海外に売り込むための食品展 「”日本の食品”輸出EXPO」、出展企業ら600社に向けて、商談成果を上げるための「特別説明会」を開催

リード エグジビション ジャパン株式会社

“日本の食品”輸出EXPOの主催者 リード エグジビション ジャパン(株)(本社:東京都新宿区、社長:石積 忠夫)は、出展社と出展を検討している企業に向けて、本展で商談成果を上げてもらうための「特別説明会」を、7月17日(火)に都内にて開催いたします。



今年2回目の開催を迎える“日本の食品”輸出EXPOは、前回から2倍の600社が出展を予定しておりますが、出展社の中には輸出経験の浅い企業も多いことから、主催事務局では商談成果を上げていただくためのサポートの一環として、7月17日(火)に「特別説明会」を実施いたします。

本説明会では、共催・協力団体である日本貿易振興機構(ジェトロ)と農林水産省の関係者も登壇し、海外バイヤーとの商談に向けた具体的な準備内容や、商談後のフォローアップ方法を提示します。

また当日は、誘致している海外バイヤーの最新情報や、前回4,000件以上の商談を結んだ「商談アポイントサービス」についてご紹介するほか、出展社の企業名を初公開いたします。



説明会概要

・日時: 7月17日(火) 14:00~16:00(13:40 受付開始)
・場所: ベルサール新宿グランド(丸の内線 西新宿駅 徒歩3分)
・参加費: 無料
・参加申込み: http://www.jpfood.jp/To-Exhibit/Pre-Semi/?pmag=prtimes


“日本の食品”輸出EXPOとは?

“日本の食品”輸出EXPOは、農林水産省とジェトロの全面協力のもとに開催する、「輸出」に特化した食品商談展です。米や食肉・魚などの農水産物をはじめ、加工食品、菓子、ドリンク、調味料、運輸などの食品メーカー・輸出関連企業が出展対象です。

初回となる前年は304社が出展し、70ヵ国・地域から海外バイヤー2,860名が来場しました。今年は規模を2倍に拡大し、600社が出展、4,000人の海外バイヤーが来場する予定です。

<展示会概要>
------------------------------------------
展示会名: 第2回 “日本の食品”輸出 EXPO
会期: 2018年10月10日(水)~12日(金)
会場: 幕張メッセ 9,10,11ホール
主催: リード エグジビション ジャパン(株)
共催: (独)日本貿易振興機構(ジェトロ)
協力: 農林水産省
公式サイト: http://www.jpfood.jp/
------------------------------------------



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング