3年連続で年間入場者数 過去最高記録を更新!2017年3月17日(金) 午前10時頃過去最高入場者数1390万人(2015年度)を突破

株式会社ユー・エス・ジェイ

15周年のユニバーサル・スタジオ・ジャパン“やり過ぎ”エンターテイメントを続々展開

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、春休みに入り本格的な集客シーズンを迎える中、本日2017年3月17日(金)午前10時頃、2016年度の入場者数が1390万人に達し、年間入場者数の過去最高記録を3年連続で更新いたしました(2014年度入場者数1270万人、2015年度入場者数1390万人)。


パーク中が祝福ムードに
本日も大勢のゲストの皆さまがオープンと同時に続々と入場するなか、年間入場者数の記録達成アナウンスが流れると、ファンファーレが鳴り響き、パーク中が祝福ムードに包まれました。
達成の瞬間には、「エルモ」、「スヌーピー」をはじめ、「ミニオン」などパークの人気キャラクターとクルーが、ゲストの皆さまへ感謝の気持ちをお伝えするとともに、この日ご来場されたゲストの皆さまと一緒に紙吹雪を投げて、この記念すべき瞬間を盛大にお祝いいたしました。記念すべき瞬間に立ち会ったゲストは、「15周年のパークは本当に“やり過ぎ”で楽しかった、パレードが好きで毎月来ていました。」(愛知県在住20代の女性)、「『ミニオン・パーク』が楽しみ。パークはダイナミックでワクワクが溢れていてすばらしい。今日はパレードが楽しみです」(石川県在住10代の女性)と満面の笑顔で語り、ミニオンの仮装をした福岡県からお越しのファミリーは「本当にすごい!ずっと来たいと思っていてやっと夢がかなった。『ミニオン・パーク』、絶対に来ます!」と“やり過ぎ限界突破”するパークへの期待を語りました。
また、株式会社ユー・エス・ジェイ 村田篤平(むらたとくへい)執行役員 オペレーション本部長は「3年連続で年間入場者数 過去最高記録を更新できたのは、大勢のゲストの皆さまにご来場いただいたおかげです。」と、パークとクルーを代表して御礼を申し上げました。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、15周年を迎え、「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン) さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」をテーマに、世界最高のフライング・コースター『ザ・フライング・ダイナソー』をはじめとする様々な“やり過ぎ”エンターテイメントを展開してまいりました。今期初めてシーズナル・イベントを実施した『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』も引き続き人気を博しており、過去最高の入場者数を記録いたしました。また、夏・ハロウィーン・クリスマスといったシーズンごとのイベントや現在開催中の『ユニバーサル・クールジャパン』など、非常に好評をいただいており、国内外から集客を増やしました。

そして、2017年は“やり過ぎ限界突破”をテーマに掲げ、15周年の“やり過ぎ”体験を超え、さらにその限界を突き抜けて突破する、様々なエンターテイメントを続々と登場させます。2017年4月21日(金)からは世界最大のミニオン・エリア『ミニオン・パーク』、『ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター』にかつてないスケールの壮大なナイトショーが登場します。これからもより多くのゲストの皆様に“世界最高”をお届けし、世界最高の思い出を持ち帰っていただけるよう邁進してまいります。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ