バースデーケーキに「メリハリ消費」の傾向!お祝いに「お金を惜しまない」が70%!

株式会社FLASHPARK (

ケーキを選ぶポイントは「見た目・写真映え」、貰ってみたいのは「立体ケーキ」

株式会社FLASH PARK(本社:東京都新宿区/代表取締役:高橋 優貴)が運営する「Cake.jp(以下 Cake.jp)」は、Cake.jpユーザー2,522名に対し「バースデーケーキ」についてアンケート調査を実施いたしました。


<調査背景>


「メリハリ消費」「トキ消費」「インスタ映え」などの、時代の変化やトレンドを象徴する言葉を聞く方は多いのではないでしょうか。めまぐるしく時代が変化し、次々とトレンドが生まれていく中で、誰しも必ず年に一度訪れる「誕生日」、その他にも「結婚記念日」「会社の設立記念日」など様々なお祝いごとの文化は変わらずにあります。そこで今回「バースデーケーキ」を通じて、変わらない文化の中で起きている「消費行動」「消費意識」についてアンケート調査を実施しました。

<調査結果の要約>


これまでもらったバースデーケーキの88%は「定番デコレーションケーキ」
貰ってみたいバースデーケーキは「立体ケーキ」が47%、「イラスト(似顔絵)ケーキ」が34%
大切な人へのお祝いには「お金を惜しまない」が70%、「節約したい」が30%
バースデーケーキを選ぶ際は「見た目(写真映え)」「味」を重視する傾向に

以下、アンケート調査結果の詳細です。


■貰ってみたいケーキは立体ケーキ、今まで貰ったケーキと大きなギャップ


今まで貰ったことのあるバースデーケーキと、貰ってみたいバースデーケーキは?



今まで貰ったことのあるバースデーケーキ、貰ってみたいバースデーケーキについてアンケートを実施。貰った事のあるバースデーケーキは「定番デコレーションケーキ」が64.2%(88%)、写真ケーキが19人(13.9%)という結果に。一方で、貰ってみたいバースデーケーキについては「立体ケーキ」が34.3%(47人)、「イラスト(似顔絵)ケーキ」が15.3%(21人)となり、特別感のあるケーキにニーズが集まっていることが分かります。


■大切な人へのお祝いには70%が「お金を惜しまない」、ケーキを選ぶポイントは「見た目・写真映え」


大切な人へのお祝いは節約したい?お金を惜しまない?バースデーケーキを選ぶポイントは?



大切な人へのお祝いは節約したいですか?お金を惜しまないですか?という質問に対し「惜しまない」が70%(96人)、「節約したい」が30%(41人)という結果に。バースデーケーキを選ぶポイントを見ても「見た目・写真映え」を重視することが分かります。

上記の結果から、これまで定番デコレーションケーキのバースデーケーキを貰ったことはあるが、実は特別感のあるバースデーケーキ(立体ケーキ・イラストケーキなど)を貰ってみたいという消費者のニーズが見えます。また、大切な人へのお祝いには「お金を惜しまない」というメリハリ消費の傾向、まだまだ続くInstagramブームやトキ消費の影響からか「見た目(写真映え)」+「味」を重視しバースデーケーキを選んでいるということが分かりました。


■Cake.jpとは?


全国の「オリジナルケーキが欲しい」「届けてほしい」お客様と、要望に沿ったケーキを製造できる洋菓子店をマッチングし、年間10万台以上のケーキをお届けしている業界最大級のアニバーサリーケーキ専門通販サイトです。全国500店舗の洋菓子店と提携し、実店舗でのパティシエの空き時間を有効活用することで、フルオーダーケーキまでも安価に提供できるケーキ製造ネットワークを実現いたしました。


■調査概要
【調査対象】Cake.jp利用の一部ユーザー(2,522名)
【調査期間】2018年5月2日~2018年5月11日
【調査方法】インターネット調査
【調査サンプル】138名

■会社概要
会社名: 株式会社FLASH PARK(http://cake.co.jp/
代表者: 代表取締役 高橋 優貴
所在地: 東京都新宿区西新宿6-24-1 西新宿三井ビル1503
設立 : 2009年4月23日
事業 : ケーキの総合通販サイト「Cake.jp(https://cake.jp/)」の運営

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ