「第11回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト東京大会」終了。優勝は安田さん親子に決定!11月26日の関東中央地区大会に出場!!

一般社団法人 日本ガス協会

約300倍の1次審査を通過した6チームが、関東中央大会を目指して自慢の料理を披露!

ウィズガスCLUB、東京ガス株式会社、昭島ガス株式会社、青梅ガス株式会社、武陽ガス株式会社は、食育活動の一環として2017年11月12日(日)に、「第11回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト東京大会」の実技選考を開催。 1,700作品以上の応募の中から、厳正なる書類審査を経て選抜された6チームによるお料理対決の結果、安田さん親子が優勝。11月26日(日)に開催される同コンテストの関東中央地区大会へ出場する。


ウィズガスCLUB、東京ガス株式会社、昭島ガス株式会社、青梅ガス株式会社、武陽ガス株式会社は、食育活動の一環として2017年11月12日(日)東京ガスStudio+G GINZAにて、「第11回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト東京大会」実技選考を開催いたしました。
出場者のみなさん
当日会場では、1,700作品以上の応募の中から、厳正なる書類審査を経て選抜された6チームが熱戦を繰り広げました。各チームとも、親子で力を合わせ練習の成果を披露。参加者は、「家庭科の授業で学んだ知識を出せました!」「子供と楽しんで調理ができたことがなによりでした。」と、とても生き生きとした表情で調理していました。
60分間の調理審査の結果、安田さん親子の「健康で応援 TOKYO2020」が優勝。準優勝には、川福さん親子の「多摩の秋の味覚いっぱいごはん」が選ばれました。安田さん親子は、「家で40回練習をした成果を出せてよかったです。」「娘がリードしてくれてとても頼もしかったです。」と、優勝の喜びを語っていました。
11回目を迎える本大会は、年々参加者の方のレベルが高くなり審査員の方々を悩ませているようです。その中で、安田さん親子の作品は、盛り付けなど見た目にもとても気を使われていたことが評価のポイントとなりました。
優勝された安田さん親子は11月26日(日)東京ガス新宿ショールームにて開催される、同コンテスト関東中央地区大会へ出場し、2018年1月の全国大会を目指します。
優勝 安田さん親子
安田さんの作品
【「第11回ウィズガス全国親子クッキングコンテスト東京大会」実技選考 実施概要】
1.主催 ウィズガスCLUB/東京ガス株式会社/昭島ガス株式会社/
  青梅ガス株式会社/武陽ガス株式会社
2.後援 文部科学省/総務省/農林水産省/全国小学校家庭科教育研究会/
  関東経済産業局/東京都教育委員会/東日本料理学校協会
3.募集テーマ 「わが家のおいしいごはん」
  ~家族で一緒に作ろう、うちの自慢メニュー~
4.実技選考開催日 2017年11月12日(日)
出場者の6チーム(1チーム・2人)が、60分以内に4人分のメニューを調理しました。
5.実技選考開催場所 東京ガスStudio+G GINZA

※詳しくは、下記ホームページからご確認ください。
http://www.gas.or.jp/shokuiku/ または食育ウィズガスで検索


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング