「E-ZEY JAPAN」と国内4大ビールメーカーとのコラボレイション企画 アサヒ・サントリー・キリン・サッポロのビールと熊本・東北などの美味を体験『E-ZEY ビア テイスティングBAR』

凸版印刷株式会社

2017年6月20日(火)~7月5日(水) 三越日本橋本店 本館7階ギフトセンターにて展開

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下:凸版印刷)と、株式会社三越伊勢丹ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長執行役員:杉江俊彦)は、新しい“日本らしさ”をお届けする「E-ZEY JAPAN(イーゼイ ジャパン)」の食品ギフトと国内4大ビールメーカー(アサヒ・サントリー・キリン・サッポロ)とのコラボレイション企画として、『E-ZEY ビア テイスティングBAR』を2017年6月20日(火)~7月5日(水)の期間、三越日本橋本店 本館7階ギフトセンターにて展開いたします。


 

 「E-ZEY JAPAN」は、日本の知られざる魅力を発見し、新たな日本らしさを形作り、世界に発信するブランドとして、2016年6月に発足しました。日本古来の美意識「風情(ふぜい)」をイメージさせながら、Established(確立した)・Enriched(心を豊かにする)・Elegant(品のある)・Epoch-making(画期的な)・Exciting(わくわくする)という5つの「E」を融合させてブランド名に冠し、日本が誇る食材・技術、生産者にスポットを当て、伝統に裏打ちされた財産と未来を創る知恵を組み合わせ、新しい“日本らしさ”をお届けしています。
そしてこのたび、「E-ZEY JAPAN」が選りすぐった日本の食品ギフトと、日本の4大ビールメーカーによるコラボレイション企画『E-ZEY ビア テイスティングBAR』を展開いたします。
当イベントでは、国内4大ビールメーカーのギフト限定のビールをはじめとした2017年夏イチオシビールと、“知られざる日本の味力(みりょく)”をテーマに「E-ZEY JAPAN」が開発した、熊本と東北などの美味を体験いただくことで、大切な人へのお中元選びの一助になればと考えております。
また、当イベントでは、日本各地の味わいとその背景や、日本のビールのうまさを広く知っていただくだけでなく、ビールメーカーの熊本や東北などへの国内復興支援の取り組みもご紹介いたします。
さらに、当イベントに付随して、日本の食文化への理解を深めるテーマでの食文化発信セミナーも開催するほか、凸版印刷が運営する、食文化発信コンテンツ「SHUN GATE(シュンゲート)」が「E-ZEY JAPAN」の取り組みを会場内で動画放映するなど、日本の良さを再発見できる飲食の体験のご提供や知られざる日本の食文化をご紹介いたします。

参考資料

『E-ZEY ビア テイスティングBAR』概要
日時:2017年6月20日(火)~7月5日(水) 10:30~19:30
場所:三越日本橋本店 本館7階ギフトセンター (東京都中央区日本橋室町1-4-1)
内容:『E-ZEY ビア テイスティングBAR』の展開
   会場内では以下も展開いたします。
   ・パネルや冊子でビールメーカーの震災復興支援の取り組みをご紹介
   ・食文化発信セミナーを開催
   ・食文化発信コンテンツ「SHUN GATE」が「E-ZEY JAPAN」の取り組みを会場内で動画放映
主催:株式会社三越伊勢丹ホールディングス
企画・運営:凸版印刷株式会社


『E-ZEY ビア テイスティングBAR』メニュー ※一部メニュー変更の可能性がございます。
■BEER:各200円(税込)

左から
アサヒ「アサヒスーパードライジャパンスペシャル」
「アサヒスーパードライ」発売30周年の特別限定醸造の2017年ギフト限定商品。「アサヒスーパードライ」ならではの特長はそのままに、新たに国産麦芽と希少な国産ホップに加え、厳選された国産高級米を採用しました。
サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」
プレミアムビールのリーティングブランドとして、サントリービールの醸造技術を集結し、飲み始めから飲み終わりまで一層“深いコク”と“溢れ出す華やかな香り”を感じていただける中味に、2017年3月リニューアル新発売しました。
キリン「一番搾り
1990年、醸造家のこだわりから生まれたロングセラー商品です。麦のおいしいところだけを搾る一番搾りは、 ふつうのビールとは違い、渋みのある二番搾り麦汁を一切使わないことで、素材のうまみがたっぷりつまったおいしさを実現しています。
サッポロ「ヱビス<ザ・ホップ>2017
香り高いチェコ・ザーツ産ファインアロマホップを一部使用し、麦芽を100%使用することで奥深いコクを実現した、2017年の夏ギフト限定醸造のヱビスです。

■おつまみプレート:各300円(税込)  ※写真はイメージです。



「E-ZEY JAPAN」が監修した、贈り物としておすすめの品々の一部を『E-ZEY ビア テイスティングBAR』で特別価格にてご提供します。ギフト限定のこだわり商品は、ビールとの相性も抜群です。お好きなビールと一緒にご賞味いただけます(別売)。



「荒挽きウインナー」 (「SPF豚使用ハム・ソーセージセット」より)
熊本県菊池市七城町産のSPF豚を使用しています。SPFとはSpecific-Pathogen-Free(スペシフィックパソージェンフリー)の頭文字をとった略で「特定病原体不在」という意味です。SPF豚とは豚の健康に悪影響を与える特定の病気を持たない豚で、ウデ肉を使ったウインナーはジューシィで旨みたっぷり。スモーク材には豚肉と相性のよい桜のチップを使用し、肉本来の旨みをお楽しみいただけるよう荒挽きにミンチして仕上げました。

「蔵王産クリームチーズ使用オリジナル笹かまぼこ」(「仙台名産笹かまぼこ」より)
厳選された素材と天然調味料のみを使用。保存料不使用なので安心してお召し上がりいただけます。魚本来の旨みが際立つ笹かまぼこです。蔵王山麓産の新鮮な生乳と生クリームを原料にして作られる、ナチュラルタイプのクリームチーズを使用しています。蔵王産クリームチーズに、ビールと相性が良いガーリックとブラックペッパーを加え、笹かまぼこと合わせました。

「むつ湾産帆立の冷燻」 (「東北厳選素材燻製」より)
八甲田山のミネラルをたっぷり含んだ水は最後に陸奥湾に注がれます。そこで育ったほたては身が引き締まり、貝殻の割には身が大きく育つと言われています。生の食感を保ったままの味わいを 感じることが出来るよう、20℃前後の冷たい煙で燻製する冷燻という製法で仕上げました。ほどよく脂が乗り、弾力のある帆立は、嚙みしめると旨みが口の中いっぱいに広がります。

「おつまみおかき」(「おつまみおかき・海苔セット」より)
その名の通り、ビールのおつまみとして相性の良い味わいのおかきを開発しました。寒天を入れたことでサクサクとした食感がお楽しみいただける、スパイシーな『寒天唐辛子おかき』や上品な旨みが特徴の『えびおかき』など4種のおかきをセットにしました。

【食文化のトークセミナー概要】
「E-ZEY JAPAN」が開発した商品とゆかりの深い、関係者によるトークセミナーを開催いたします。
※下記、開催時間は予定です。事情により予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

■「日本のうなぎ文化」
開催日時:2017年6月22日(木)、23日(金)12:00~13:00/14:30~15:30(各日2回)
うなぎ料理「江戸川」を経営する、株式会社近鉄リテーリング 企画開発部による、日本におけるうなぎ文化
(歴史、東西の食べ方の違い等)や、土用の丑の日について解説。また、家庭でできる鰻の美味しい食べ方などを
講演。
■「三陸で獲れる食の魅力」
開催日時:2017年6月24日(土)、25日(日)12:00~13:00/14:30~15:30(各日2回)
三陸フィッシャーマンズリーグ・リーダー下苧坪之典(したうつぼ これのり)氏による、三陸の地域と食材の魅力や、岩手県洋野町のウニについて、また震災や復興への取組み等を講演。
■「熊本・自然の恵みを語る」
開催日時:2017年6月30日(金)、7月1日(土)13:00~13:50/ 16:00~16:50(各日2回)
熊本県菊池市長 江頭実(えがしら みのる)氏による、菊池市の食材や地域の魅力と震災復興への取組みなどを  講演。※江頭市長は、6月30日(金)のみ登壇いたします。7月1日(土)は菊池市の担当者が登壇いたします。

【「E-ZEY JAPANとは】

2016年6月に発足した「E-ZEY JAPAN(イーゼイ ジャパン)」。
日本の知られざる魅力を発見し、新たな日本らしさを形作り、世界に発信するブランドです。


日本古来の美意識「風情」。この「風情」をイメージさせながら
・Established(確立した)
・Enriched(心を豊かにする)
・Elegant(品のある)
・Epoch-making(画期的な)
・Exciting(わくわくする)
という5つの「E」を融合させブランド名に冠しております。
「E -ZEY JAPAN」 は日本が誇る食材や技術、そして生産者にスポットを当て、伝統に裏打ちされた財産と未来を創る知恵を組み合わせ、新しい「日本らしさ」をお届けします。




企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング