世界20ヶ国を対象に調査した、「初めての旅行」で失敗しない為のアドバイス15選を発表!

Booking.com Japan K.K.

[2017年3月9日:日本発表] 世界最大のオンライン宿泊予約サイト Booking.com (ブッキング・ドットコム)の日本法人 ブッキング・ドットコム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表:アダム・ブラウンステイン 以下:ブッキング・ドットコム)は、「初めての旅行」に関する調査を行い、「初めての旅行」で失敗しない為のアドバイス15選を発表いたしました。



「初めての旅行」に関する調査の第一弾は、ブッキング・ドットコムのプレスルームでご覧いただけます。
ブッキング・ドットコム プレスルーム:https://news.booking.com/ja/

4月からの新生活をひかえ、様々な「初めての旅行」を思い立つ人も多いでしょう。 「初めての旅行」、「初めての旅行先」、「初めてとなる様々な旅行の体験」など、旅行にまつわる「はじめて」は記憶に残るものです。

本調査では、こうした「初めての旅行」を体験する際の15のアドバイスを厳選しご紹介いたします。初めて行く場所を最大限に楽しむコツは、たくさんの「はじめて」を体験してきた旅行者に聞くのが一番です。

本データの調査期間は、2017年1月11から1月30日です。日本を含む世界20ヶ国で1万5,077名を対象にしており、アンケート結果をもとに15のアドバイスを厳選いたしました。

1. 旅先は、世間の評価で選ぶのではなく、自分が本当に行きたい場所から選びましょう。行ったことのない場所へ旅行するのに年齢は関係ありません。

2. 王道の観光スポットだけでなく、現地の文化を肌で感じられる場所に行きましょう。地元の空気に触れるよい方法が、中心地から離れたレストランへ行き、人気メニューを頼むことです。アンケート回答者の29%が、家族や友達にあげたい旅のアドバイスとして、その土地の郷土料理を試すことを挙げています。

3. 海外旅行の場合、渡航する前にビザが必要かどうかを、十分に時間に余裕をもって(渡航国の大使館ウェブサイトなどで)確認しておきましょう。パスポートについても同様で、パスポートの残存期間が6ヶ月以上ないと入国できない国もあるので要注意です。なお、アンケート回答者の24%がパスポートを常に携帯することもおすすめしています。

4. さらに紛失の可能性もあるため、パスポート、ビザ、旅行保険証の写真を撮っておき、自分のメールアドレス宛てに送っておきましょう。

5. 財布を紛失してしまった場合に備えて、2~3万円相当の現金または予備のクレジットカードを、持っておきましょう。グループでの旅行の場合は、みんなで少しずつ分けて携帯する方法もあります。アンケート回答者の13%が、初めての旅行の最重要アドバイスのひとつとして、現金の分散所持を挙げています。

6. 現地の言葉を話せない場合、役に立つのがGoogle翻訳アプリです。スマートフォンにアプリをダウンロードしておけば、身振り手振りや大声でやり取りをしなくても地元の人とコミュニケーションが取れます。移動や予約、料理の注文の際に役立ちそうなフレーズを覚えておくこともおすすめです。

7. アンケート回答者の18%が、荷物を持っていきすぎたことを後悔ポイントに挙げています。必要だと思うより少なめに荷づくりするのが旅を楽しむコツです。また、重ね着できる衣類を持っていくのがポイントで、特にクツは履きやすさ・歩きやすさを最優先しましょう。

8. 飛行機を利用する場合は手荷物の重量制限を事前に確認して、必要に応じて充電器など重いものは手荷物に入れましょう。また暑い場所へ行く場合は、薄いパレオを持っていくことがおすすめです。パレオはたたんで枕にすることも、肩の露出が厳禁な場所へ行く場合に肩にかけることも、寝るときにブランケット代わりにかけることも、ビーチデータオル代わりにも使えるので、とても便利です。

9. 家族で旅行する場合、それぞれの衣類をみんなの荷物に分散して入れることをおすすめします。これでだれかの荷物が紛失してしまった場合も、当面の着るものを確保できます。

10. 避けるべきツアー会社、または信頼できるタクシー会社など、渡航時のトラブルを回避するためにも現地の情報を事前にリサーチしましょう。アンケート回答者の21%が、初めての場所に行く場合は特に、現地の安全情報を調べておくことを重要視しています。万が一トラブルに巻き込まれてしまった場合、世界標準の緊急発信番号は「112」で、スマートフォンがロックされている場合や通信キャリアが表示されていない場合にもかけることができます。

11. 一人旅の場合、思いきって旅行先で出会う人に話しかけてみましょう。大規模なホステルやゲストハウス、B&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)に宿泊して、いざ共用エリアへ。同じような趣味や興味をもった人と出会えるかもしれません。チャレンジしたその先に、きっと大きな喜びが待っているはずです。

12. 初めての場所に行く場合、そこに何があるか確かなことは分からないので、先入観を持たず、自分の感性を信じ楽しみましょう。アンケート回答者の40%が初めての旅行について、もっと落ち着いて1分1秒を楽しむべきだったと振り返っています。

13. スケジュールは詰めこみすぎず、融通がきくだけの余裕を持たせましょう。天気が変わることもありますし、予期しなかった体験ができるなど、意外な出会いが待っているかもしれません。

14. 空港や道の案内などの大事なサインを見逃さぬよう、スマホに熱中して、下を向いて歩かず、顔を上げて歩きましょう。街の様子、建物、風景をしっかり目に焼きつけましょう。

15. 銀行やスマートフォンの通信会社に、旅行に行くことを伝えておきましょう。事前に連絡しておけば、予期しないクレジットカードの利用停止や高額の請求書などを回避できます。アンケート回答者の20%が、銀行や通信会社への事前連絡を、旅立つ前の最重要アドバイスのひとつに挙げています。


日本におけるブッキング・ドットコム
2009年に渋谷に最初のオフィスを開設。現在約350名の従業員が日本国内のオフィスで働いており、内190名がインハウスのカスタマーサービスのスタッフです。国内に、6つのオフィス(東京に2ヶ所、大阪、福岡、札幌、沖縄)があります。現在、国内では約10,000軒以上の宿泊施設の予約が可能(2016年12月時点)です。

Booking.com(ブッキング・ドットコム)について
ブッキング・ドットコムは、ホテルをはじめとする様々な宿泊施設のオンライン予約における世界的なリーダーです。独立系の小規模宿泊施設から5つ星の豪華ホテルまで、お客様の旅行スタイルやニーズに合った宿泊施設を、最安値保証かつ予約手数料無料でご提供しています。当社の予約サイトは、40以上の言語に対応しており、パソコン、スマートフォン、タブレットなど様々なデジタル機器からいつでもどこでもアクセス可能で、227の国と地域、9万6,000ヶ所以上の目的地、そして115万軒以上の宿泊施設(うち約59万軒は長期滞在型宿泊施設)の宿泊予約が可能です。また、実際に宿泊施設に泊まったユーザーだけが投稿できるクチコミを1億1000万件以上掲載しており、観光・レジャー、ビジネスでのご利用と幅広いお客様のニーズに対応する宿泊予約サイトです。19年を超える経験をもとに、世界各国・184のオフィス、14,000名以上の社員、日本語を含む多言語で対応する24時間対応のカスタマーサービスが、お客様に最高の宿泊体験を提供するべく日々努力しています。

1996年に設立した、Booking.com B.V.はBooking.com™(http://www.booking.com)の運営会社で、The Priceline Group(NASDAQ: PCLN)グループのメンバーです。さらに詳しい情報は、http://www.booking.comをご参照ください。また、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestの公式アカウントを開設しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ