おいしいパリの日常がいよいよ3月24日(土)吉祥寺にオープン!「LIBERTE PÂTISSERIE BOULANGERIE東京本店」

株式会社レーサム

おいしいパリ、と聞いて、何を思い浮かべますか?フランスのチーズやワインは絶品揃いだし、お料理もおいしい。が、フランス人のおいしい日常を最も象徴するのは...そう、「おいしいパン」です。

株式会社LIBERTE JAPON(東京都千代田区霞が関3-2-1、以下リベルテジャポン)は、2018年3月24日(土)、フランス・パリにある「リベルテ・ラ・パティスリー・ブーランジェリー(LIBERTE LA PÂTISSERIE BOULANGERIE)」(以下、リベルテ)の世界展開1号店を、東京都・吉祥寺にオープンいたします。




オーナーのミカエル・ベニシューは2013年、パリ10区に「LIBERTÉ LA PÂTISSERIE BOULANGERIE」をオープンしました。このエリアは、通称BOBO(ブルジョワ・ボヘミアンの略称)地区と呼ばれ、新しい価値観とライフスタイルを持った人たちが集い、カルチャーやファッションを発信する場所。その10区にオープン以来、着々とファンを増やし、リベルテは3年でいろいろなジャンルのパンがトップランク入りする人気店になりました。店名にある「PÂTISSERIE BOULANGERIE」には、「菓子作りの繊細さで作るパン」という意味が込められているといいます。

創業時に掲げた「透明性」「親近感」「品質」 の3つのコンセプトを大切にし、こだわりとエスプリを持って生み出されるパンやお菓子は、パリっ子たちの心を捉え、人気はとどまるところを知りません。

おいしいパリの日常を作っているのは、こんな街の素敵なパン屋さんなのです。




§ 100年前からずっとそこにあるような店 「LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE東京本店」§
リベルテを東京にオープンするにあたって、パリ本店オーナーとリベルテジャポンは「ずっと昔から、100年も前からそこにあるような、そんな店を作りたい」という想いをもとに、吉祥寺にショップをオープンすることにしました。吉祥寺は、古き良き街の面影を残しながらも、エッジィな感覚を持ったショップやおしゃれな飲食店が続々と増え、常に「住みたい街」にランクインする人気のエリアです。その吉祥寺で、地元に住む人たちにとって「わが街の自慢の店」となり、また、ちょっと離れたところからもわざわざリベルテの味を買いに来たくなるような、いわば「街の顔」になるパン屋さん、それが、リベルテの理想です。


§「透明性」「親近感」「品質」§
リベルテが大切にする3つのコンセプトは、東京本店でもしっかりと根付いています。1階のショップでは、売り場のすぐ奥にガラス張りのオープンな工房があり、スイーツやパンを作っているところがお客様からよく見えます。そういった物理的な「透明性」に加え、常に支え合い、助け合い、時には意見し合うスタッフ間のクリアなコミュニケーションが、品質やサービスの向上に一役買っているのは間違いありません。
お客様には常に笑顔で接し、商品の説明し、それぞれのニーズにぴったりな商品をお勧めできるよう心がけています。お客様にとって快適で、また行きたくなるような「親近感のある店づくり」は、リベルテのモットーのひとつです。
常に、味や食感、見た目のシズル感など、おいしさへの探究心を磨き、そして食べる人が笑顔で幸せになれるような最高のサービスを提供する……商品とスタッフの「品質」を高く保つことで、お客様の毎日においしい幸せをお届けします。


§ リベルテのチームワーク §
リベルテの店内はいつも活気があり、フレンドリーな空気で満ちています。それは、リベルテが最も大切にすることのひとつ「チームワーク」によるもの。比較的若いスタッフたちはみな、互いを尊重し、敬意をもって接しています。それぞれが自分の持ち場をかかえながら、それを超えて助け合い、高め合っているのです。忙しい時にはサービススタッフがパティスリーやブーランジェリー、カフェを手伝ったりすることも。あらゆる垣根を超え、ひとつのチームとして「リベルテ」を作り上げるスタッフ力が、リベルテの強みでもあります。




§ まるでパリそのもの! おいしい香りでいっぱい 1階パティスリー&ブーランジェリー§
明るく広々とした店内は、パリのお店の空気をそのまま持ってきたような雰囲気をたたえています。パリ本店の象徴的な存在である大理石のカウンターを、東京でも再現。また、店内に敷き詰められたタイルも、本店と同じものを使っています。工房やスタッフの姿が店内からも良く見える構造は、まさにパリのリベルテそのもの。そのオープンな工房からはスイーツやパンが焼きあがるいい香りが漂い、一歩入っただけで、おいしい雰囲気にワクワクするはずです。


§ どこか懐かしく素朴ながら、シンプルで飽きのこない味わい リベルテのスイーツとパン §
広いショーケースにずらりと並ぶ商品はまるで宝石のよう。スイーツもパンも、どの商品も美しい表情で、おいしい香りを振りまきながらお客様を待っています。商品のラインアップはパリとほぼ同じものを用意、レシピも基本的にパリ本店のものをそのまま使いながら、日本のライフスタイルや食習慣に合うようにアレンジして、よりパリらしさを感じていただけけるように工夫しました。しっかりとフランスの味を感じられるリベルテのスイーツとパンが、いつものテーブルにフランスの香りをプラスして、より豊かな時間を演出してくれます。

BOULANGERIE MENU
■PAIN LIBERTÉ (パン リベルテ)1/4 ¥900(税込) 1/8 ¥450(税込)
LIBERTÉブーランジェのスペシャリテ。フランス製粉社Moulins Bourgeoisの小麦粉、北海道産小麦を石臼で全製粉した小麦粉、セーグル粉(ライ麦粉)の3種をブレンド。自家製天然ルヴァンとはちみつなどを入れ、長時間低温で発酵させた生地をゆっくりと時間をかけて焼き上げました。小麦の旨みやはちみつの甘みに加え、ほのかなルヴァンの酸味を感じる、大きな見た目が特徴の特製ハードパン。

■BAGUETTE(バゲット) ¥300(税込)
フランス製粉会社Moulins Bourgeoisの小麦粉と北海道産の小麦を石臼で丸ごと製粉した小麦粉を独自にブレンド。自家製天然ルヴァンを使用した生地を、長時間低温発酵させた小麦本来の豊かな香りと旨みにルヴァンの風味を感じる、LIBERTÉ特製のバゲット。

■MUESLI(ミュースリー) 1/4 ¥700(税込) 1/8 ¥350(税込)
バゲット生地に、ローストしたクルミ、ノアゼット(ヘーゼルナッツ)、CÉRÉALES(ひまわりの種、ゴマ、亜麻仁、オーツ麦)を贅沢に練り込み、香ばしく焼き上げたパン。薄くスライスしてトーストするもよし、リエットや野菜をサンドしてもよし。ワインとの相性も抜群。

■PAIN DE MIE JAPONAIS(パンドミ ジャポネ) ¥450(税込)
国産小麦粉を使用。ニュージーランド産の上質なグラスフェッドバターと蜂蜜を使った、風味豊かなバターの香りとしっとりとした食感が特徴の日本オリジナルの“食パン”です。
卵とフランス製粉会社の小麦粉を使った甘めのPAIN DE MIE FRANCAIS(パンドミ フランセ)もどうぞ。

■BRIOCHE PRALINE (ブリオッシュ プラリネ)¥350(税込)
卵とグラスフェッドバターをたっぷり使ってふんわりと焼き上げた生地に、フランス・リヨン名物、プラリネロゼを贅沢に使い、鮮やかなピンクがアクセントになったブリオッシュ。柑橘・シナモン・バニラが入ったシロップを塗って仕上げた、ころんと丸く、見た目にもかわいらしいパンです。真っ白いパールシュガーをのせて仕上げたブリオッシュ シュクルや、フランス・ナンテール地方のブリオッシュ ナンテールもおすすめ。
※プラリネ・・・焙煎したアーモンドに加熱した砂糖を和えてカラメル化したもの。


PÂTISSERIE MENU
■TARTE CITRON(タルト シトロン) ¥540(税込)
フランス産発酵バターとゲランド社の塩を使ったタルト生地に、フレッシュレモンを1/2個皮ごと練りこんだレモンクリームをたっぷりと詰め、仕上げにライムの皮で飾ったパティシエのスペシャリテ。さわやかなレモンの香りとジューシーな甘酸っぱさが口いっぱいに広がるフレッシュなタルト。

■TARTE TATIN(タルト タタン) ¥540(税込)
季節ごとに旬のリンゴを丸ごと1個と、砂糖、ジンジャーのみでじっくりと焼き上げたタタンを、バターと塩のきいたサブレにのせ、フランスでは定番のクレームラフィネを加えました。リンゴ本来の味わいと、さっぱりとしながらもまろやかなクリームラフィネのバランスが絶妙。

■FROMAGE CUIT(フロマージュ キュイ) ¥540(税込)
北海道産クリームチーズにやさしい酸味のクレームラフィネとフレッシュレモンをブレンド。発酵バターとゲランドの塩がきいたサブレと、贅沢にブレンドしたクリームのコクが特徴。お子さまも大人も大好きなフランスのチーズケーキ。

■CHOU-VANILLE・CHOCOLAT・CAFÉ(シュー ヴァニーユ・ショコラ・カフェ)
各¥380(税込)牛乳を贅沢に使い、ゲランドの塩の塩味を練り込んだ生地に、やさしい甘さのクッキー生地をのせてサックサクに焼き上げ、3種の特製クレームをたっぷり詰め込んで、仕上げにフォンダンをかけたシュー。ぽてっとした見た目もかわいい。





§ 世界初! 日本だけのお楽しみ 2階にLIBERTE CAFÉを併設 §
リベルテブランド初となるカフェが、東京本店の2階にオープンします。ここでは、フランスで良く食べられる食材や調理法などを用いて「パリのおいしい日常」を再現。リベルテのパンを主役に、素材の良さを生かしたフードを提供します。ほとんど野菜を食べている、といってもいいほど、季節農野菜をふんだんに使い “見てたのしい、食べてうれしい”カフェメニューを提案。決して高級すぎず、適度なボリュームでおなかも心も満たされるメニューは、女性に喜ばれること間違いなし。また、ファミリーでの食事にもおすすめです。内装にもこだわり、家具は、フランスの職人が手作業でひと目ずつ編みこんだイスや大理石のテーブルなどを揃えて、フランスのテラスカフェにいるかのような明るく広々とした空間に設えました。フランスの食文化やライフスタイルを身近に感じていただける気軽なカフェとしてお立ち寄りいただけます。

§ 朝、昼、夕と、時間に合わせたスタイルで提供 §
カフェは、9時から19時までノンストップで営業し、時間帯により、イートイン(9:00~11:00)、ミディ(11:00~15:00)、アペロ(15:00~19:00、LO.18:30)の3つのパートに分け、それぞれの時間帯に合ったメニューを提供します。イートインでは、1Fでご購入いただいたパンやサンドイッチを、ほどよい酸味とコクのあるコーヒーや、オリジナルブレンドのアールグレーと一緒に、リベルテでのひとときを楽しめます。平日の朝食や休日のブランチなどにおすすめです。
ミディでは、パンと一緒に、スープ、魚、肉、デリ、スイーツからひとつを選べるセットを展開。パンは、「パンリベルテ」などがおかわり自由という、うれしいサービスもあります。
アペロは、遅めのランチにも、軽めの夕食にも、あるいは、ディナーの前にちょっとしたお肉やグリル野菜などのおつまみを楽しむアペロ(アペリティフ)としてもご利用いただけるよう、おいしいパンとワイン、そして、フランスでは最もメジャーなホワイトビールも用意しています。

お好きな時間にいつでも立ち寄って、おいしいパンと、野菜を食べるフードメニュー、それにスイーツも楽しめる、あらゆる世代の人にとって、便利で居心地の良いカフェを目指しています。

MIDI(ミディ 11:00~15:00)
お食事には、パンとディップ付。パンはパンリベルテやバゲットなど日替わりでご用意。
パンはおかわりフリー。お食事と一緒においしいパンをたくさんどうぞ。

■季節の野菜スープ ¥1,300(税込)
ポタージ風のとろっとしたグリーンピースのスープに、フランスではポピュラーなスーパーフード“キヌア”やスナップえんどう、芽キャベツ、長ネギを添えた、緑の色が美しい “食べる野菜スープ”。食べる直前にグリーンピースのポタージュを注ぐスタイルで提供します。

■3種のデリプレート ¥1,300(税込)
3種の彩りや香り豊かなデリがたっぷり楽しめる“ザ・野菜”のプレート。
・ひよこ豆とクスクスのデリ
 クスクスやひよこ豆やパプリカなどが入ったメニュー。レモンのさわやかな酸味とクミンやパクチーの香りでエキゾチックな味わいに。
・ズッキーニとマスタードのデリ
 ズッキーニとマスタードを、ホワイトビネガーやリンゴ酢などと一緒にマリネし、スパイシーなアーモンドを和えたもの。酸味と、ズッキーニやアーモンドの食感がたのしいデリ。
・赤たまねぎとエリンギのデリ
 マリネしたあとにさっとローストした赤玉ねぎと存在感あるエリンギを、オリーブオイルや赤ワインビネガーなどで和え、ブルーチーズとクルミを仕上げに添えました。赤たまねぎの甘みとブルーチーズのバランスがクセになる味わい。

■サーモンのパピヨット ¥1,500(税込)
サーモンのほか、生ハムやフロマージュブラン、赤玉ねぎ、エリンギ、トマト、紅芯大根などを贅沢にごろっと入れ、レモンを添えてオーブンシートえ包み焼きに。
サーモンや生ハム、フロマージュブランのコクと、野菜の甘みがぎゅっと凝縮された魚料理。

■パフェシトロン ¥1,200(税込) ※ドリンク付
レモンをたっぷり使用した甘みと酸味のバランスが絶妙なクリームと、ヴァニラアイス、ライムのゼリー、フレッシュなグレープフルーツなどを合わせて仕上げた、さわやかな春の風を感じるカフェデザートのスペシャリテ。サクサクのピスタチオクッキーがアクセントに。カフェのおすすめ。オリジナルブレンドのアールグレーティーと共にどうぞ。


APÉRO(アペロ 15:00~19:00 LO.18:30)
15:00以降もお食事は、パンとディップ付。まずはパンとワインでお楽しみいただき、お好みのリベルテのアペロメニューをお楽しみいただきます。

■3種のお肉のアペリティフプレート ¥1,800(税込)
低温調理したポークやチキンとカフェシェフ自慢のパテドカンパーニュのほか、オリーブのフリットやデリを贅沢に盛り合わせた、赤ワインがすすむ贅沢プレート。

■季節の野菜グリル&デリプレート ¥1,300(税込)
シンプルにグリルした野菜を豪快に盛り、デリ2種を添えた、夜も野菜を楽しめるプレート。野菜を食べつくせる食べ応え満載のメニューは、女性はもちろん、男性にも楽しめる一品。白ワインややホワイトビールと共にどうぞ。

■赤たまねぎジャムと生ハムとグリエールチーズのタルティーヌ ¥1,300(税込)
じっくり炒めた赤たまねぎのジャムとローストを贅沢に使ったタルティーヌは、生ハムやグリエールチーズの塩気とのバランスが絶妙。ブランドネームを冠した「パンリベルテ」の癖のある味わいが赤たまねぎのおいしさをさらに引き立たせます。

========================================


【店舗情報】
店名  :リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー
      (LIBERTÉ PÂTISSERIE BOULANGERIE)
運営会社 :株式会社LIBERTE JAPON
住所  :東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-3
開業予定日 :2018年3月24日(土)
営業時間  :1F平日 9:00~19:00
        土日祝8:00~19:00
      2F全日 9:00~19:00(LO.18:30)
定休日 :月曜日(祝日の場合、火曜日)
店舗面積  :1F 144.83m2 、 2F 158.82m2
URL   :www.libertejapon.com
                         Facebook :www.facebook.com/LiberteJapon/
                         Instagram :www.instagram.com/LiberteJapon/

========================================

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング