組「SCHOOL OF LOCK!」とは】

“全国の蒼き若者たちの未来の鍵(LOCK)を握るもうひとつの学校!”をコンセプトに、パーソナリティのとーやま校長・あしざわ教頭ほか、人気アーティストやタレントをレギュラー講師陣に迎え、TOKYO FM をはじめとするJFN38局ネットで放送中のラジオ番組です。2005年10月の番組開始以来、ラジオとWEB、時にイベントや出版も連動させた内容でネット世代の若者を中心に支持を得ている人気番組です。
◇放送日時: 毎週月曜日~木曜日 22:00~23:55 / 毎週金曜日 22:00~22:55
◇放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット ※一部ローカル
◇ホームページ: http://www.tfm.co.jp/lock

【「Eggs」とは】

タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクの3社が音楽を志す全てのアーティストと、音楽を愛するすべてのリスナーを応援する「Eggsプロジェクト」を始動。このプロジェクトが提供する未知のアーティストと出会える音楽コミュニティサービスが「Eggs」です。
◇Eggsサイト:https://eggs.mu/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング