新ロードサイド型ホテル「ハタゴイン」誕生

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社

~1号店は2017年12月15日静岡吉田インター、2号店は2018年春関西空港開業予定~



全国で宿泊施設を展開するソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:井上 理、以下ソラーレホテルズhttp://www.solarehotels.com )は、自社オリジナルの「ハタゴイン」ブランドを新たに作り、1号店、2号店の出店が決定したことをお知らせいたします。

「ハタゴイン」は、欧米ではポピュラーな車での旅行、ビジネスに便利な各高速道路、主要幹線道路沿いに建つロードサイドの立地に、日本の伝統的な旅籠(はたご)の情緒性を融合させたコンセプトとなっています。このたび出店が決定したのは2ホテルで、1号店は本年12月15日にハタゴイン静岡吉田インター(静岡県島田市)、2号店は2018年春ハタゴイン関西空港(大阪府泉佐野市)の開業を予定しています。

ロードサイドの立地上、ホテル内でより有意義に過ごしていただけるよう、コミックを中心に書籍を約10,000冊揃えたカフェ・ライブラリーを共用部に設置。また、旅の疲れを癒す男女別の大浴場を設け、滞在導線に配慮した新しいロードサイド型ホテルを提案します。

2ホテルともに、客層は車を利用した国内旅行客、ビジネス客を主として想定しており、ともに空港が近いことから海外からのインバウンド客も想定しています。特にハタゴイン関西空港のカフェ・ライブラリーには、訪日外国人に向けて英語版のコミックなども用意する予定です。また、アクティブな休日を重視するライフスタイルを持つ国内の客層は、車だけでなく自転車での利用も見込み、自転車を部屋に持ち込める客室タイプも提供する予定です。

ソラーレホテルズでは、現在全国で21ホテルを展開するロードサイド型宿泊主体ホテル「チサンイン ロードサイド」を運営しております。同スタイルのホテル運営、マーケット、集客等、これまでの実績や経験を活かし、「泊まるだけでない、機能性と情緒性を持ち合わせた新しいロードサイド型ホテル」を創造してまいります。

     約10,000冊のコミックを揃えるカフェ・ライブラリー(静岡吉田インター・関西空港共通)


     地域の景観に調和するよう設計された外観デザイン(静岡吉田インター・関西空港共通)




ハタゴイン静岡吉田インター 概要
◆施設概要



◆ホテル概要





 ※室料の表示は目安の料金です。変更する場合があります。

◆所在地
ハタゴイン静岡吉田インター


ハタゴイン関西空港


ハタゴイン関西空港 概要
◆施設概要




◆ホテル概要





※室料の表示は目安の料金です。変更する場合があります。

*ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社について :-   http://www.solarehotels.com
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、「HOTEL the M」、「アンドルームス」、「ロワジール」、「チサン」などのブランドを有し、2017年5月現在、従業員約1,200名、ホテル数47軒、総客室数約7,310室の運営、フランチャイズ、アセットマネジメントをしているホテルグループです。

報道関係者からの問い合わせ
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社 PR担当:増井
Mail: kaori.masui@solarehotels.com TEL:03-6858-2330

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング