日産自動車、運転席の「死角」に置かれた作品を鑑賞できる「#死角アート BLIND SPOT ART 」を展示

日産自動車株式会社 日本マーケティング本部

‐ 作品を手がけたのは、錯視的造形を得意としている作家の武藤裕志氏 ‐

日産自動車株式会社は、2018年4月26日(木)-5月6日(日)の11日間、ドライバーの死角に置かれたワイヤーアートが車両周辺確認技術「インテリジェント アラウンドビューモニター」を通してみることにより、本来の正しい造形を現す、「#死角アート BLIND SPOT ART」を展示します。それに伴い、ムービーも公開します。



「#死角アート」は運転席からは死角で見えなくなる位置に置かれたワイヤーアートを、インテリジェント アラウンドビューモニター技術の真上から見ているような映像により、角度が変わることでワイヤーアートの造形の変化を楽しむことができます。ドライバー位置からは見ることのできない障害物をモニターを通して把握できるという安全性を表現しています。




「 #死角アート BLIND SPOT ART 」開発背景
駐車場から発車する時、飛び出してきた子どもにヒヤリとするなど、どれほど注意深く周囲に気を配っていても、クルマには「死角」が存在します。今回、日産自動車はクルマの真横や斜め後ろなど、運転席には死角があることを再認識していただくために、それを補う「インテリジェント アラウンドビューモニター」技術の安全性を体感できる技術アート「#死角アート」を開発しました。
今回、実際に展示される作品は、角度によって見え方の変わる錯視的造形を得意としている作家の武藤裕志氏協力のもと実現しました。


「 #死角アート BLIND SPOT ART 」体験方法

01:外から眺める
ワイヤーアートがあるエリアは全部、運転席から見えない「クルマの死角」です。

02:運転席に入る
今まで見えていたワイヤーアートは、運転席に乗り込むと消えてしまいます。

03:スイッチを押す
「クルマの死角」で見えなかったワイヤーアートが驚きの姿に変身!


インテリジェント アラウンドビューモニターについて

インテリジェント アラウンドビューモニターとは、車の真上から見下ろしているかのような映像によって、周囲の状況を把握し安心して駐車を行うための運転支援技術です。この装置があれば、駐車する際のドライバーの不安も軽減されます。



日産グローバル本社ギャラリーにて「 #死角アート BLIND SPOT ART 」展示
インテリジェント アラウンドビューモニターを通して見るワイヤーアート作品をお楽しみください。
□:展示日時= 2018年4月26日-5月6日(日)10:00~20:00
□:展示場所= 日産グローバル本社ギャラリー (神奈川県横浜市西区高島1-1-1)


造形作家・武藤裕志プロフィール


石川県出身の造形作家/ワイヤーアーティスト。
緻密な構造や曲線美を得意とする表現が特徴。設計図なしで頭の中のイメージと手先の感覚を頼りに造形を行う。見る角度によって、全く違う絵が見えるワイヤートリックアートを中心に話題を次々と発表。

高度な技術が必要とされるキャラクターのトリックワイヤーアートも数々生み出している。
2017年には大人気漫画「名探偵コナン」のコナン君から蘭ちゃんに変化する作品を制作し、『AnimeJapan2017』で展示したことで、SNSでも大きな反響を呼びました。

・参考動画
https://www.youtube.com/watch?v=dYBMRm1CBbY

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング