【すみだ水族館】金魚ちょうちんトンネルなど、1000匹の金魚が舞う全長100メートルの金魚空間!「東京金魚ワンダーランド2018」を開催

オリックス株式会社

2018年6月30日(土)~9月30日(日) 世界の金魚を世界のビール片手に鑑賞

東京スカイツリータウン(R)内にあるすみだ水族館(所在地:東京都墨田区、館長:名倉 寿一)は、2018年6月30日(土)から9月30日(日)までの期間、日本の夏の風物詩である金魚約1000匹を集めた夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」を開催しますのでお知らせします。


「東京金魚ワンダーランド2018」イメージ
「東京金魚ワンダーランド2018」では、100個の金魚ちょうちんの明かりで照らされた全長約100メートルの日本最大級※の金魚展示エリアで、色も形もさまざまな約20品種、約1000匹の金魚を展示します。黄色、茶色、青など、変わった色の金魚たちを見比べる「金魚いろくらべ」などの特別展示も登場します。

また、館内のカフェ周辺では、アメリカやイギリス、中国など世界各地で長い時間をかけて掛け合わされ、生み出されてきたさまざまな品種の金魚の紹介とともに、同じ土地で生まれたビールを販売し、世界中の金魚に囲まれながらビアホールのようにお過ごしいただける「世界の金魚ビアホール」を開催します。

他にも、金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを金魚鉢型の容器に入れた「金魚ソーダ~金魚鉢付き~」が館内のお祭りムードを盛り上げます。

この夏は、東京下町の『すみだ水族館』で金魚の魅力に触れながら、日本の夏を彩る金魚づくしの夏まつり「東京金魚ワンダーランド2018」をぜひお楽しみください。

※水族館(日本動物園水族館協会加盟)の常設展示として100メートルの金魚展示エリアは日本最大級。当館調べ。

■ 「東京金魚ワンダーランド2018」 概要

「金魚ちょうちんトンネル」
【特別展示】「金魚ちょうちんトンネル」など、全長100メートルの金魚展示空間
江戸をテーマにした金魚展示エリア「江戸リウム」で約20品種、約1000匹の金魚を展示します。金魚ちょうちん発祥の地、山口県柳井市の職人が一つ一つ手作業で制作した100個の金魚ちょうちんが全長約100メートルの空間を演出します。
展示期間:2018年6月30日(土)~9月30日(日)
展示場所:5F「江戸リウム」
展示品種:ワキン、リュウキン、ランチュウ、エドニシキ、アズマニシキ、タンチョウ、デメキン など
※展示する金魚は期間中に変更する場合があります。

「世界の金魚ビアホール」イメージ
【イベント】金魚とビールのマリアージュ!?「世界の金魚ビアホール」
中国でフナから生まれた金魚は、日本やアメリカイギリスなど多くの国で長い時間をかけて掛け合わされ、さまざまな新しい品種が生み出されてきました。「世界の金魚ビアホール」では世界4カ国5種の金魚の紹介とともに、同じ土地で生まれたビールを販売します。世界中の金魚とビールを同時にお楽しみいただけます。
開催期間:2018年6月30日(土)~9月30日(日)
開催時間:9時00分~21時00分
開催場所:5F「江戸リウム」
展示品種:コメット、ブリストルシュブンキン、リュウキン、エドニシキ など


さまざまな色の金魚たち
【展示】黄色や青の金魚も登場!「金魚いろくらべ」
普段出会うことの少ない黄色、茶色、青など、さまざまな体色をした金魚たちを、隣り合った8個の水槽で比べて鑑賞していただくことができます。
展示期間:2018年7月9日(月)~9月30日(日)
展示場所:6Fテラススペース付近
展示品種:イエローコメット、チャキン、セイブンギョなど


「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」
【飲食】「金魚ソーダ ~金魚鉢付き~」
金魚をイメージしたフルーツカクテルとベリーを入れた、爽やかな甘さのドリンク。金魚鉢からすくって食べる楽しさを味わえる、かわいくて楽しい期間限定メニューです。金魚鉢型の容器はお持ち帰り可能です。※なくなり次第終了
販売期間:2018年6月30日(土)~9月30日(日)
販売場所:5Fペンギンカフェ
販売価格:750円(税込)


「金魚ソフトクリーム」
【飲食】 「金魚ソフトクリーム」
金魚の赤をイメージしたラズベリー味のソフトクリームです。
販売期間:2018年6月30日(土)~9月30日(日)
販売場所:5Fペンギンカフェ
販売価格:360円(税込)


『東京金魚ワンダーランド2018』ご協力先一覧 (予定のものを含む)
協力:ホテル雅叙園東京 後援:墨田区、墨田区教育委員会、江戸川区、江戸川区教育委員会、日本観賞魚振興事業協同組合



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング