過去最大、総勢 172 組が大集結!ゴールデンウィーク恒例、ジャンルの垣根を超えた気鋭のクリエーターによるアートフェスティバル

株式会社ワコールアートセンター

SICF19(第19回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)がスパイラルで開催

スパイラルは、若手クリエーターの発掘・育成・支援を目的としたゴールデンウィーク恒例のアートフ ェスティバル 「SICF19」(第 19 回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティ バル)を 2018 年 4月29日(日・祝)ー5月6日(日)に開催します。


右上 「SICF19 PLAY」I日程 劇団子供鉅人 作品 左下 「SICF19 EXHIBITION」 A日程 藤中康輝板倉諄哉金森由晃 作品 中下 「SICF19 EXHIBITION」 B日程 堀 康史 作品  右下 「SICF19 EXHIBITION」 C日程 Toshiya Yui + Atsuya Suzuki (Hashida Lab Waseda Univ.) 作品
公募によって選出された気鋭の若手クリエーターが一堂に会し、立体・インスタレーション、メディアアート、写真、絵画、ファッション、プロダクトデザイン、パフォーマンスやそれら既存のジャンルに捕われない作品を発表、活発なプレゼンテーションを展開します。 会期の最後には審査員により、優秀作品にグランプリ、準グランプリ、各審査員賞を、来場者の投票により、オーディエンス賞を授与します。グランプリ受賞者には顕彰として、スパイラルでの個展開催(作品展開)の機会が与えられます。

19回目を迎える今回は、従来のブース出展形式である「EXHIBITION」と、新たに部門化したパフォーマンスプログラム「PLAY」の2部門を展開、過去最大数となる総勢172組のクリエーターが集結します。

会期中は、クリエーター向けのトークや子どもから大人まで楽しめるワークショップを開催するほか、前年の受賞者が作品発表を行なう「SICF18 Winners Exhibition」や「SICF18 Winners Performance」、SICFの過去出展者が展示・販売を行なう「SICF | You Got A Message」を同時開催するなど、

スパイラル全体が若手クリエーターの感性で彩られます。前年は延べ約13,000人が来場したゴールデンウィーク恒例のアートイベント、この機会にぜひご掲載・ご取材くださいますようよろしくお願い申し上げます。

参加クリエーター一覧
EXHIBITION

A日程(2018 年 4 月29 日—30 日)

栗原佑実子、GENERATIVE ART STUDIO、青木亨平、矢野恵司、徳永博子、嶋田晃士、立石剛、坂本大幸、長谷川海、荒井佑実、氷見こずえ、中沢彩美、kurumi、AyumiTsukagoshi&KeiichiroTanaka、タニモト大作、池ヶ谷香奈子、KANAMI TAKEDA CERAMICS、鈴木希果、速水一樹、藤中康輝/板倉諄哉/金森由晃、げるたま、鈴木ひょっとこ、コウゴ・カナエ、カサハラメイ、水嶋裕一、中村宏太、あないまみ、Endplaydevice、Yoshi、砂田夏海、にしようこ、鷲野愛未、さいとうたいち、大槻雑貨店、ハヅキムトウ、しかとまいこ、佐藤将輝、p0p0balloon、tkhss、山内奏、HOYAPAI女将、MIKIKO、tominagaasuka、大渡朋子、夢乃、蓮輪康人、小方英理子、kafkanako、Sacco、凹

B日程(2018 年 5 月 3 日—4 日)
川島梨紗子、安部寿紗、Limo、堀康史、鈴木舞、三浦かおり、加藤立、Little Riddle、高橋祐亮、上野はるか、
磯部陽一、菅原有生、ヤマザキ ミカ、柴田高志、石川慎平、田中愛子、荒井佳奈子、遠藤和希子、MIHO TARUI、吉春吉、sisino、CANOO、宮木沙知子、オビマリ、清水智裕、三島大世、菊地絢女、内田大司、田村麻未、吉田あさぎ、シモトラノスケ、KOHKI HIRAMATSU、清宮百穂、藤田永子、高橋美衣、大平真梨、KOSUKE MOTOHASHI、doronco dorothy、岡真奈美・武藤琴音、chiroko nakata、山中春海、松岡杏和、Kazuhiko Hiramaki/Satomi Kawai、中村正、ナガノサクラコ、村岡由梨、石川佳奈、あめ子雨の子、水野櫻子、鳥越義弘

C 日程(2018 年 5 月 5 日—6 日)
花とハンキー、井上幸子、Ritenuto、大山里奈、UEBO YOSHIDA SOCIETY、TANGO CHIRIMEN PROJECT、
菅野研インタラクティブアートグループ、野村絵梨、内田聖良、七海麻衣(ICE PEDESTRIAN)、古屋郁、Yudai Yabumoto.、248 NISHIYA、橋本ユタカ、横岑竜之、AKANE KOJIMA、田村真理、田中康晃、Maasa Nishimura、小野愛、Mimoko Wakatsuki、開藤菜々子、Inflorescence、HARANO、Barbara Gil、小松可奈子、堀井映理、西川千尋、坪山斉、Aira、岩泉慧、藤森哲、土井彩香、新海美穂、ロングスイミング、藤原千晶、小川由利子、TETSUJIN - AUDIO VISUAL (高橋哲人、モシ村マイコ)、モロモトタクマ、宮内由梨、AZU KIMURA、Maxime Boyer-Degoul、中村ヒカル、Junya Melonpan、山田真由、Toshiya Yui + Atsuya Suzuki (Hashida Lab, Waseda Univ.) 、菅風子、ten en、Tsuji Tomoka、近藤南

PLAY
I日程(2018年4月30日)

14:00-14:10 p0p0balloon
14:15-14:25 山崎眞結
14:30-14:40 月亭太遊
14:45-14:55 dance in the rain
15:00-15:10 関優花
15:15-15:25 鈴木アイリ
16:00-16:10 HOYAPAI女将
16:15-16:25 柳生二千翔
16:30-16:40 酒井直之
16:45-16:55 劇団子供鉅人
17:00-17:10 加藤花鈴 feat. KIRIE
17:15-17:25 守屋友樹と和田ながら

II日程(2018年5月4日)
14:00-14:10 viiize
14:15-14:25 カッチョイイカンパニー
14:30-14:40 船川翔司
14:45-14:55 寺杣彩
15:00-15:10 中西みみず
15:15-15:25 入手杏奈
16:00-16:10 たくみちゃん
16:15-16:25 米澤一平×蔵田みどり
16:30-16:40 三橋俊平
16:45-16:55 新庄恵依
17:00-17:10 Von・noズ
17:15-17:25 木村玲奈
※4月19日(木)現在。EXHIBITION、PLAYの参加者は変更する場合があります

SICFの見どころ
ジャンルの垣根を超えて活躍する気鋭の若手作家150組が大集結!





これまで延べ1743組もの気鋭のクリエーターを紹介してきたブース出展形式の「EXHIBITION」部門。年に引き続き、ジャンルの垣根を超えて活躍する気鋭の若手作家150組がスパイラルに集結します。会場は、出展者から直接作品を購入することも可能です。「今」と真摯に向き合い、野心的に制作活動を行なうクリエーター渾身のプレゼンテーションをご堪能ください。

360度開かれた直径10mの円形空間を舞台に、10分間の挑戦!


2017年に開催した「SICF18」の関連企画として始まったパフォーマンスプログラム「PLAY」。社会においてますます多様性が求められるなか、現代アートの表現領域も、身体表現、言論、メディアアートなど広範囲に及んでいます。PLAYは、360度開かれた直径10mの円形空間を舞台に、ダンスや演劇、来場者参加型作品などのパフォーマンス、スパイラルの空間を活かしたインスタレーションなど、10分以内で自由に表現する新部門です。挑戦的な未だ見ぬ才能がここに集結します。

来場者との「出会い」から生まれる、クリエーターの活躍の場
未知の才能と出会う開かれた発表の場「SICF」では、これまでアートファンはもちろんのこと、ギャラリストやコレクター、アートディレクター、プレス関係者の方々と、若手クリエーターを結び付け、出展者の活動の幅を拡げるきっかけとなってきました。「EXHIBITION」出展者の約30%※はSICFに過去に応募経験があり、そのリピート率の高さから、効率よくアートに興味のある層にアプローチできる「場」を求めてSICFに集っていることがわかります。※SICF事務局調べ(2018年3月現在)

SICFトーク
次代のクリエーターに贈る、私たちのセルフプロデュース術



いま活躍するクリエーターは自らをどのようにプロデュースし、目まぐるしく変容する世界の中をサバイブしているのでしょうか。独自の手法で活動する2名のクリエーターに、自身のプロデュース方法を伺い、クリエイションのヒントを探ります。


日時 : 2018年5月3日(木・祝)14:00—15:00
会場 : スパイラルガーデン(スパイラル1F)
登壇者 : 明和電機 土佐信道 / アーティスト、草野絵美 / ミュージシャン・Satellite Young 主宰
モデレーター : 冠那菜奈 / アートメディエーター
※参加費無料、申込不要、直接会場にお越しください。

SICFワークショップ
SICF19 × ホルベイン 協力企画  「“私のお気に入り” を描いてみよう」




ハンカチ、財布、食器、腕時計にアクセサリーなど、生活の一部となっている、愛着のあるモノたち。けれど身近であればあるほどその輪郭は曖昧になってくるものです。それらを「描く」という行為を通して、見つめ直してみませんか?新たな発見と、出会った時の喜びが蘇ってくるかもしれません。仕上がった絵には、その“お気に入り”とのエピソードを添えて展示します。


日時:2018年4月29日(日・祝) 14:00—16:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
講師:角谷沙奈美(SICF18 張熹賞)
参加費:無料 ※「SICF19」の入場券(700円)が必要です。
参加人数:10名(要事前申込)
対象:小学生以上 ※未就学のお子様は、保護者の方とご参加ください。

SICF19 × ホルベイン 協力企画
「フォロワー数 14万人超え!『ゆるふわ昆虫図鑑』作者に学ぶ、ぬり絵テクニック」



カブトムシやクワガタ、チョウ、カナブンなど昆虫たちの日常をユーモアたっぷりに描き出す人気Twitterアカウント「ゆるふわ昆虫図鑑」。作家のじゅえき太郎さんを講師に迎え、今回のワークショップために描き下ろした下絵をベースに、オリジナルのぬり絵テクニックを学びます。出来上がった作品は、お持ち帰りいただけます。


日時:2018年5月4日(金・祝)14:00—16:00
会場:スパイラルホール ホワイエ(スパイラル3F)
講師:じゅえき太郎 (SICF16オーディエンス賞) ※受賞時のアーティスト名は関川こうじ
参加費:無料 ※「SICF19」の入場券(700円)が必要です。
参加人数:20名(要事前申込)

「ゆるふわ昆虫図鑑」に登場するキャラクターと一緒に写真をとろう!


ワークショップ開催を記念して、「ゆるふわ昆虫図鑑」やスパイラルが発行するメールマガジンSpiral Expressに登場するカエルやクワガタ、カブトムシなどのキャラクターの等身大パネルを設置した撮影ブースを用意、SICF19開催期間中自由に撮影していただけます。
Twitterアカウント「ゆるふわ昆虫図鑑」
https://twitter.com/64zukan
Spiral Express連載「~ゆるふわカエルのスパイラル探検~」
http://www.spiral.co.jp/yurufuwa/
ハッシュダグ #sicf19 #ゆるふわ昆虫図鑑 #じゅえき太郎

SICF19 × 山フーズ コラボレーション企画「ジュースの実験室


試験管に入った3色のコーディアルシロップからひとつ選んで味のベースを決め、ハーブやスパイスやフルーツなどトッピングの入った試験管を選んで、味を想像しながらオリジナルジュースを作れるジューススタンドです。


日時:2018年4月29日(日・祝)—30日(月・振替)、5月3日(木・祝)—6日(日) 12:00—17:00
会場:スパイラルホール ホワイエ(スパイラル3F)
提供 : 山フーズ(小桧山聡子)(SICF10準グランプリ)
メニュー名:コーディアルシロップのソーダ割り各種
価格:500円(税込)※数に限りがあるため、売切れ次第終了します。

開催概要
名称:SICF19 (第19回スパイラル・インディペンデント・クリエーターズ・フェスティバル)
会期:2018 年4 月29日(日・祝)—5月6日(日) ※5月1日—2日は除く
[EXHIBITION]
A 日程: 2018 年 4 月 29日(日・祝)—30日(月・振替)11:00—19:00 [50組]
B 日程: 2018 年 5 月 3 日(木・祝)—4日(金・祝)11:00—19:00 [50組]
C 日程: 2017 年 5 月 5 日(土・祝)—6日(日)11:00—19:00[50組]
[PLAY]
I 日程: 2018 年 4 月 30日(月・振替)14:00—17:30 [12組]
II 日程: 2018 年 5 月 4 日(金・祝)14:00—17:30 [12組]
会場: [EXHIBITION]スパイラルホール(スパイラル3F)、[PLAY]スパイラルガーデン(スパイラル1F)
〒107-0062 東京都港区南青山 5-6-23
東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道」駅 B1、B3 出口すぐ
入場料:[一般] 1日券 700 円 / 通し券(A・B・C日程) 1200円、[学生]SICF公式Facebook、twitterに「いいね!」「フォロー」で無料(要学生証提示)
※スパイラルホール(スパイラル3F)のみ入場料をいただきます。
※中学生以下は無料でご入場いただけます。
審査員:[EXHIBITION]石田尚志 / 画家・映像作家、多摩美術大学准教授、金森香/AWRD編集長・プランナー、栗栖良依 / SLOW LABEL ディレクター、平田晃久 / 建築家、京都大学准教授、藪前知子 / 東京都現代美術館 学芸員、大田佳栄 / スパイラル チーフキュレーター
[PLAY]栗栖良依 / SLOW LABEL ディレクター、住吉智恵 / アートプロデューサー、ライター 、中村茜 / 株式会社プリコグ代表、パフォーミングアーツプロデューサー、山城大督 / 美術家・映像ディレクター
※審査員は決定次第随時、SICFウェブ(www.sicf.jp)でお知らせします。
主催:株式会社ワコールアートセンター
企画制作:スパイラル
協賛:特定非営利法人青山デザインフォーラム
協力:株式会社ORANGE SENSE、株式会社協進印刷、CLIP、株式会社耕文社、株式会社ステージフォー、株式会社竹尾、ホルベイン画材株式会社
グラフィックデザイン:日本デザインセンター 大黒デザイン研究室
お問い合わせ:03-3498-1171(スパイラル代表)

【同時開催】SICF18 Winners Exhibition 開催概要
前年の「SICF18」受賞者が作品展示、発表を行ないます。


会期 : 2018年4月28(土)—5月6日(日) 11:00—20:00
会場 : スパイラルガーデン(スパイラル1F)
出展者 : 東城信之介(グランプリ)、クラトミタカユキ(準グランプリ)、(euglena)(準グランプリ・オーディエンス賞)、長雪恵(石田尚志賞)、黒田恵枝(栗栖良依賞)、 角谷沙奈美(張熹賞)、金親敦(中村茜賞)、河本蓮大朗(森永邦彦賞)、名倉達了(藪前知子賞)、福重美幸子(スパイラル奨励賞)
入場無料

【同時開催】SICF18 Winners Performance開催概要
前年に開催された「SICF18 PLAY」の受賞者が作品発表を行ないます。


日時 : 2018年5月6日(日)14:00—16:00
会場 : スパイラルガーデン(スパイラル1F)
出演者 : 14:00~ tantan(栗栖良依賞)、14:30~ 西尾香織ソロ企画(中村茜賞)、15:15~ 関川航平(最優秀賞)
入場無料


【同時開催】SICF | You Got A Message


SICF過去出展クリエーターの中から、独自の表現を追求する4名のクリエーターに焦点を当てた展覧会
「SICF | You Got A Message」を開催します。
本展では、伝達をテーマに、作品の対象がリアルな世界に存在するのか、バーチャルな世界に存在するのか、またそれらは真実なのか、虚偽なのかなど、私たちの知覚に揺さぶりをかける作品の数々を紹介します。デジタル文化や仮想現実が身近になり、リアルな世界との行き来が容易になった今、私たちの生きる多層的な世界や自身の感覚について見つめる機会となるでしょう。

会期:2018 年4 月16 日(月)—5 月6 日(日)11:00—20:00
会場:MINA-TO(スパイラル1F)
出展者 : 西井保奈美(SICF17出展者)、 関川航平(SICF18 PLAY最優秀賞)、 下村優介(SICF18出展者)、Kamihasami(SICF18出展者) ※4月23日(月)より出展。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング