~日中平和友好条約締結40周年記念企画~ 世界遺産・敦煌莫高窟の特別入場見学

クラブツーリズム株式会社

葡萄酒を注いだ夜光杯で乾杯、砂漠の大画廊を鑑賞

KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山隆司)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小山佳延、以下クラブツーリズム)では、日中平和友好条約締結40周年の記念企画として「世界遺産・敦煌莫高窟の特別入場見学」を企画しました(イベント設定日:5月29-30日、8月14-15日、9月25-26日、10月12-13日、関連ツアー:首都圏・中部・関西出発で販売)。


敦煌は、古よりシルクロードの要衝として栄えてきたオアシスの都市です。その東南方向約25kmのゴビ砂漠に、約1.6kmに渡り大小700にも及ぶ巨大な仏教石窟群「莫高窟」は広がっており、さながら砂漠の大画廊のようです。20世紀初頭に発見されて以来、シルクロード交易より日本文化にも深い影響をもたらした莫高窟は、シルクロード研究上極めて重要な遺跡で、1987年に世界遺産に登録されました。

莫高窟の一般見学は8:00~18:00までとなっていますが、当記念企画では一般見学終了後の18:00~20:00の特別入場が可能となります。当ツアー以外の観光客がいない静けさの中、特別有料窟4つを含む莫高窟に入場し、専門日本語解説員の案内で約1時間見学します。

日本は1980年代から莫高窟の修繕や学芸員の研修などの支援をしており、古代から現代まで敦煌と深い関わりがあります。旅行を通じて、敦煌の歴史に触れ実際に見ていただくことで、両国の平和に少しでも繋がればと思います。

莫高窟の飛天を扮した仙女の歓迎式
シルクロードの特産品「夜光杯」
<日中平和友好条約締結40周年記念企画 4つのオリジナル特別企画> ※全コース共通
1.莫高窟の飛天を扮した仙女の歓迎式
2.三日月または満月の鳴沙山(めいさざん)の麓で、夜光杯と葡萄酒で乾杯
  乾杯後、使われた夜光杯をプレゼント(9月出発は満月、8月、10月出発は三日月の夜になります)
3.莫高窟の見学前に、専門講座を開催
4.4つの特別有料窟(45号、57号、156号、217号予定)を含む莫高窟に特別入場して見学

■コース一例: 「絶景の張掖丹霞と世界遺産・敦煌莫高窟特別入場見学 6日間」(コース番号:14603-988)
出 発 日 : 2018年8月12日、9月23日、10月10日
出 発 地 : 東京
旅行代金: 229,000円(2名1室おひとり)  ※燃油サーチャージほか諸税を除く
行  程:以下よりご覧ください
     https://tour.club-t.com/tour/detail?p_baitai_web=CTOP&ToCd=TD&p_from=800000&p_company_cd=1002000&link_id=sCnS&p_course_no2=14603&p_baitai=988&x=0&y=0
(ホームページより、コース番号14603-988を入力すると該当ツアーをご覧いただけます)

※他にも複数プランをご案内しております。詳しくは特集ページをご確認ください。
https://www.club-t.com/special/abroad/silk-road/index.htm 
【検索 ⇒ クラブツーリズム シルクロード 】

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング