六甲山スノーパーク 10月18日(木)いよいよ雪づくり開始!~関西エリア最速オープン~

阪神電気鉄道株式会社

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲山スノーパークは、11月17日(土)に今シーズンの営業を開始します。オープンに向けて、10月18日(木)から、雪づくり(造雪作業)を開始します。


当園は、幼児から大人、未経験者からベテラン、更には初めて雪を見るアジア圏からの訪日外国人旅行者の方
たちまで、幅広くウィンターレジャーを気軽に楽しんでいただける「雪のテーマパーク」です。
今シーズンは、昨年に続き造雪システム(アイスクラッシャーシステム)による豊富な造雪量を活かして、関西
エリアでは最も早い
(弊社調べ)2018年11月17日(土)から2019年3月31日(日)まで計135日という
長期間
にわたり、ウィンターレジャーを楽しめます。

メインゲレンデ造雪作業の様子
■造雪作業について
製氷機から空気圧を利用してパイプを通し、ゲレンデに出雪します。毎日1~2山、合計約240tの雪山を、オープンまでに約50山造ります。オープン前日に雪上車で平らにならし、ゲレンデを造り上げます。メインゲレンデの造雪はプレート式ICS(アイスクラッシャーシステム)方式で行います。
【期間】 10月18日(木)~
【時間】 24時間出雪
※ 造雪作業は天候等により変更・中止する場合があります
【造雪量】 約7,200t

造雪開始から1か月後の様子
■プレート式ICS(アイスクラッシャーシステム)方式とは?
合計240枚の冷却プレートに水を垂らして氷の板を作り、
ホットガスを注入してプレートから氷の板を剥がします。剥がれた氷の板は、スクリューで砕氷機に運ばれるまでに3~4cmのサイズに分断され、最終的に砕氷機で1cm前後の大きさに砕き、雪を作ります。氷の板は2分毎に20枚ずつ作られます。このシステムでは、砕氷機で雪の大きさを調整できるため、天候や気温に適した雪を供給することができます。なお、10月18日(木)にはICSの内部もご覧いただけます。

メインゲレンデ
■関西エリア最速オープン(弊社調べ)
製氷機による豊富な造雪量を活かし、昨年に続き11月~春休みの期間中スキーやスノーボード、雪あそびをお楽しみいただけます。また、インバウンド団体向けには、桜観光とともに、六甲山で「雪あそび」の提案を行って参ります。
【営業期間】
2018年11月17日(土)~2019年3月31日(日)計135日間

【営業期間推移】
開始日 最終日 営業日数
2015~2016年度 12月 5日 3月21日 108日間
2016~2017年度 12月 3日 4月 2日 121日間
2017~2018年度 11月18日 4月 1日 135日間

スノイルキッズスクールの様子
■スノイルキッズスクール
幼児対象のスキースクール「スノイルキッズスクール」を今シーズンも引き続き開講します。スノイルキッズスクールとは世界で初めて、また世界で唯一特許を取得した「特許フリクションマット」を使用したレッスンプログラム「マジックレッスン」に基づいてレッスンを行います。
また、プライベートレッスンも導入しており、お客様の用途に合わせて受講いただけます。
【日 程】
12月22日(土)~ 03月31日(日)の毎日
※12/31(月)、1/1(火)は除く
フォトコンテスト イメージ
【時 間】
平日    :(1)10:30~12:30 (2)13:45~15:45
土日祝扱い日:(1)10:30~12:30 (2)11:15~13:15
(3)13:45~15:45 (4)14:15~16:15
【対  象】 3歳から6歳(未就学児)
【定  員】 1クラス最大7名まで
【料  金】 7,500円/1人
※ 入園料別途要
※ 教材代(スキー板、スキーブーツ、ヘルメット)を含む

■Instagramフォトコンテスト
六甲山スノーパーク内で撮影した写真や動画を、Instagramで、ハッシュタグ「#ゴーゴーロッコー」をつけて投稿することで参加できるイベントです。投稿された写真・動画作品は六甲山スノーパークのスタッフが期間終了後に審査・選定し、次年度のシーズンパスや、ウィンタースポーツグッズなどの賞品を贈呈します。

【六甲山スノーパーク 営業概要】
[営業期間]
2018年11月17日(土)~2019年3月31日(日)
※スノーランドは12月1日(土)より営業を開始します
※コンディション・イベント開催により営業を中止・内容を一部変更する場合があります
[営業時間]
月~木曜日 ※土日祝扱い日を除く  9:00~17:00(16:30受付終了)
金曜日、土日祝扱い日 9:00~22:00(21:30受付終了)
※スノーランドは9:00~17:00
※12月22日~3月10日の土日祝扱い日のスノーボード滑走可能時間は16:00~22:00
※11月中の営業時間は全日9:00~17:00
[入園料]
大人…中学生以上  小人…3歳~小学生
◆デイタイムチケット (9:00~16:30)
大人 2,100円 / 小人 1,050円 ※リフト料金別
※ナイター実施日は15:30まで
◆ナイターチケット (16:00~21:30)
大人 2,600円 / 小人 1,550円 ※乗り放題のリフト券付
(金曜日、土日祝扱い日)
※土日祝扱い日・・・土曜日・日曜日・祝日及び12月25日(火)~1月4日(金)

【この資料に関するお問合せ】
六甲山スノーパーク  広報担当
TEL:078-891-0366 / FAX:078-891-0757
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98
HP : https://www.rokkosan.com/ski/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/6266_b498e091f4503e06ce92fc342077b94cab58a180.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング