パーク ハイアット 東京 オリジナルのエリアガイド完成「新宿エリアマップ」配布開始

パーク ハイアット 東京

外国人ゲスト向けにホテル周辺のエリアと見どころをご紹介

パーク ハイアット 東京(総支配人:エルヴェ マゼラ、所在地:東京都新宿区西新宿3-7-1-2)では、年々増える外国からの宿泊客の皆様に向けて、ホテル周辺に広がる多彩な街をご紹介するエリアマップ(英語版)を、ファッション イラストレーターとして著名な綿谷寛氏とともに作成いたしました。2017年12月1日より、フロントデスク、コンシェルジュデスクにて配布しております。



パーク ハイアット 東京では、日々たくさんの外国人ゲストにご来館いただいております。新宿が外国人観光客が訪れる街として常に上位にランクされ注目を浴びる中、当ホテルに滞在されるお客様に新宿の魅力をお伝えするツールを作りたいと常々感じていました。新宿は緑あり、歴史あり、歓楽街あり、国際色豊かな街があり…と大都市・東京の中でも多彩な顔を持ち合わせている街です。この新宿ならではの表情をお伝えするために、ホテルのスタッフがイラストレーターの綿谷寛氏とともに実際に街を歩き、パーク ハイアット 東京を中心に、東は四ツ谷荒木町、西は幡ヶ谷、南は原宿/表参道、北は大久保近辺まで網羅したエリアマップを完成させました。各エリアの見どころや旅のヒントも掲載しています。
また近年、羽田空港に深夜発の国際線が増えたこと、山手通りに羽田空港へ直結する首都高速中央環状線トンネルが開通したことから、チェックアウトから搭乗まで時間があるお客様も非常に増えています。そのようなゲストの皆様に、荷物をホテルに預けて東京のローカルライフを垣間見に出かけていただきたいという思いも込めて、あえて観光地ではない近隣エリアも掲載しました。

イラストレーター 綿谷 寛(わたたに ひろし)氏について
1957生まれ。1979年、当時の日本を代表するファッション誌「ポパイ」でイラストレーターとしてデビュー。アメリカの雑誌黄金期を彷彿させる正統派ファッションイラストと、コミカルなタッチを自在に使い分ける、日本のメンズファッション誌にはなくてはならない存在。そのセンスとユーモラスな人柄はファッション業界内外で愛されている。愛称は「画伯」。       

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング