沖縄県東海岸のリゾートライフを提案する宿泊施設「HIDEOUT OKINAWA URUMA(ハイドアウト・オキナワ・ウルマ)」2018年7月27日(金)より開業。

株式会社ベストウェイ

7月28日(土)は開業を記念したパーティを HIDEOUT GARDEN にて16時から開催します。沖縄のクリエイターやデザイナーとコラボレートしてつくりあげた空間をお楽しみください。

株式会社ベストウェイ(本社:東京都目黒区 代表取締役 黒田 史郎 以下、当社)は、2017年11月20日設立のグループ新会社 琉球ベストウェイ株式会社(本社:沖縄県那覇市)と共に「RELAXING EAST OKINAWA」をコンセプトとする宿泊施設 HIDEOUT OKINAWA URUMA(所在地:沖縄県うるま市石川東恩納1710-1)を開業します。私たちが大切にしている「暮らすように旅をする」という思想哲学が随所に活きたプロジェクトになりました。


HIDEOUT OKINAWAURUMA

3つの運営理念について



「ユーザーファースト」であること



HIDEOUT OKINAWA URUMA はフルサービス型のホテルではなく、お客様自身が創造的に過ごすためのコンドミニアムスペースです。私たちは宿泊されるお客様が快適に過ごせるように「フレンドリーサービス」を心がけています。例えば、セルフチェックイン制度の導入、部屋のキッチンを最大限活用してもらうための食材配達サービス(※有料)、少ない荷物で長期滞在するためのランドリー設備など。これにより、オペレーションに多くの時間を費やす従来型のサービスではなく、お客様同士・お客様と近隣住民・お客様と沖縄県民・お客様とスタッフなど、お客様と〇〇を繋ぐコネクターとして機能するための「フレンドリーサービス」が可能となります。もちろん、プライベートを重視したいお客様へは交流が邪魔にならない様に配慮をするなど、程よい距離感も保ちます。「おもてなし上手な沖縄の友達の家に招待された感覚」で滞在を楽しんでもらえたら幸いです。私たち HIDEOUT OKINAWA URUMA のスタッフは、世界中からいらっしゃるお客様を「一人ひとりの大切な友達」として迎え入れ、お付き合いさせていただくことを約束します。




「ローカルファースト」であること



私たちは沖縄県うるま市石川の地域に根差した宿泊施設として「沖縄のライフスタイルに寄り添うこと」からスタートしました。在沖縄米軍ファミリー向けのアットホームな高級住宅街に隣接する HIDEOUT OKINAWA URUMA は共用部をいつでも近隣住民に開放しています。エントランスのバースペースで語らう時間を楽しんだり、裸足で走り回れるボタニカルガーデンで子供と戯れたり、アートが施された美しいプールで波の音に包まれたり。ローカルとビジターの境界線をシームレスにつなぎ、自然な交流が生まれる HIDEOUT OKINAWA URUMA で過ごす時間は、きっとかけがえのないものになる事でしょう。




「コミュニティファースト」であること



うるま市全体に目を向けてみると実に多くのクリエイターが暮らしています。HIDEOUT OKINAWA URUMA は「文化的情報の発信基地」になることをゴールにしました。私たちは、お客様にはカジュアルでリラックスした沖縄時間を存分に楽しんでもらいたいという想いから、なるべく地域のインディペンデントなショップと共に部屋のコーディネートを行いました。丁寧にリペアされた米軍払い下げのアイテムたち、世代を受け継いできた60年代のビンテージランプ、おおらかで座り心地の良いアメリカンファニチャーなど。大手資本からインディペンデントへ取ってかわる波が顕在化した今だからこそ、私たちは「スタンダードライフ」にこだわりました。

HIDEOUT OKINAWAURUMA Logo designed by MHAK


ロゴについて
HIDEOUTのシンボルツリーは樹齢150年のオリーブ。尖ったオリーブの葉は、風水では「邪気をはらう」効果があると言われ「平和」や「安らぎ」をもたらす平和の象徴として親しまれています。150年という時を超えてスペインからゆっくりと船でやって来たオリーブをモチーフにしたロゴはアーティストのMHAK氏に制作してもらいました。曲線で構築し反復する有機的な彼独自のモチーフ(通称モコモコ柄)は、宿泊者専用プールにも描かれています。

HIDEOUT POOL
MHAK as Masahiro Akutagawa
MHAK について
1981年會津若松生まれのペインター。デザイナーズ家具や内装、様々な空間に影響を受けたことから絵画をインテリアの一部として捉え、「生活空間との共存」をテーマに内装壁画をメインとした制作活動を行う。空間と絵画を共存させることは絵画そのものを雰囲気として認識させる必要性があると考え、抽象表現にこだわったスタイルを追求し、曲線で構築し反復する独特なスタイルを造り上げた。その独特なスタイルで個人邸やホテルなど数々の内装壁画を手掛ける一方、生活空間と共存するパネル作品の制作活動も行い、自身初の個展をアメリカ・ポートランドで開催。この個展を皮切りに国外での活動も視野に入れた活動を開始。これまでにアメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス・ポートランド)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、オーストラリア(シドニー・メルボルン)、ミラノ、北京で作品を発表。また東日本大震災を期に故郷である福島でのアート活動も勢力的に行っている。故郷の伝統工芸や観光地とのコラボレーション、クリエイティブ集団『81BASTARDS』の一員などその活動は多岐に渡り、独時な世界観を拡げ続けている。


交通

「HIDEOUT OKINAWA URUMA」は県道255号が近く石川ICまで車で約10分。沖縄自動車道 石川ICよりわずか10分です。主要道路へのアクセスも便利で、南北への移動もスムースです。また、東洋一の長さを誇るドライブスポット「海中道路」へもアクセスが簡単です。

・那覇空港より車で約60分
・石川曙カフェストリートまで車で約7分
・サーフポイント昆布ビーチ(天願)目の前
・幸喜ビーチまで車で約35分
・ビオスの丘まで車で約18分
・海中道路まで車で約30分

住所

〒904-1111
沖縄県うるま市石川東恩納1710-1
※お使いのカーナビの機種によって、間違ったルートに設定される場合がございます。
お車でお越しの際は「かりゆしコンドミニアムリゾートうるま」もしくは「沖縄県うるま市石川東恩納387-2」にご設定ください。

お問合わせ

・お電話 
098-963-0600

・WEB 
http://hideoutokinawa.com

・Instagram
https://www.instagram.com/hideout.uruma/
@hideout.uruma

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング