韓国シェアNo.1の教育・イベント向けライブ・コミュニケーションサービス「SYMFLOW」、KOTRA主催の「第74回 Korea IT Cafe」(7月26日)にて日本市場への紹介や活動計画を発表

IT&BASIC Japan株式会社

日韓ITビジネスの最前線で活躍している企業が、韓国最新IT事例をご紹介する、Korea IT Cafeを7月 26日に開催します。今回はコミュニケーション ツールを提供しているIT&BASICです。韓国の最新IT情報をいち早く得たい方、韓国企業とのビジネスをお考えの方は是非、ご参加ください。


教室、セミナー、放送、企業研修、イベントなど、多くの参加者が集まって、様々なコミュニケーションが生じる現場はたくさんあります。アンケートを実施したり、挙手による質疑応答を行ったり、発表資料を配ったり、現場での円滑なコミュニケーションのために努力しています。一方で、そういった現場でのコミュニケーションにまつわるソリューションは多岐に渡り、細分化されています。管理者はスケジュール管理や予算の編成、カリキュラムの構成などをしながら、現場の目的に沿った最適なソリューションを探して、選択しなくてはなりません。
SYMFLOWサービス画面


今回、韓国のシェアNo.1のライブ・コミュニケーションサービス「SYMFLOW」を開発、提供しているIT&BASIC Japan株式会社は、KOTRA(韓国貿易投資公社)の主催で7月26日、KOTRA SHIKI 会議室にて「Korea IT Café」を開催し、サービスのコンセプトや導入事例などをご紹介いたします。また、ご来訪された方には、デモンストレーションと共に、機能制限なしの無料トライアルもご提供させて頂いてます。

詳細については、特設サイトをご覧ください。
http://www.kotrait.or.jp/seminar/74senimar.html

■ここでしか聞けない!韓国や日本での導入事例講演!

SYMFLOWはすでに韓国ではサムスン電子、LG、現代、SKグループといった、大手の企業をクライアントとして、企業研修や社員教育で導入されていて、社員たちの参加へのモチベーションを向上し、充実したフィードバックを収集できることで好評を頂いています。また、中小規模の発表会や講演、シンポジウムから、去年の大統領選挙候補フォーラムみたいな大規模のイベントでも、SYMFLOWは幅広く活用されています。
2017年大統領選挙候補フォーラム(中:文ジェイン大統領)
最近は、公営放送であるKBS(韓国放送公社)の国民的な討論番組である「100分討論」にて、傍聴席からの質問やコメントを掲載してパネルに直接Q&Aを行うツールとして導入されました実績を持っています。そういった成果や業界への寄与が認められ、2017年12月には韓国政府が主催する「2017年青年企業人賞」において、総務大臣賞に値する「長官賞」を授与いたしました。

2017青年企業人賞
また、その他、日本での導入事例(大学、イベント)についてもご紹介させて頂きます。

■個別相談及び無料トライアル提供

ご来訪された方には、ニーズに沿っての使い方や活用方法、見積もりについてご相談いただけます。また、機能の制限がされてない3か月間の無料トライアル用のアカウントも即席に発行します。

■スケジュール

日時:2018年7月26日(木) 16:30~18:00 (16:15から受付開始)
場所: 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル5F 大韓貿易投資振興公社 SHIKI会議室
主催:大韓貿易投資振興公社(KOTRA) 東京IT支援センター
お申し込み:要予約 定員40名
お問合せ先 : KOTRA 東京IT支援センター 事務局 03-5501-2847

■詳細内容

第1部:「SYMFLOW」サービス紹介
第2部:コミュニケーション活用事例
第3部:デモ及びSYMFLOWアンケート体験
詳細については、特設サイトをご覧ください。
http://www.kotrait.or.jp/seminar/74senimar.html

■IT&BASIC Japanについて(http://jp.itnbasic.com

2017年に日本法人IT&BASIC Japanを設立へ進出、販売パートナーや実際に利用する顧客を探しています。本社であるIT&BASICは2014年に韓国のソウルにて設立され、カンファレンスや学校現場、イベントなどで活用できるオーディエンス向けのアンケートツール「SYMFLOW」を提供しています。アプリのダウンロードなしにスマートフォンやタブレット、PCから専用のURLにアクセスすることで、講演者に質問や自由な意見を投げかけることが出来ます。
IT&BASICメンバー写真

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング