6種の中華前菜を楽しむ、冷たい麺登場!お酒のお供におすすめの新作冷やし中華

株式会社ニュー・オータニ

まるでアペタイザーのような、スタイリッシュでキュートな色とりどりな具材と一緒に、玄米黒酢「桷志田(かくいだ)」を使った2種のたれを組み合わせて自分流に楽しめる夏麺




ホテルニューオータニ大阪 中国料理「大観苑」
『手織冷やし中華』

http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/taikanen/index.html?Psubid=385

ホテルニューオータニ大阪では、2017年6月1日(木)から9月15日(金)まで、中国料理「大観苑」(3階)にて、お好みで自分流冷麺を楽しめる『手織冷やし中華』を販売いたします。

■夏に必ず食べたくなる“冷やし中華”は夏の風物詩!
冷やした中華麺に、野菜、叉焼やハム、鶏肉などの肉類、錦糸卵などの色とりどりの具材をのせて、冷たいスープをかけて食べる、日本発祥の“冷やし中華”は「夏の定番料理」や「夏に食べたいもの」などのランキングで必ず上位ランキングされる人気グルメ。夏の訪れとともに、中国料理店やコンビニなど、いたるところで見かけるようになり、外食のみならずご家庭でも食される、まさに夏の風物詩であり、季語にもなっているほどです。


■別盛りのプレートには、特製の中華前菜が満載!お酒のお供にぴったりな“手織冷やし中華”
「手作り」の意味を持つ「手織」という名の付いたこの冷やし中華の一番の特徴は、トッピングとしても、前菜としても楽しめる6種の中華前菜。どちらでもお楽しみいただけるよう麺とは別盛りでご提供いたします。コリコリ食感の蝦夷鮑に、ぷりっぷりに蒸しあげた才巻き海老の海鮮に加え、大観苑の中華前菜から人気の高い蒸し鶏や、自家製叉焼など全6種類に加え、オクラ、みょうがなどの夏野菜を中心にしたサラダなども可愛いサイズでご用意。前菜代わりに具材をお楽しみいただいた後は、浅草開化楼の玉子麺にお好みの具材を乗せ、薬味の刻み葱、生姜、京都名産の鞍馬山椒を合わせ、様々な味覚をお楽しみください。自由にトッピングをチョイスして、自分流の冷やし中華をお楽しみください。


■玄米黒酢「桷志田(かくいだ)」を使った、胡麻だれと醤油だれ



味の決め手となるスープには、大観苑特製の胡麻だれと醤油だれの2種をご用意。いずれもさっぱり感を引き出すため、鹿児島県福山町の自然と職人が生み出した玄米黒酢「桷志田」を大観苑自家製のスープに合わせました。良質な玄米と最高の麹、福山町の湧水を使い、黒酢造り職人が3年以上かけて熟成させるという伝統製法によって造られた至高の黒酢が、食欲を倍増させる隠し味です。

■〆には豚肉、香味をもち米で包み込んだ、特製中華おにぎりを。
もう一つの魅力であるのが、点心師が創り出した特製中華おにぎりです。中の具材には豚肉のミンチに、油条(揚げパン)、大根の漬物、搾菜を揉み込んだアンをもっちり蒸したもち米で包み込んだ特製の中華おにぎりをご用意いたしました。

■販売概要
ホテルニューオータニ大阪
中国料理「大観苑」
『手織冷やし中華』

[期間] 2017年6月1日(木)~9月15日(金)
[時間] 11:30~14:30
[料金] 単品 ¥2,800 御膳 ¥3,800 [スープ、点心、デザート付]
※税金・サービス料別
[場所] ホテルニューオータニ大阪 中国料理「大観苑」
(大阪市中央区城見1-4-1 3F)
JR大阪城公園駅 徒歩3分 各線京橋駅 徒歩8分
[ご予約・お問合せ] Tel. 06-6949-3215(大観苑直通)
http://www.newotani.co.jp/osaka/restaurant/taikanen/index.html?Psubid=385


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング