熊本復興支援「結の心プロジェクト 伝統工芸の今と未来」

中小機構

~平成29年1月11日~17日 高島屋京都店にて開催~

独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小機構 所在地:東京都港区、理事長:高田坦史)は、高島屋京都店の協力の下、平成28年熊本地震で被災された中小企業の復興支援を目的に熊本県の伝統工芸品等を対象とした販売イベントを開催いたします。


<開催概要>
 期  間:平成29年1月11日(水曜)~17日(火曜)
 時  間:午前10時00分~午後8時00分(最終日は午後5時00分終了)
 場  所:高島屋京都店6階 和洋食器・台所用品売場
      (京都市下京区四条通河原町西入真町52番地)
 出品企業:7社   


    ・株式会社いまり(熊本市)
    ・木の葉猿窯元 (玉名郡)
    ・ペン工房葦村(熊本市)
    ・株式会社水俣浮浪雲工房(水俣市)


    ・有限会社ダウンタウンアートカンパニー浅草屋      (熊本市)
    ・小代焼一先窯 (玉名郡)
    ・株式会社光助(熊本市)
  URL:https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/topics/living.html

 本イベントでは、熊本県の伝統工業品等を扱っている企業7社、『いまりのさきおり』素材を使用したバックやベスト、1300年の歴史がある郷土玩具、天然植物『葦』100%の「つけぺん」、球形の立体紙で作られたランプシェード、本染め生地を使用した肩掛けポーチや横型スマホ入れ、白マット釉・黒釉・青小代色の小代焼(陶器)、肥後象嵌の手鏡やブローチなどを出品しています。

<中小機構について>
 中小企業基盤整備機構は、日本の中小企業政策の総合的な実施機関として中核的な役割を担う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所に展開する地域本部を通じ、中小企業の発展と地域振興の実現に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化をはじめとする中小企業の様々なニーズに対し、経営アドバイス、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援メニューを揃えています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ