桜がキレイなこの季節に、代官山をきれいに。2018年3月30日(金)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8(日)の5日間、今年5回目を迎える「広域代官山エリア SAKURAクリーン作戦」を開催

株式会社スーパープランニング

#ゴミは思い出とともに持ち帰ろう

桜が見ごろとなる2018年3月30日(金)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8(日)の5日間、今年5回目を迎える「広域代官山エリア SAKURAクリーン作戦」を開催します。期間中、お花見ゴミや拾ったゴミなどを、ROOTOTEのゴミ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」で指定のゴミステーションにお持ちください。ゴミを回収させていただき、記念バッジをプレゼントいたします。


昨年の模様


さらに昨年に引き続き今年も「東急電鉄×ROOTOTE コラボレーション ルー・ガービッジ(非売品)」を数量限定でプレゼント!SAKURAクリーン作戦にご参加いただける方限定で、3月31日(土)12:00~渋谷桜丘インフォスタワー広場の渋谷桜丘さくらまつり会場にてコラボレーション ルー・ガービッジを数量限定配布いたします。



美しい桜を楽しみながら、環境や街の美観について一緒に考え、アクションしてみませんか?
ゴミステーションMAPやルー・ガービッジのお取扱ショップなど、詳細は「広域代官山エリアSAKURAクリーン作戦 2018」スペシャルサイトでご覧ください。【 #ゴミは思い出とともに持ち帰ろう 】のハッシュタグで、最新情報も発信していきます。

くわしくは、「広域代官山エリアSAKURAクリーン作戦 2018」スペシャルサイト(URL:http://superplanning.co.jp/sakura_clean/2018/ )でご覧ください!



※東急電鉄×ROOTOTE コラボレーション ルー・ガービッジ(非売品)のプレゼントについて:
プレゼント当日に、ゴミ拾い活動またはお花見用ゴミ箱として使用し、ゴミステーションへゴミをお持ちくださる方限定のプレゼントとさせていただきます。なお、予定数がなくなり次第終了いたします。


広域代官山エリア SAKURAクリーン作戦 2018について:
◎開催日程:
2018年3月30日(金)・31日(土)、4月1日(日)・7日(土)・8日(日) ※荒天中止

◎収集場所:
代官山 蔦屋書店 2号館前 旧山手通り側
ログロード代官山 1号棟2号棟間通路
中目黒アトラスタワー 山手通側 交通広場
渋谷インフォスタワー広場

◎スペシャルサイトURL:
http://superplanning.co.jp/sakura_clean/2018/





※注意:場所によって設置日時が違います。
※各施設内の場所は若干変更になる場合があります。


ルー・ガービッジについて:
軽量で大容量。収納力抜群の本体にかさばりがちなアウトドア用品を入れてお出かけ。現地でポリ袋をセットすればダストボックスに早変わり。ゴミの持ち帰りやゴミ出しもスマートに行なえます。『ゴミは思い出と共に持ち帰ろう』という想いから生まれた、屋内外で使え、ゴミ箱にもなるトートバッグ「ルー・ガービッジ」は、市販のポリ袋にジャストフィットするサイズで展開。もちろんインテリアとしても活躍します。また、いつでも携帯して屋内外問わず使うことができ、市販のゴミ袋を簡単にセットして持ち運べるため、ゴミ拾い活動やビーチクリーン活動など、ポイ捨てゴミのソリューションとしてその活用の幅がさらに広がっています。






■ROOTOTE(ルートート)について:
「Fun Outing!~楽しいお出かけ!~」がコンセプトのトートバッグ専門ブランドです。
使用シーンに最適な大きさや形、豊富なデザインバリエーションを常に提案しています。普段使いに便利な機能を備えたデザインは、お気に入りのルートートを探す楽しさを幅広い年代の方に感じて頂けるはず。限定品やコラボレーション企画も多数展開しています。目印はRマークのブランドタグ。カンガルーのおなかの袋からヒントを得た「ルーポケット」がアイデンティティです。
HP       http://ROOTOTE.jp
Twitter    http://twitter.com/rootote
Instagram  http://instagram.com/rootote
Facebook https://www.facebook.com/rootote.jp
Line@    http://rootote.jp/news/shop/line_rtg_201605/
WEAR    http://wear.jp/rootote/
YouTube   https://www.youtube.com/user/ROOTOTEjapan

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング