勇壮なる炎の舞!豊橋発祥の「三河伝統手筒花火」をららぽーと豊洲で放揚

豊橋市

夜空をめがけて舞い上がる火柱と、大迫力のクライマックスは必見

豊橋市は7月14日(土曜日)、アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区)で豊橋発祥の手筒花火を放揚します。勇壮な手筒花火を都内で見ることができる唯一の特別イベントで、今回はVRゴーグルを使用した手筒花火体験を初めて実施します。


10m以上もの高さに立ち上る火柱
【豊橋発祥 手筒花火 in 豊洲について】
日時 平成30年7月14日(土曜日)19:00~20:00
会場 アーバンドック ららぽーと豊洲(東京都江東区豊洲2-4-9)
内容 手筒花火放揚、和太鼓演奏「大崎文化保存会 しおかぜ太鼓」(鑑賞無料)

【10m以上の炎を吹き上げる花火を人が抱える、伝統の手筒花火】
竹筒に火薬を詰めた花火を人が抱えて揚げ、10m以上の炎を吹き上げる手筒花火。この手筒花火の発祥は豊橋市の吉田神社であると言われ、450年以上の歴史があります。豊橋市内では多くの地域で放揚されおり、年間4,000人以上が手筒花火を揚げています。

【観る人々の心を魅了する、燃焼30秒】
火が付いた手筒を揚げ手が抱えると、筒から吹き上がる火柱が夜空をめがけて舞い上がります。その高さは10メートル以上にも及び、豪快な火柱が一瞬で夜空を彩ります。手筒から吹き上がった火柱は、火の粉となって滝のように流れ落ち、無数の火の粉が揚げ手に降り注く様には、他の花火にはない迫力と美しさがあります。

静寂の後に訪れる「ハネ」の瞬間
【突然訪れる、驚きのクライマックス】
手筒花火の火薬が強さを増しながら燃焼していき、筒の中の圧力が最大となったとき、「はね粉」と呼ばれる火薬に火が付き、豪快なさく裂音を轟かせながら、筒の底が抜けて揚げ手の足元で爆発します。その時の轟音と揚げ手の足元に広がる炎が、手筒花火の最大の特徴です。

【VRゴーグルで手筒花火の放揚を体験!】
今回のイベントでは、VRゴーグルを使用して手筒花火を360°、至近距離で体感できる「手筒花火360°動画体験
」も実施されます。午後5時から7時に会場の特設観覧席付近で体験することができ、体験料は無料です。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング