シーザーズ・エンターテインメント、2025日本万国博覧会の大阪への誘致に向けたオフィシャルパートナーに

シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション

【2018年2月9日 東京】ホスピタリティー、エンターテインメント、MICE、ゲーミング業界におけるリーディングカンパニーであるシーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション (NASDAQ上場:ティッカーコード CZR、以下「シーザーズ」)は、2025日本万国博覧会(以下、万博)誘致委員会のオフィシャルパートナーとなったことを発表しました。


2025万博誘致では「人類がその潜在的能力を十分に発揮し、共にすべての人の想いに応えるビジョンを構築する方法を模索」する、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに掲げています。シーザーズ・エンターテインメントが有する多様性、許容性、持続性(サステイナビリティ)に根差した歴史は万博の方向性にも合致しており、誘致活動の支援を通じて、日本でもこうした取り組みを継続していきたいと考えています。

シーザーズ・エンターテインメントの国際ビジネス開発プレジデントのスティーブン・タイトは次のように述べています。「シーザーズ・エンターテインメントは日本の2025万博誘致活動を支援できることを嬉しく思います。特に大阪はホスピタリティー、情熱、商業都市としての長い歴史を持ち、科学とテクノロジーといった関西の特性を代表する場所です。このようなすばらしいイベント開催地として、これほど適した場所はないのではないでしょうか。私たちは日本の誘致活動の成功を応援していきます。」


シーザーズ・エンターテイメントについて
シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション (NASDAQ上場:ティッカーコード CZR)は、ゲーミング、ホスピタリティー、MICE、ライブ・エンターテインメント業界のグローバルリーダーです。80年前の創業以来、成長を続け、現在世界で約50のカジノ、ホテル、リゾートを運営しています(うち9つは米国ラスベガス)。世界トップクラスの統合型リゾートへの滞在客は、年間1億人以上にのぼり、リゾート内ではセリーヌ・ディオン、エルトン・ジョン、ジェニファー・ロペスなどのスーパースターによるライブ公演に加え、セレブリティ・シェフのゴードン・ラムゼイ、松久信幸(ノブ)、ギー・サヴォアなどのレストランをお楽しみいただいています。また、シーザーズはMICE業界のリーダーとしても知られ、2,000人を越える専任スタッフが、年間2万件の会議、カンファレンス、イベントをサポートしています。同社は、イノベーションの実績で知られており、過去5年間に新規および既存施設へ50億ドル(約5500億円)以上の設備投資を実施しています。

シーザーズは、最高水準の規範に基づいた運営によって、責任あるゲーミングの分野のパイオニアとして広く認識されています。シーザーズは、1980年代に責任あるゲーミング・プログラム制度を確立し、以来、この分野における数十年にもわたる専門的経験を有しています。従業員数は約6万人、その50%以上が女性社員となっており、ラスベガス・レビュー・ジャーナルなどから「最も働きやすい職場」に選ばれ続けています。シーザーズは、責任ある環境対応も行っており、気候変動対策の分野では、持続可能な経済を推進する国際非営利プロジェクトCDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)において参加企業のうち評価上位30社のみに与えられるトリプルA判定を3分野で獲得しています。
シーザーズは、質の高い雇用やその他経済メリットの創出を通して日本の地元の地域社会を活性化し、世界各地から観光客を呼び込むことができる世界基準のJapanese Entertainment Resortを開設・運営するため、日本への長期にわたる投資家となり日本のパートナーと協業していくことに尽力します。
より詳しい情報は、http://www.caesars.com/ および http://www.caesarscorporate.com  にてご覧頂けます(英語のみ)。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング