アイルランド‐日本外交関係樹立60周年:文化、スポーツ、観光のつながり

アイルランド大使館

Ireland and Japan: Marking 60 years through culture, sport and tourism

今年2017年はアイルランドと日本の外交関係樹立60周年を迎え、年間を通じてさまざまな記念行事が行われています。駐日アイルランド大使館では、今後開催されるイベントを発表するとともに、観光地としてのアイルランドの魅力についてご案内いたします。


サミュエル・ベケット
この秋まず注目いただきたいイベントは、アイルランド出身のノーベル文学賞受賞作家サミュエル・ベケットの代表作である、舞台『ゴドーを待ちながら』です。アイルランドの演劇集団マウス・オン・ファイアが来日、ベケット自身が遺した演出プランを基に上演します。
シアターX+演劇集団マウス・オン・ファイア共同制作『ゴドーを待ちながら』
9月1日(金)~5日(火)シアターX(カイ)(東京)
9月9日(土)・10日(日)京都造形芸術大学 春秋座
英語上演・日本語字幕付
www.theaterx.jp

アイルランドはサラブレッド競走馬の生産国としても知られており、毎年10月には東京競馬場で「アイルランドトロフィー」が行われています。今年は外交関係樹立60周年を記念してGIIレースに格上げされ、当日の重賞レースとして開催されます。当日は競馬場内でアイルランドフェアの開催も予定されており、多くの方にアイルランド文化に触れていただけることを期待しています。
アイルランドトロフィー 府中牝馬ステークス
10月14日(土)東京競馬場
www.jra.go.jp

ザ・チーフタンズ11月には「アイルランドの国宝」とも言われる伝統音楽バンド、今年結成55周年を迎えたザ・チーフタンズが待望の再来日。全国10会場で公演・ワークショップを行います。外交関係樹立60周年記念の年に相応しく、日本のアーティストとの共演も見どころです。
ザ・チーフタンズ来日公演2017
11月23日(木・祝)~12月9日(土)全国各地
※11月30日(木)日本アイルランド外交関係樹立60周年特別コンサート Bunkamuraオーチャードホール(東京)
www.plankton.co.jp


駐日アイルランド大使アン・バリントンは次のように述べています。
「これらのイベントは、アイルランドと日本との関係を祝い、深めるものとなるでしょう。多くの日本の方々に、アイルランドのことをもっと知っていただき、行ってみたいと思っていただけることを願っております。」



「外交関係樹立60周年を記念して、この8月、東京からダブリンへ初めてのチャーター直行便が飛ぶことになりました。日本初であるだけでなく、東アジア初となる快挙です。」
「ワイルド・アトランティック・ウェイ」ケリー周遊路
アイルランドの新鮮なシーフードを味わう(イメージ)クラブツーリズム株式会社催行のチャーター直行便による9日間のアイルランドツアーは満員となりました。圧巻の景色を誇る西海岸のドライブルート「ワイルド・アトランティック・ウェイ」を通り、アイルランドの伝統文化・音楽・ダンスを体験、新鮮なシーフードを味わうなど、充実の行程です。



首都のダブリンは「ユネスコ文学都市」に指定されており、文化の発信地です。ツアーは、9世紀に描かれた福音書・ケルト美術の最高峰と言われる『ケルズの書』が展示されている、ダブリン大学トリニティカレッジの図書館・ロングルームを訪れます。
ダブリン大学トリニティカレッジ図書館・ロングルーム

バリントン大使は次のように述べています。
「史上初となるチャーター直行便によるアイルランドツアーが満員になり、大変嬉しく存じます。ご参加の皆様にとって素晴らしいご旅行となることをお祈りいたします。アイルランドには、古代の歴史から活気あるモダンな街、荒涼とした自然、素晴らしい美術館・博物館まで、見どころがいっぱいです。治安も良く、美味しい食事も楽しむことができ、アイルランドの人は旅行者の方々をあたたかく歓迎します。日本の皆様に、パーフェクトな旅行先です!」


アイルランド‐日本外交関係樹立60周年記念イベントは、一覧をアイルランド大使館ウェブサイトの特設ページ(www.dfa.ie/60yearsjapan)に掲載しているほか、公式ツイッター(www.twitter.com/IrishEmbJapan)、フェイスブックページ(www.facebook.com/irelandinjapan)でも随時ご案内しています。アイルランドの観光情報は、アイルランド政府観光庁ウェブサイト(www.ireland.com)をご覧ください。
バレン高原 プールナブローン・ドルメン
In July, the Embassy of Ireland presented the second half of its year-long programme celebrating 60 years of diplomatic relations between Ireland and Japan and highlighted Ireland as a destination for Japanese tourists.

Among the events coming up are a new world premiere production of Irish Nobel Prize winner Samuel Beckett’s ‘Waiting for Godot’, based on the author’s own handwritten stage notes, which will travel from Ireland for performances in Tokyo and Kyoto in September.

Ireland is famous for its horseracing and there will be a unique opportunity to celebrate this at Tokyo Racecourse on 14 October, when the annual Ireland Trophy Stakes will be upgraded to a Grade II event making it the largest race in Japan that day (Ireland Trophy Fuchu Himba Stakes). An Irish cultural fair on the JRA grounds will mark the occasion with the racing day expected to attract huge crowds.

In November, Irish traditional music’s ‘national treasures’ The Chieftains, will make an eagerly-awaited return visit to Japan. The group is celebrating its 55th anniversary in 2017 and will perform in 10 venues around Japan beginning on 23 November. A variety of Japanese artists will join the Chieftains on stage, helping to express the spirit of exchange of this 60th anniversary year.

‘These events will help to celebrate and deepen the connections between Ireland and Japan. I hope that many Japanese people will learn more about our country and consider a visit to Ireland’ said the Ambassador of Ireland, Anne Barrington.

Ambassador Barrington added ‘To mark the 60th anniversary, a charter flight will travel direct from Tokyo to Dublin for the first time in August. It is fitting that this flight will be the very first direct flight from anywhere in East Asia to Ireland.’

バレン高原の道路標識
Travellers on the sold-out charter flight will enjoy a 9 day tour around Ireland, organised by Club Tourism, which will take in some of Ireland’s most popular sites including the spectacular Wild Atlantic Way, the longest coastal driving route in the world on Ireland’s west coast. Along this route there will be many opportunities to experience Irish traditional culture, music and dance, as well as to sample wonderful fresh seafood.

The tour will start and end in Dublin, Ireland’s capital and a hub of cultural activity designated a UNESCO City of Literature. Among the cultural landmarks included will be Ireland’s famous 9th century Celtic manuscript, the Book of Kells housed in the famous Long Room of Trinity College.

‘I am delighted that this first charter flight is completely booked out and wish all of the travellers well. Ireland has a lot to offer visitors from our ancient history to vibrant modern cities, from the wild outdoors to amazing galleries and museums. Match all of this with safe streets, warm and welcoming people and great food, and you have a perfect destination for Japanese travellers.

Notes
For information on 60th anniversary events please see the Embassy’s dedicated listings page (www.dfa.ie/60yearsjapan) or follow us on social media: Twitter (www.twitter.com/IrishEmbJapan) and Facebook (www.facebook.com/irelandinjapan). Tourist information on Ireland is available on the new Japanese-language Tourism website, www.Ireland.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング