デルタ・カーゴ、貨物専門誌が主催する権威ある賞にて「金賞」を受賞

デルタ航空



【米国アトランタ、2018年4月11日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)の貨物部門、デルタ・カーゴは、貨物専門誌「エアカーゴ・ワールド(Air Cargo World)」により、総輸送量100万トン未満(999,900トン以下)の部門において航空貨物エクセレンス賞(Air Cargo Excellence Awards)の金賞を受賞しました。

デルタ・カーゴにとって初の受賞であり、卓説した顧客サービスと輸送実績や料金が顧客から高く評価された結果です。また、総輸送量100万トン以上の部門では、デルタ航空のパートナーであるエールフランス-KLM航空が金賞を受賞しました。


デルタ航空のカーゴ担当副社長ショーン・コール(Shawn Cole)は次のように述べています。「デルタ・カーゴでは業界最高水準の顧客サービスの提供と運航の信頼性を重視し、お客様の使い勝手を良くするためのサービス展開に力を入れて参りました。今回の受賞は、これまでお客様の利便性向上のために実施してきた数々の施策、たとえばウェブサイトの刷新、新商品・サービスの開発、GPSによる貨物追跡サービスの提供、貨物管理センターの新設、24時間対応のカスタマーサービスなどが実を結び、当社の主要顧客である貨物運送業者(フォワーダー)の皆様に高く評価いただいたことを示すものです。」


航空貨物エクセレンス賞(Air Cargo Excellence Awards)は、毎年航空貨物業界で優秀な実績を表彰するもので、エアカーゴ・ワールド誌が2005年に開始した、調査の結果に基づき選定されています。対象は航空貨物事業を営む航空会社や航空貨物を扱う空港で、選定基準には顧客サービス(顧客サービスの質、貨物の追跡能力、電子エアウェイビル(e-AWB))、輸送実績(時間に正確な輸送、安定した供給力と充分なスペース)、サービスの価値(競争力のある料金体系、スペシャルサービスの質、および充実した路線網)などが含まれます。

*本リリースは4月11日に米国アトランタで発表されたリリースの翻訳です。

デルタ・カーゴについて
デルタ航空の貨物部門であるデルタ・カーゴは、6大陸54カ国の310以上の都市を網羅する業界最大級のグローバルネットワークを有し、毎年22億貨物トンマイル以上の貨物を輸送しています。救命医薬品、移植用臓器、生花や生鮮食料品、高級車から大量輸送品まで、GPSとリアルタイム追跡オプションを使って信頼性の高い輸送サービスを提供します。業界をリードする24時間対応の貨物管理センターによる貨物の監視体制を整え、国際航空運送協会IATAによる医薬品温度管理国際輸送の品質認証プログラム「Centre of Excellence for Independent Validators (CEIV)」からCEIVファーマ認証(CEIV Pharma certification)を取得しており、米国航空会社の中で最高の定時運航実績をあげています。また、デルタ航空は米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人以上の従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。デルタ・カーゴに関する詳細はwww.deltacargo.comをご覧ください。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング