「京浜急行バス」自動券売機にてクレジットカード決済を開始

JCB

京浜急行バス株式会社(東京都港区、取締役社長:平位 武、以下 京浜急行バス)は、トヨタファイナンス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:宇野 充)および株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)と提携し、新たに導入した自動券売機でのクレジットカード決済の取り扱いを開始します。


この導入により、羽田空港第1ターミナル/第2ターミナル/国際線ターミナルおよび横浜駅東口バスターミナルに設置された自動券売機で、「Visa」、「Mastercard(R)」、「JCB」、「アメリカン・エキスプレス」、「ダイナースクラブ」の主要5ブランドおよびトヨタファイナンス株式会社発行の「TS CUBIC CARD」のクレジットカードでのお支払いが、2017年3月16日(木)から順次ご利用いただけることになります。

京浜急行バスでは羽田空港から神奈川県・東京都・千葉県を中心に50路線のリムジンバスを運行しており、自動券売機でのクレジットカード決済の導入により、訪日されたお客様がスムーズにバスをご利用いただけますようになります。今後もお客様の更なる利便性の向上に努めてまいります。

【ご利用可能な券売機】
羽田空港第1ターミナル:8台、羽田空港第2ターミナル:10台、羽田空港国際線ターミナル:6台、
横浜駅東口バスターミナル:2台

プレスリリースはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20170310-4362.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング