勇壮!300年の歴史を誇る魂の白根大凧合戦が開戦!

新潟市

越後平野の初夏を告げる風物詩「白根大凧合戦」を6月1日~5日に今年も開催

6月1日(木)~5日(月)までの5日間、新潟市南区の中ノ口川を挟んで、畳24枚分の大凧や1,200枚を超える巻凧が合戦を繰り広げる「白根大凧合戦」を開催。町中が凧合戦一色となる5日間。老若男女が垣根を越えて、勇ましく合戦に向かう光景は観るものに感動を与える。


24畳の大凧
 「白根大凧合戦」は信濃川の支流、中ノ口川(川幅約80m)の両岸に陣取った東軍(白根側)と西軍(西白根側)が、凧を揚げるところから勝負は始まる。揚がった凧を絶妙な技で空中で絡ませ、川面に叩きつける形で落下させる。自軍の凧綱と敵軍の凧綱を絡めて引き合い、相手の綱を切ると勝利という祭り。
 合戦期間中は、花火大会や100件を超える露店が立ち並び、地元特産物を使った「南区“食”合戦」などの関連イベントも数多く開催されるほか、6月の1か月限定でお得なハシゴ飲みクーポン企画「白(しろ)ブラ」も開催。凧合戦に初めて足を運ぶ人には「しろね大凧タウンガイド」の利用で、凧合戦の解説や、まち歩きを楽しむこともできる。

白根大凧合戦特設サイト:http://www.shironekankou.jp/tako/index.html

 白根大凧合戦の起源は、江戸時代中期にさかのぼる。中ノ口川の堤防改修工事が完了し、祝いとして藩主から白根に住む人々に凧が贈られた。喜んでこの凧を揚げたところ、対岸(西白根)に落下し民家や田畑を荒らしてしまった。これに怒った西白根の人々が凧を揚げ、白根側に叩きつけたことから、大凧合戦が始まったと言い伝えられている。
空中で凧を絡ませ川へ叩きつける
 過去には縦19m、横14mの大凧揚げに成功し世界最大の凧としてギネスブック(‘81)に登録されたほか、凧に人間を乗せ空に揚げる実験に成功し、人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀さんなどが大空を舞ったことも。日本のみにとどまらず、世界各国で白根の大凧を披露し、世界凧博物館(米・ワシントン州)に殿堂入りを果たし、新潟県の無形民俗文化財にも登録されている。

『三百年の闘い!魂の大凧合戦』(YouTube)



大勢で堤防上を駆け抜け凧を揚げる
白根大凧合戦特設サイト:http://www.shironekankou.jp/tako/index.html

○イベント概要
【日時】
6月1日(木)~5日(月) 午後1時~午後6時まで(1日は2時から、5日は5時30分まで)
【会場】
新潟市南区白根・西白根 中ノ口川堤防上
【主な関連イベント】
・5月31日(水)
子ども大凧合戦大会(午後2時から午後6時まで)※雨天の場合3日(土)午前9時から午前11時に延期
・6月1日(木)
凧合戦パレード(午後0時30分から)
開戦式(午後1時30分から)
・6月3日(土)
お祭り広場 前夜祭 花火大会(午後8時30分から9時)
凧見茶会(午前9時30分から午後3時30分)
南区”食”の合戦(午前11時から午後5時)

○お問合わせ先
白根大凧合戦実行委員会事務局(新潟市南区役所産業振興課商工観光推進室内)
電話:025-372-6505
FAX:025-371-0200
E-mail:sangyo.s@city.niigata.lg.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング