グランプリはデトロイトへ!横浜音祭り2016次世代育成プログラム横濱ジャズプロムナード連携企画 ジャズコンペティション本選出演者が決定!!

横浜市 (

横浜音祭り2016次世代育成プログラム

横浜音祭り2016では次世代育成プログラムとして、世界的なジャズフェスティバルである「デトロイトジャズフェスティバル」出演権をかけた、若手ジャズミュージシャンによるコンペティションを横濱ジャズプロムナードと連携し開催します。 この度、全27組による1次審査(音源審査)を経て選ばれた4組のコンペティション本選出演者が決定しました!「デトロイトジャズフェスティバル」出演をかけ、若手実力派ミュージシャン達が横浜で熱く競い合います!!  ※横濱ジャズプロムナードは今年度からデトロイトジャスフェスティバルとアーティストの相互派遣を行っています。




1 コンペティション本選 概要
日程:10/7日(金) 開場 18:00 開演 18:30

会場:横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール

内容等:課題曲(シ゛ョー・ヘンタ゛ーソン「リコータ゛・ミー」)・自由曲の演奏審査によるジャズコンペティション

出演者:音源審査による予選を通過した 下記4組

※横浜ジャズプロムナード2016のチケットで入場可。
※横浜音祭り( http://yokooto.jp/ )、横浜ジャズプロムナード( http://jazzpro.jp/ )のサイトより応募された方(25組50名限定)をご招待。


2 出演者
 ・イズム
 ・小林鈴勘デュオ
 ・西口明宏サックストリオ
 ・福井アミ


3 賞
◆グランプリ:デトロイトジャズフェスティバル(2017年9月開催予定)及び横濱ジャズプロムナード2017での出演権
◆横浜音祭り賞:横浜音祭り2016 街に広がる音プロジェクト(2016年11月開催予定)での出演権


4 審査員
 ・クリス・コリンズ(デトロイトジャズフェスティバルアーティスティックディレクター)
 ・鶴岡博(横濱ジャズプロムナード実行委員会事務局長)
 ・新井鷗子(横浜音祭り2016ディレクター)


<参考>
デトロイトジャズフェスティバル
1979年に、自動車産業の衰退によって荒廃した市の復興を目指すデトロイト・ルネッサンスの一環として
スタートした、北米四大ジャズフェスティバルのひとつ。


【出演者プロフィール】
・イズム (トランペット・ソプラノサックス・ピアノ)
2006年浅草ジャズコンテスト銀賞受賞サックス奏者間瀬寛子に、桐朋音楽大学卒業、ブルガリア国際コンクール優勝ピアニスト田中菜緒子、今春NewOrleans&HeritageJazzFestivalに自身のバンドでの出演を果たした新進気鋭トランペッター高澤綾の3人のメンバーからなるトリオ。
ライブのコンセプトに応じ、ドラムとベースを加えたクインテットなどフレキシブルな編成で活動を展開している
イズム
・小林鈴勘デュオ (尺八・ピアノ)
2005年頃よりデュオの演奏を開始。東京都内・近郊のジャズクラブでの演奏をはじめ、さまざまな場所での演奏を行う。ライブハウス以外の主な出演は水戸芸術館プロムナードコンサート、東京オペラシティ街角スポットライブvol.3、茨城県立歴史館コンサート等。
日本の古典楽器である尺八を用いたジャズの演奏の可能性を追求中。
小林鈴勘デュオ


・西口明宏サックストリオ (テナーサックス・ベース・ドラム)
2013年結成。新宿ピットインをメインに都内ライブハウスで活動中。3人対等のアンサンブル、ジャズ概念にとらわれない曲が特徴。
その形態から、近年は海外アーティストの参加などによるピアノカルテットとしても活動するなどその活動は多岐に渡る。
西口明宏サックストリオ


・福井アミ (ピアノ)
今まで全曲オリジナル、自己のトリオで3枚のアルバムをリリース。
2014年にはInternational song writing competitionのジャズ部門でHonorable mentionを受賞。Kamome、alfie、Pitinn、そるとぴーなつなど横浜、東京近郊で活動中。
福井アミ

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ