被災地の地域課題に取り組む担い手に向け、ファシリテーター育成の研修(復興庁主催)を実施

エイチタス株式会社

エイチタス代表の原亮が講師として、共創型ファシリテーションの技術を地域へ展開する初の講座開催へ

エイチタス株式会社(東京都千代田区/代表 原亮、小澤剛、以下、当社)は、「被災地の地域課題に取り組む人のためのファシリテーター育成研修」(復興庁主催、以下、本研修)の実施に携わり、基礎から応用、演習までを学ぶ計7時間の速習コースを開催します。本研修は、9月4日より東京・仙台・郡山で順次開かれ、講師には、共創型のファシリテーションで全国随一の実績を持つエイチタス代表の原亮が登壇します。


本研修は復興庁「平成30年度地域づくりハンズオン支援事業(共創イベント型)」の中で開催されるもので、東日本大震災の被災地の地域課題の解決に取り組む自治体やNPO等の団体職員、復興・創生に向けた活動に従事する個人や団体スタッフ等が参加対象となります。

平成29年度復興庁事業による共創イベントの様子。エイチタス原がファシリテーターを務めた。
地域の課題解決の担い手となる人々が、課題解決場の効果を高めるために、共創型のアイデアとつながりの創出を継続的に行えるよう、全国随一のファシリテーター実践経験を持つ当社代表の原亮が講師となり、数百件の実践から語られる事例解説、肌で覚えられる実戦感覚や具体的なテクニック、地域で使える極意と共創ワークの企画づくりといった、基礎から応用、演習までを網羅したプログラムを展開。地域課題を解決に導く力を養う場を提供します。

※本研修におけるファシリテーターとは「当事者たちが目的に沿った合意に向かうための対話のプロセスを設計・促進するべく、会議の場を設定し、意見の引き出しや絞り込みを支援し、合意形成へ導く役割を担う人」を指します。

<推薦の声>
独立行政法人 中小企業基盤整備機構 経営支援部人材支援グループ
参事(TIP*S担当) 岡田 恵実様
原さんの場づくりには、人が共創の楽しさにワクワクし、アクションしたくなる秘密があります。この機会に学んで、地域の課題解決に役立てましょう!

特定非営利活動法人 せんだい・みやぎNPOセンター
代表理事 渡辺 一馬様
どのようなテーマ&参加者でも、解決策を引き出すファシリ術が見事です。みなさんも、原さんの技に触れて下さい!

公立大学法人 会津大学 産学イノベーションセンター
准教授 藤井 靖史様
地域にはもっとファシリテーションが必要だ。会議をしている全ての人が対象です!原さんのメソッドをみんなで盗もう!

国際大学GLOCOM
准教授・主幹研究員 庄司 昌彦様
原さんのファシリテーションは、地域の老若男女・十人十色の考え方を引き出し、柔軟に組合せ、みんなでまとめていく力を持っています。

※本研修修了者を対象に、復興庁が開催する「Fw:東北Weekly」等で運営やファシリテーションに携わる実践型演習の機会をご提供予定です。詳しくは、本研修のプログラムの中でご案内いたします。

<参加者募集概要>
■開催日時・会場
第1回
日時: 2018年9月4日(火)10:00~18:00
会場:ちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区神田錦町3-21 5階)

第2回
日時:2018年9月11日(月)13:00~17:00、12日(火)9:30~12:30
会場:山口ビル貸会議室FLAT(仙台市青葉区一番町1-1-31 山口ビル5階)

第3回
日時: 2018年9月18日(火)13:30~18:30、19日(水)10:00~12:00
会場:市民交流プラザ(福島県郡山市駅前2-11-1 ビッグアイ7階)

■応募対象者:東日本大震災の被災地の地域課題の解決に取り組む以下の方々
・自治体NPO等の団体職員
・復興・創生に向けた活動に従事する個人、団体スタッフ
・復興庁実施事業の支援対象団体職員
*事前申し込みが必要です。
*上限に達した場合、締め切らせていただく場合がございます。予めご了承ください。

■募集人数: 各回15名
■参加費: 無料 *会場までの交通費等、来場にかかる費用は各自負担となります。
■応募方法: メールでご応募ください。
件名を「ファシリテーター育成研修」としていただき、必要事項ご記載の上、下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
▼記載事項
1.ご氏名、2.ご職業、3.ご連絡先(電話番号とメールアドレス)、4.参加会場、5.受講理由(なぜ被災地の地域課題に取り組むのかを含め200字程度)

▼申込先メールアドレス
fwtohokuhandson-nes@nes.jp.nec.com

■本イベントに関するURL :
第1回(東京) https://www.facebook.com/events/305221280024609/
第2回(仙台) https://www.facebook.com/events/1792205050857621/
第3回(郡山) https://www.facebook.com/events/313683046066119/

■参加決定のご連絡: 事務局より応募時に登録したメールアドレスへのご連絡をもって決定します。
■お問い合わせ先: ファシリテーター育成研修開催事務局(NECソリューションイノベータ株式会社内)
TEL 03-5569-3278 E-Mail fwtohokuhandson-nes@nes.jp.nec.com

<開催概要>
■主催: 復興庁
■講師: エイチタス株式会社 原 亮
■目的:東日本大震災の被災地で地域課題の解決に取り組む方々を対象に、共創型のアイデアとつながりの創出を、自ら地域で継続的に実施できる手段として、「ファシリテーター」の能力をもつ担い手を育成することを目指します。

■プログラム:基礎から応用、演習による合計7時間の速習プログラム(予定)
【講義】地域での共創ワークの事例解説(30分)
平成29年度 復興庁「共創力で進む東北プロジェクト」で行われた共創イベントのほか、全国の地域で行われている共創型ワークの事例紹介と解説を行います。

【演習】共創ワーク(ミニアイデアソン)体験(90分)
共創型のワークで行われている「アイデアソン」を実際に体験します。

【講義+演習】共創ワークの設計術(90分)
アイデアソンなどのワーク開催による共創の場づくりを設計する際に必要なノウハウを学びます。

【講義+演習】共創ワークとファシリテーションのテクニック(90分)
共創型のワークを実施する際のテクニックを、ファシリテーションスキルとあわせて学びます。

【演習】共創ワークの企画づくり演習(120分)
実際にご自身が取り組んでいる地域・領域をテーマに、共創型のワークの企画づくりにチャレンジします。
※プログラムは、変更になる場合があります。

■講師紹介
原 亮(エイチタス株式会社 代表取締役)
地域の課題解決から企業の商品企画まで、つながりとアイデアを生み出す手法で共創を幅広くサポート。1次産業、観光、介護、防災、地域資源、スポーツ、ITなど、あらゆる分野で異分野間・地域間の連携の場作りを、多数手掛け、復興庁事業をはじめ、アイデアソン・ハッカソンを中心とする共創ワークの実践歴は数百件に及び、東北6県でも多数の開催実績を持つ。現在は東北(仙台)と東京の2拠点生活。
著書:「技術と法律」(共著/2018/インプレスR&D)、「アイデアソン!」(共著/2016/徳間書店)他、著書多数

<復興庁発信資料>
平成30年度地域づくりハンズオン支援事業(共創イベント型)によるファシリテーター研修を開催します
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-13/20180814124213.html
被災地の地域課題に取り組む人のためのファシリテーター育成研修開催フライヤー
http://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat1/sub-cat1-11/2018/20180814_hands-on_facility-training_flyer.pdf

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング