横浜美術館による若手作家支援事業・今回は若手日本画家を紹介!New Artist Picks「谷保玲奈展―共鳴」

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

2018 年3 月17 日(土)-4 月22 日(日)

横浜美術館では、将来の活躍が期待される若手作家に作品発表の機会と場を提供し、創作活動を支援しています。「New Artist Picks(NAP)」今回は、日本画家である谷保玲奈(たにほ・れいな)の個展を開催します。


《ウブスナ》岩絵具・雲肌麻紙、2017 年、194.0×650.0cm


展覧会概要


 谷保玲奈は本格的な創作活動を開始して5 年目となる若手画家です。一貫して、寄り集まり増殖していくかのような海洋生物や植物などを、複雑な構図と日本画の顔料特有の鮮やかで瑞々しい色彩で描き続けてきました。画面に描かれる要素は互いに呼応し合いうごめくかのようで、観る者を眩惑する不思議な絵画体験に誘います。その制作の背景には、生命発生の始原に対する強い関心や生命記憶の神秘への共感や共鳴があります。
 本展は、谷保のこうした関心に基づいて制作される新作と近作で構成されます。


プロフィール


画材ラボ「PIGMENT」にて岩絵具を選ぶ、谷保玲奈

 1986 年東京生まれ。2010 年多摩美術大学日本画専攻卒業、2012 年同大大学院美術研究科絵画専攻日本画領域修了。主な受賞歴は、第10 回佐藤太清公募美術展 特選(2010 年)、碧い石見芸術祭2011 美術大学選抜日本画展大賞(2011 年)、第5 回東山魁夷記念 日経日本画大賞入選(2012 年)、第25 回五島記念文化賞 美術新人賞(2014 年)、第6 回東山魁夷記念 日経日本画大賞 選考委員特別賞(2015 年)、第52 回神奈川県美術展 県立美術館賞(2016 年)。



アーティストトーク







開催概要





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング