アデランスのCSR、医療事業活動 ~JIS適合医療用ウィッグや部分ウィッグなど様々な商品を紹介~ 「第55回日本癌治療学会学術集会」

株式会社アデランス

2017年10月20日(金)~22日(日) パシフィコ横浜

 総合毛髪関連企業・株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、「第55回日本癌治療学会学術集会」(期間:2017年10月20日(金)~22日(日)会場:パシフィコ横浜/横浜市西区)に展示ブースを出展いたします。


 今回は北里大学医学部 外科 渡邊 昌彦教授が会長を務められ、「それぞれの癌、それぞれの生」をテーマに学術集会が行われます。当社ブースでは、2015年4月に制定された医療用ウィッグのJIS規格(規格番号:JIS S9623)に適合した、当社の医療用ウィッグブランド「Rafra(ラフラ)」の展示をはじめ、部分ウィッグ、脱毛時用帽子、まつ毛・眉毛用美容液など、患者様の外見をケアする様々な商品を展示いたします。

 今回の出展では、お一人おひとりのご希望にそったオーダーメイドウィッグからすぐに提供できるレディメイドウィッグ(既製品)の展示に加えて、手のひらサイズのトップピースやハーフウィッグ(6分ウィッグ、8分ウィッグ)を展示することで、患者様のニーズに応じて幅広い商品が提供できることを紹介いたします。抗がん剤治療後、数ヵ月から1年くらいで自髪が生え始めます。しかし、脱毛前と比較して髪質が細くなったり、毛量が少なくなったりする方もいらっしゃいます。このような場合には、部分ウィッグが外見ケアに役立つケースもあるため、本学術集会では医療従事者の方々に用途に合わせた様々なタイプのウィッグを紹介し、手に取って見ていただくことで、ウィッグを必要とされるすべての患者様に周知いただけることを目指します。

医療用ウィッグ「Rafra(ラフラ)」とM.Wigマーク


日本毛髪工業協同組合が認証するJIS製品規格適合マークです。



■出展概要
学会名称  : 第55回 日本癌治療学会学術集会
会期  : 2017年10月20日(金)~10月22日(日)の3日間
会場  : パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

<アデランスのCSR、医療事業活動の一例>


■医療用ウィッグブランド「ラフラ」の発売 および全商品JIS規格適合
 「ラフラ」は、2005年に誕生した、病気や治療によるデリケートな髪の悩みを抱える方のための医療用ウィッグです。快適に使える機能性はもちろんのこと、「やさしい商品」「やさしい接客」そして「やさしい環境」の3つの「やさしさ」を守りながら、回復までをしっかりサポートしていきます。また、当社の医療用ウィッグはすべてJIS規格(JIS S9623)に適合した商品を提供しています。http://www.aderans.jp/healthcare/rafra/01/

■外部講師による接客スタッフの医療接遇講習受講の義務化
「ラフラ」の販売開始後、患者様が安心して医療用ウィッグをご利用できる体制を整えるために、接客にあたるスタッフ全員に対し、外部講師による医療接遇講習の受講を義務付けています。2017年9月末現在、累計受講者数は2,005名となり、各疾病や脱毛の原因などの正しい知識のもと、デリケートな悩みを抱える患者様のサポートを行っています。

■NPO法人JHDACに協力


 髪の寄付によって製作した人毛100%のオーダーメイドフルウィッグを、病気などでウィッグを必要とする子どもたちに無償提供するNPO法人JHDAC(大阪市北区/代表理事 浅野 憲真)の活動に協力しております。2015年3月から協力を開始し、完全個室を備えるアデランスサロンを採寸(頭のサイズ計測)やウィッグお渡しの際に提供しております。2016年4月からは株式会社コマチセンター(東京都江東区/代表取締役社長 岩崎 孝俊)と共にウィッグ製作への協力も開始致しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング