「未来のミライ」コラボレーションルーム特別宿泊プラン誕生!8月18日(土)より東京ドームホテルにてサービス提供開始

株式会社KADOKAWA

 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)と株式会社クールジャパントラベル(本社:東京都文京区、代表取締役社長:福田 正)は、今夏、最注目の劇場公開作品「未来のミライ」のコラボレーションルーム宿泊プランを、東京ドームホテルで提供いたします。


(左)「未来のミライ」キービジュアル (C)2018スタジオ地図 ・(中)ルームデザインイメージ ・(右)東京ドームホテル外観
 コラボレーションルームは、「未来のミライ」の作中に登場する名場面に彩られ、いきいきとしたキャラクターたちと共に特別な宿泊体験が楽しめます。クッションやベッドスロー、複製原画など作品の世界にたっぷりと浸れる内装も充実。持ち帰り可能な特典グッズや、「未来のミライ」関連書籍の閲覧サービスなどもご用意しています。作品を観てから宿泊する方も、宿泊してから作品を観る方も、より「未来のミライ」が大好きになる空間となっています。

〇「未来のミライ」特別仕様の内装 貴重な複製原画の展示も
 お部屋の内装は、映画の名場面やキャラクターのビジュアルが散りばめられた特別仕様。キャラクターたちとゆったりとした時間を過ごせます。

〇宿泊プラン限定の特典グッズも充実 くんちゃんたちとの思い出を持ち帰ろう!
 特典は1室につき、メッセージカード、オリジナルコースター(4種4枚)、オリジナルルームステッカー(2種2枚)がついています。


〇東京ドームシティ ギャラリーアーモで開催される 「未来のミライ展」の入場券付き!
 宿泊プランには7月25日から開催される「未来のミライ展」の入場券がセットに。体感型展示・テクノロジー・原画・背景画などが楽しめます。
(C)2006 TKFP (C)2009 SW F.P. (C)2012 W.C.F.P (C)2015 B.B.F.P (C)2018 CHIZU

〇「未来のミライ」関連書籍がズラリ 作品の細部まで読み返せる!!
 原作文庫本や各種絵本など、KADOKAWAから刊行されている作品関連書籍を滞在中に満喫できます。

※宿泊プランに関連するデザインは制作中の為、変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


☆宿泊プランについて                                         
プラン名:【期間限定・室数限定】「未来のミライ」コラボレーションルーム特別宿泊プラン
ルームタイプ:ツインルーム、トリプルルーム
宿泊期間:2018年8月18日~9月16日
販売形態:募集型企画旅行/国内販売はオンラインでの抽選販売
旅行代金:1泊1室あたり49,000円~68,000円(宿泊日とルームタイプにより異なる。税込料金)
企画開発:株式会社KADOKAWA レクリエーション事業局/開発協力 株式会社SOーZO
旅行企画・実施:株式会社クールジャパントラベル(東京都知事登録第2‐7337号)
協力:株式会社東京ドーム・株式会社東京ドームホテル・一般社団法人アニメツーリズム協会




☆お申込み方法 プラン特設サイトにて抽選販売受付開始!


https://japanwalker.travel/jp/cp/mirainomirai  


宿泊プランは抽選にて販売いたします。応募フォームに必要事項や宿泊希望日、ご希望のルームタイプをご記入頂きエントリーください。厳正なる抽選のうえ、当選者様にオンラインでのプランお申込みページをご案内します。
◆抽選応募受付開始
2018年7月18日(水)より
◆当選通知開始
8月18日(土)~24日(金)までのご宿泊:7月30日(月)より当選通知開始
8月25日(土) ~31日(金)までのご宿泊:8月6日(月)より当選通知開始
9月1日(土) ~7日(金)までのご宿泊:8月13日(月)より当選通知開始
9月8日(土) ~16日(日)までのご宿泊:8月20日(月)より当選通知開始
【注】当選辞退が発生した場合は、繰り上げ抽選を行い、当選通知を行う場合があります。
【注】お申し込み後のキャンセルが発生した場合は、同サイトにて一般販売を行う場合があります。


〇劇場公開作品「未来のミライ」について

小さな庭から時をこえる旅へ― それは、過去から未来へつながる、家族と命の物語
スタジオ地図が贈る細田守監督最新作

上白石萌歌 黒木華
星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子
役所広司 / 福山雅治
監督・脚本・原作:細田守 オープニングテーマ・エンディングテーマ:山下達郎
企画・制作:スタジオ地図 (C)2018スタジオ地図

7月20日(金)ロードショー
http://mirai-no-mirai.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング