【ホテルJALシティ羽田 東京】『Cafe & Dinning HARUHORO』 夏のタパスフェア開催ー2016年8月31日(水)まで

ホテルJALシティ

疲れ知らずのSummer!ワインと良く合う食材をお気軽に。

ホテルJALシティ羽田 東京(総支配人:渡辺仁康)では四季折々の食材をふんだんに使用したカジュアルな多国籍料理を提供する『Cafe & Dinning HARUHORO』にて「暑い夏を吹き飛ばせ、疲れ知らずのSummer!」として、ワインと良く合う食材をふんだんに使ったタパスフェアを8月31日(水)まで開催中です。


タパスとは、スペイン語で「ふた」を意味する“Tapa”(タパ)の複数形。もともと、アンダルシア地方のバルで、グラスに虫が入らないように、パンやハムでふたをして供したのが始まりだとされています。
そのサービスが好評だったため、次第にスペイン全域のバルに広まってバリエーションも増え、お酒と一緒に提供する前菜全般をタパスと呼ぶようになったのだといわれています。タパスの中でも人気のピンチョスは、小さく切ったパンに具をのせ、上から串(スペイン語でピンチョ=pincho)で刺してまとめたものです。
串で刺さない、オープンサンドイッチ風のものも全てピンチョスと呼ばれています。
そんなタパス料理をお一人でもグループでも楽しめるよう数多くラインナップ致しました。
HARUHOROおすすめワインとオリジナルカクテルと共にどうぞお楽しみください。


夏のタパスフェア開催イメージ
<メニュー例>
イベリコ豚と玉子のピンチョス/ネギトロのパンタパス、マリネサーモン/季節野菜のピクルス
オリーブとドライトマトのマリネ 他 各500円
イベリコ豚と玉子のピンチョス


森のキノコとイベリコベーコンのアヒージョ/シラスのアヒージョ/鶏モモと季節野菜のアヒージョ
牛タンとジャガイモのグラタン/牛スジ肉のピカンテエストファード
フォアグラとマンゴーのピンチョス 他 各800円
フォアグラとマンゴーのピンチョス


<ドリンク例>
グラスワイン(赤・白)/スパークリングワイン/HARUHOROモヒート
有機「エルダーフラワー」のモヒート 他 各500円

※いずれもサービス料10%、消費税別の料金です
※One Harmony会員様に限りディナータイムのご飲食代10%割引実施中(8月31日まで)


<夏のタパスフェア 開催概要>
開催レストラン:Cafe & Dinning HARUHORO
開催時間:ディナータイム18:00‐26:00(ラストオーダー25:00)
席 数 :62 席(テラス席 14 席)
面 積 :137 m2
レストラン営業時間
朝食 04:00-10:00
ランチ 11:30-14:00(ラストオーダー13:30)
ディナー 18:00-26:00(ラストオーダー25:00)

【ホテルJALシティ羽田 東京とは】
東京国際空港(羽田空港)まで車で10分の好立地に位置する『ホテルJALシティ羽田 東京』は、「ジャパン・モダン」をテーマに木を多用したデザイナーズホテルです。フロアーごとに海、空、森をコンセプトにした色合いの異なるしつらえが特徴で、館内にはWIFIが設置され、全客室にアメリカシモンズ製ベッドを完備しています。羽田空港までの無料送迎バスの運行もあり、お客様に快適なくつろぎと機能性を提供するホテルです。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング