渋谷スクランブルスクエア株式会社、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京都市大学の6者連携事業を開始!

東急電鉄

~渋谷スクランブルスクエアを拠点として、新たなイノベーションの創出・クリエイティブ人材の育成を行います~

 東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、東京地下鉄株式会社の3社は、2019年度開業予定の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア 第I期(東棟)」(以下、本施設)の開発を推進しています。


 今般、3社が共同で設立した本施設の運営者「渋谷スクランブルスクエア株式会社」、東京大学、東京工業大学、慶應義塾大学、早稲田大学、東京都市大学の6者は、産学連携でのイノベーション創出や発信およびクリエイティブ人材の育成を目的に、連携事業協定(以下、本協定)を2018年7月11日に締結しました。
 本協定の取り組みである「(仮称)渋谷SCSQイノベーションプロジェクト」では、本施設15階に計画する約2,600平方メートル の産業交流施設を拠点とし、渋谷駅を結節点とする交通機関の沿線に立地する5大学と連携します。大学に集積された知と、渋谷の多種多様なユーザーや民間企業のノウハウなどを組み合わせ、社会課題解決に向けた取り組みや情報モビリティなどの分野において社会実装を行います。このような社会との双方向の交流を通じて、技術分野を超えた新しい発想による知の融合、新しいビジネスモデルの創出、ユーザー目線のアイデアと技術的知見との融合を目指します。

 今後も本施設および産業交流施設の開業に向け、産学連携の活動として、大学関係者 等による研究発表・プロジェクト紹介やセミナー、ワークショップなどのプレイベントを実施するとともに、渋谷におけるさらなるオープン・イノベーションの実現に向けた検討を推進していきます。



以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング