11/27(月)緊急報告会 ミャンマー避難民支援の現場から

特定非営利活動法人 難民を助ける会

60万ものミャンマー避難民が身を寄せるバングラデシュ。帰国したばかりのAARの緊急支援チームメンバーが、避難民の置かれた苛酷な現状と、彼らが語ってくれた衝撃的な母国での体験、そして、どんな支援が求められているのか、報告します。


避難民の女性から話を聞くAAR緊急支援チームの古川千晶(中央)。この女性は、襲撃で親戚を亡くし、8人の子どもと共に川を超えて逃げてきた(2017年11月7日、バングラデシュ)

ミャンマー北部で今年8月末に発生した武装勢力と軍との衝突により、わずか2ヵ月間に60万もの人々がミャンマーから隣国バングラデシュに避難する事態となっています。
AAR Japan[難民を助ける会]は緊急支援チームを現地に派遣し、物資配付等の準備を進めています。
避難民の急激な流入に、受け入れ態勢や支援が追い付かず、劣悪な衛生環境や足りない食料に耐え続ける人々。
彼らのおかれた現状と、これから求められる支援を、帰国直後の緊急支援チームメンバーが報告します。

【日時】2017年11月27日(月)午後7時―午後8時30分
【会場】AAR事務所 6F交流スペース(東京都品川区上大崎 2-12-2 ミズホビル6F)
JR/東急目黒線/東京メトロ南北線/都営三田線 「目黒」駅から徒歩2分
http://www.aarjapan.gr.jp/about/map.html
【参加費】1,000円
*当日お支払ください。
*報告会経費をのぞく全額をミャンマー避難民支援に充てさせていただきます。
【定員】50名(先着順、事前にお申込みください)
【主催】AAR Japan[難民を助ける会]
【お申込み方法】AARまでお電話(03-5423-4511)または
下記URLからお申込みください。
http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2017/1127_2407.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング