インソムニア 赤坂で「香りと味」を楽しむイベントを開催

ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社

~セントスケープ・デザインスタジオ主催、第4回目は初めてのスイーツ企画。テーマは「スパイス×スイーツ」~





ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:井上 理)が運営するインソムニア 赤坂(所在地:東京都港区、以下、当ホテル)では、「香り」をデザインする株式会社セントスケープ・デザインスタジオ(所在地:東京都目黒区、代表取締役:小泉祐貴子)が主催するイベント「香りと味を楽しむ赤坂サロン第4回」を本年2月24日に開催いたします。

株式会社セントスケープ・デザインスタジオは、目に見えない「香り」をクリエイティブに活用して暮らしやビジネスに新しい価値を創出し、様々なシーンで心に響く香り風景を提供することをコンセプトとしている会社です。

第4回目の開催となる今回のテーマは「スパイス×スイーツ」。初めてスイーツをテーマにした内容となっています。毎回「テーマ」を決め、このテーマを「香りと味」の側面から掘り下げて、よりクリエイティブに楽しむことが趣旨のイベントです。長年「香り」に関する仕事に様々な角度からグローバルに携わってきた、セントスケープ・デザインスタジオの代表小泉氏ならではのアイデア、経験を活かして「香りと味」の魅力を伝える、他にはないオリジナルのイベントとなります。

昨年11月に行われた第3回目のテーマは、「バラの香りと葡萄酒」。小さなバラを浮かべたワインで乾杯し、講師である東原和成氏(東京大学大学院生命科学研究科教授)が、バラの花やワインの香りの分類の仕方をレクチャーしました。もう一方の講師である石戸谷美晴氏(ソムリエ、フレンチとイタリアンに精通した食のプロフェショナル)がセレクトしたバラの香りを感じられるワインと食事やデザートで参加者は楽しみながら「香り」や「味」について学びました。このように、毎回「香り」、「食」、「視覚」、「体験」といった様々な観点からテーマと向き合います。4回目の今回は、瀬戸理恵子氏(フードエディター・ライター)を招き、香料ではなくスパイスの香りを体験いただいたのち、テーマに沿った簡単な軽食やドリンク、スイーツをご用意いたします。

インソムニア 赤坂では、都会の大人が学び、楽しめるこのようなイベント等を今後も開催し、情報を発信していく予定です。

《香りと味を楽しむ赤坂サロン第3回の様子》  テーマ:バラの香りと葡萄酒

     左:東原和成氏 / 中央:セントスケープ・デザインスタジオ代表 小泉氏 / 右:石戸谷美晴氏


                   アジと赤カブのカルパッチョ 

【香りと味を楽しむ赤坂サロン第4回/詳細】
テーマ:スパイス×スイーツ
開催日:2018年2月24日(土)
時間:18:00~20:00
会場:インソムニア 赤坂2Fスペシャルルーム「キッチンドリンカー」
東京都港区赤坂2-14-14
ゲスト:瀬戸 理恵子氏(フードエディター・ライター)
人数:15名
参加費:10,000円(税込)
お土産:オリジナルのルームフレグランス
主催:株式会社セントスケープ・デザインスタジオ http://www.scentscape-design.com
問い合わせ・申し込み方法:下記電話またはメールにて
担当:(株)セントスケープ・デザインスタジオ 小泉080-7931-6826   info@scentscape-design.com

■インソムニア 赤坂について
2016年3月に開業したホテルで、東京・赤坂の街が24時間眠らない街であることから「眠らないホテル」というコンセプトを掲げ、1Fの「Unir赤坂店」や共用部も24時間営業。ホテル名称は、英語で「不眠症」を表すINSOMNIAと、「小さなホテル」を表す「INN」を組み合わせ、「INNSOMNIA」というユニークな名となっています。



■ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社について :-“ Nationwide for all occasions”
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社は、「ホテル・アンドルームス」、「ロワジール」、「ハタゴイン」、「チサン」などのブランドのほか「インソムニア 赤坂」、「雨庵 金沢」を有し、2018年2月現在、従業員約1,500名、ホテル数47軒、総客室数7,301室のホテル運営、フランチャイズ、アセットマネジメント事業を展開しています。http://www.solarehotels.com/

報道関係者からの問い合わせ
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ株式会社
PR担当:増井
Mail: kaori.masui@solarehotels.com TEL:03-6858-2330

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング