「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R) 2017」ファイナルに進出する全国ベスト6の宿泊施設が決定

楽天株式会社

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、11月20日(月)・21日(火)、日本全国の登録宿泊施設の中から朝ごはん日本一の宿泊施設を決定する料理コンテスト「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R) 2017」(https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/2017/2nd_stage/ )の二次審査「セカンドステージ」を開催し、都道府県代表の宿泊施設の中から、最終審査の「ファイナルステージ」に進む全国ベスト6を以下のとおり決定しました。


山形県  ホテルイン鶴岡 「鳥海山伏流水で煮込んだ芋っこぼた餅汁」(写真A)
神奈川県 箱根湯本温泉 箱根 花紋 「富士山ポークと下仁田葱の香味汁」(写真B)
兵庫県  淡路島洲本温泉 海月舘 「島の朝鍋スープ~鯛と島野菜の鍋スープ」(写真C)
三重県  ホテル 季の座 「三重の旬材・伊勢海老ふんわり出し巻き」(写真D)
福島県  磐梯熱海温泉 離れの隠れ宿 オーベルジュ鈴鐘
「メイプルサーモンとホタテの木の実焼き」(写真E)
福岡県  ホテル イル・パラッツォ 「モンブラン仕立ての明太子ポテサラ」(写真F)
※順不同

  写真A 写真B             写真C



  写真D 写真E             写真F


8回目を迎える「朝ごはんフェスティバル」は、朝ごはんに注力する日本全国のホテル・旅館、各メニューに反映された地域の食文化、そして“朝ごはんをきっかけに行く旅”の魅力を広く紹介するために、楽天トラベルが2010年より毎年開催しているイベントです。今回、一次審査の「ファーストステージ」には1900以上の宿泊施設がエントリーし、一般の楽天会員によるウェブ投票の結果と、これまで楽天トラベルに寄せられた実際の宿泊者の「食事」に関するクチコミ評価を基に、各都道府県の上位が決定されました。

11月20日(月)・21日(火)に二子玉川ライズ 中央広場・iTSCOM STUDIO & HALL(東京都世田谷区)で開催された「セカンドステージ」には、「ファーストステージ」を勝ち抜いた47施設(島根県を除く46都道府県の上位1施設+エントリー施設数が最も多かった北海道からさらに1施設)が出場し、会場で自慢の朝ごはんを調理。一般から募集された審査員500人以上と、人気朝ごはんインスタグラマー・山崎佳(@keiyamazaki)氏ら特別審査員による試食・投票で、全国ベスト6の宿泊施設を選出しました。

最終審査の「ファイナルステージ」は、12月21日(木)、服部栄養専門学校(東京都渋谷区)で開催します。料理研究家や著名なシェフなど料理の専門家が、全国ベスト6の宿泊施設の朝ごはんを試食し、朝ごはん日本一の宿泊施設を決定します。

ファイナルステージ審査員
神田川俊郎 氏 「神田川本店」店主 全日本調理師協会名誉会長 日本食普及の親善大使
坂井宏行 氏 「ラ・ロシェル」オーナーシェフ
浜内千波 氏 料理研究家
武田和徳 楽天株式会社 常務執行役員 ライフ&レジャーカンパニー プレジデント


「朝ごはんフェスティバル」は、楽天株式会社の登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング