楽天トラベル、台湾観光局と訪台旅行促進を目指すMOU締結

楽天株式会社

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( http://travel.rakuten.co.jp/ )は本日、台湾観光局と、台湾への日本人訪問者増加を目指して協力することを約束した覚書(MOU)を締結しました。MOU締結は2008年より毎年行っているもので、楽天トラベルは今回、2017年の台湾への送客数を前年比11%増とする目標を掲げています。


(写真左から)台湾観光局副局長の劉喜臨氏、楽天株式会社 トラベル事業部 事業長の高野芳行。
台湾観光局副局長の劉喜臨氏は、「代表的なオンライン・トラベル・エージェンシーである楽天トラベルと、MOU締結ができて大変光栄です。今年の台湾観光局のスローガン『Meet Colors! 台湾』にあるように、より多くの日本人旅行者に台湾を訪れ、この国のさまざまな“色”を見つけていただければと思っております」と述べています。楽天株式会社 トラベル事業部 事業長の高野芳行は、「台湾は特に注力している市場の一つです。これからいっそう台湾観光局とも連携を強め、より多くの日本の旅行者に台湾のことを知っていただけるよう、尽力していきます」とコメントしました。

楽天トラベルでは2016年、42本の台湾プロモーションキャンペーンを実施し、台湾の登録宿泊施設数は前年比で約18%増、台湾への送客数は前年比で約21%増と、観光客誘致に貢献しました。なお日本からの訪台旅行客数は、2016年に約190万人に上り、歴代最多を記録しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ