「里地里山を歩こう(飛騨地方とのタイアップ版)」を3月10日(金)から京王線・井の頭線各駅で配布!

京王電鉄株式会社

自然と歴史と懐かしい暮らしの風景に出会える

京王電鉄株式会社(本社:東京都多摩市、社長:紅村 康)では、冊子「里地里山を歩こう(飛騨地方とのタイアップ版)」を京王線・井の頭線の各駅で3月10日(金)から限定11,000部配布します。


 この冊子は、自然と共生した人の営みが残る里地里山風景を巡り歩くことができるコースを、神社仏閣めぐりや行楽を目的としたウォーキングコースとは異なる視点で紹介するもので、里地里山に多くの方に訪れていただき、自然環境資源の魅力を感じ、環境保全意識を高めていただくことを目的としています。

 今回は第2号(2015年10月発行)で紹介した京王沿線9コースの中から厳選した5コースと、アニメ映画などでも人気の飛騨地方の各自治体と連携しながら新たに3コースを加え、全8コースを紹介しています。自然と触れ合いながら各地の里地里山を散策できます。
詳細は下記のとおりです。


             《里地里山を歩こう(飛騨地方とのタイアップ版)

里地里山を歩こう(飛騨地方とのタイアップ版)について

1.配布開始 3月10日(金)

2.冊子の特徴
・自然と共生した人の営みが残る里地里山風景を巡り歩くことができるコースを神社仏閣めぐりや行楽を目的としたウォーキングコースとは異なる視点で紹介しています。
・2015年10月発行の第2号で紹介した京王沿線の9コースから厳選した5コースと、新宿から高速バスを利用して行ける人気の飛騨地方(高山市、飛騨市古川、下呂市萩原)の里地里山を歩く3コースを新たに加え、全8コースを紹介しています。
・各コースの難易度(初級、中級、上級)と行程距離を表記しており、見所や難易度に合わせてコースを選び、自然と触れ合いながら各地の里地里山を散策することができます。
・高山市丹生川支所、飛騨市役所、下呂市役所にコースの選定などについてご協力いただき、それぞれの環境保全活動についても紹介しています。

3.掲載コース




配布部数  限定11,000部(なくなり次第終了)

配布場所  京王線・井の頭線各駅
         ※京王ホームページからダウンロードもできます。
         (www.keio.co.jp/)

6.  A4版24ページ

お客様のお問い合わせ先 
京王お客さまセンター TEL.042-357-6161(9:00~19:00)
                                               以 上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング