三溪園 観桜の夕べ

横浜市

桜の並木を通りぬけて…昼も桜、夜も桜。― 三溪園、そして周辺の本牧エリアは、この季節桜が覆います。 ―

桜並木が続く本牧通り、桜道をくぐり抜け三溪園のなかに歩を進めると、そこには外界とはまた違う古都の風情香る桜の風景が広がります。 そして、夜にはさらに幻想的な風情が庭園内に漂います。宵闇に浮かびあがる三重塔や池に浮かぶ和舟、そして桜。 ライトアップが演出する夜桜の風景は、華やかな昼間の桜とは異なる幻想的な情緒となります。 三溪園、そして周辺の本牧エリアでも、昼と夜にたっぷり桜を楽しめます。



■日程
2017年3月25日(土)~4月2日(日)
9:00~21:00(入場は20:30まで)
■内容
開園時間を延長し、桜と三重塔などをライトアップします。
■料金
大人500円/小学生200円
■三溪園で見られる桜について

本数: 約300本
種類: ソメイヨシノ(3月末~4月上旬)、
ヤマザクラ(4月上旬)、オオシマザクラ(3月末~4月上旬)、
ヤエベニシダレ(4月上旬~中旬)、淡墨桜2世(3月下旬)、


荘川桜2世(3月末~4月上旬)、柳津高桑星桜(4月上旬~中旬)





■関連企画
猿まわし 4月1日(土)・2日(日) 9:00~16:30
出演 太郎次郎一門

【本件に関するお問合せ先】
三溪園 事業課 滝田、吉川
電話:045-621-0635  FAX:045-621-6343



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング