ショウナイホテル スイデンテラス 本日9月19日(水) 、グランドオープン!

YAMAGATA DESIGN株式会社

~建築家 坂 茂氏 が設計する世界初のホテル オープニングセレモニーを開催~

山形県庄内地方で街づくりを進めるヤマガタデザイン株式会社(山形県鶴岡市 代表:山中大介)は、本日、2018年9月19日(水)、山形県鶴岡市に「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(ショウナイ ホテル スイデン テラス)」をグランドオープンしました。これを記念し、オープニングセレモニーを開催し、鶴岡市の皆川治市長をはじめとする来賓とともに、テープカットを行い、開業を祝いました。(以下 、施設名称は「スイデンテラス」と略する)



テープカットに際し、ヤマガタデザイン 株式会社 代表 山中は、「私達よそ者を温かく迎え入れてくれた地域のみなさんに感謝しています。ここからがヤマガタデザインの新たなスタートです。」と地元地域の協力関係者である来賓者の方々に感謝のご挨拶とともに開業にあたっての意気込みを述べました。また鶴岡サイエンスパーク内にある慶應義塾大学先端生命化学研究所 所長 冨田勝氏にも「地方創生のモデルになることを期待しています。絶対に成功すると信じています。」と心強いお言葉のご挨拶をいただきました。



【概 要】
スイデンテラスは、庄内地方の街づくりベンチャーである弊社が、建築家の坂 茂氏の設計のもと、バイオベンチャーが続々と生まれ、地方創生のモデルとして注目を集めるサイエンスパーク内につくる宿泊滞在施設です。全143室ある客室はすべて木造で、四季折々で表情を変える田園に優しく浮かぶように建てられており、自然と調和した景観を作り出しています。

ライブラリ、ショップ、レストランがある共用棟は、パブリックスペースとしてご宿泊の方だけでなく地域にお住まいの方にも開放しています。また、ビジネスや研修などでご利用いただける会議室も9室設けています。今回のグランドオープンでは、源泉かけ流しの天然温泉とフィットネス施設のご利用が可能となりました。


施設概要


華美ではない、シンプルな美しさを追求した、木造ならではの温もりのあるお部屋です。「GASSAN」「HAGURO」「YUDONO」出羽三山の名称を冠する3つの棟には143部屋が配置され、寛ぎの広さを約束するダブル、ツイン、スイートタイプのお部屋と、団体で利用できるグループルームの計4種類をご用意しています。窓からは庄内平野の原風景や中庭など、趣ある景色を臨むことができます。



・レストラン FARMER'S DINING IRODORI
自社農場で収穫した無農薬野菜をふんだんに取り入れ、地産地消と素材の良さにこだわり抜いた、庄内の旬を味わえる料理を提供します。月山を望むオープンテラスを備えた開放的な空間の中で、お食事や飲み物を楽しんだり、地酒を取り揃えたバーで、夜のひと時を寛いだりすることができます。



ブックディレクターの幅允孝さんと弊社が「オトナもコドモ コドモもオトナ」をテーマに選んだ、1,000冊規模のライブラリです。自分を大きく見せることなく、相手を小さく見ることなく。この街に暮らす人、この街を訪れる人、みんなが等身大に出会えることを願い、オトナが自分の素に戻れるような本をセレクトしています。



「山形と庄内のオトナのお土産」をテーマに、ショップをご用意します。米どころ山形の厳選した地酒とおつまみ、地元のクラフト作家が丹精込めて作った雑貨、アクセサリーなど、オトナだからこそ楽しめる、山形と庄内の逸品を取り揃えます。



・スパ&フィットネス
木造のドーム状の温泉棟には、地下1,200mから汲み上げた源泉掛け流しの天然温泉とフィットネス施設を備えています。仕事や旅の疲れを癒やしリフレッシュできる場所となっています。半地下部分にあるフィットネスは、全身運動と持久系トレーニングを軸としたマシン機器を取り揃えています。



・ビジネスルーム
ビジネス会員及び会議室利用プランでご宿泊の方が利用できる小会議室(6人)中会議室(10人)応接室の9室の貸会議室を備えております。会議室には、東北芸術工科大学の学生や教員の絵画が展示されております。
また、隣接地には、鶴岡市の先端研究産業支援センターのレクチャーホール(300人収容)と大会議室(60人収容)があります。ビジネスや研修等でご利用いただけます。

施設概要
名 称     :SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE(ショウナイホテル スイデンテラス)
住 所     :山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣23-1
グランドオープン:2018年9月19日(水)
設 計     :坂茂建築設計
設備等      :環境に配慮し、ヒートポンプを設置 地中熱を空調や融雪に活用。
電気は、やまがた新電力が供給する再生可能エネルギーを利用。
客室数     :全143室
施設構成    :レストラン/バー、天然温泉、フィットネス、
         ショップ、ビジネスルーム(貸会議室 9室)
公式サイト   :https://www.suiden-terrasse.yamagata-design.com
決済方法     :クレジットカードによる事前決済 及び 現地での現金、クレジット決済


キッズドーム ソライ
本日9月19日(水) 、竣工!
~建築家 坂 茂氏 が設計 全天候型児童遊戯施設 11月1日グランドオープン~



山形県庄内地方で街づくりを進めるヤマガタデザイン株式会社(山形県鶴岡市 代表:山中大介)は、鶴岡市内で進めてまいりました全天候児童遊戯施設「KIDS DOME SORAI(キッズドームソライ)」の工事が完了したのを記念し、竣工式を、本日9月19日(水) に執り行いました。本施設では、10月1日から一般の方の無料体験(要予約)を開始し、グランドオープンは2018年11月1日を予定しています。

【施設概要】
この施設は、「子どもの本能と創造性が爆発する遊び場」をコンセプトに、地域の子育て環境を充実化させるべく民間の街づくり会社である当社がつくった児童遊戯施設です。建物の設計は、建築家の坂 茂氏が行い、県産のスギ、カラマツを使ったドーム状の大屋根が特徴です。屋内にある「アソビバ」には、高さ6mの屋根まで張り巡らせたネット遊具や、木製のバンクなど独自に作り上げた空間は、大人も童心にかえり子どもと一緒に遊びたくなるつくりになっています。また、「ツクルバ」では、常時1000種類を超える素材とハサミやのりなどのベーシックなものから3Dプリンターやレーザーカッターにいたるまで200種類の道具を備えており、子どもたちは好きな素材と道具を選んで幅広い種類の工作やアートを体験できるようになっています。ソライでは、庄内地方の企業やサイエンスパークの研究者、学生などと協力して地域が地域の子育てをする環境を整えていきます。

施設名称:KIDS DOME SORAI
所在地 :山形県鶴岡市北京田字下鳥ノ巣6-1
敷地面積: 約14,400平方メートル
延床面積 :約2,000平方メートル
構 造  :地上1階 地下1階 RC造 木造屋根(県産のスギ、カラマツのLVL133㎥を使用)
総工費  :約12億円
設備等  :環境に配慮し、ヒートポンプを設置 地中熱を空調や融雪に活用。
      電気は、やまがた新電力が供給する再生可能エネルギーを利用。
テナント : Spiber株式会社 企業主導型保育施設「やまのこ保育園」
設 計  :株式会社 坂茂建築設計
施 工  :サイエンスパーク特定建設工事共同企業体
景観設計 :オンサイト計画設計事務所
着 工  :2017年8月31日
開 業  :2018年11月1日
公式WEB :https://sorai.yamagata-design.com/



ヤマガタデザイン株式会社
代表取締役
山中大介(やまなか だいすけ)

【略 歴】
1985年 東京都出身。
慶應大学卒業後、慶應義塾大学環境情報学部に入学。大学卒業後は三井不動産に就 職し、郊外型大規模商業施設の開発・用地取得などを担当。
8年勤続後、親友の父親である慶應義塾大学先端生命科学研究所の冨田 勝所長が語る「サイエンスパーク」に興味を持ち、2014年に初来鶴。同年6月、家族と共に移住しバイオベンチャーのSpiber株式会社に入社。2ヶ月後の8月、ヤマガタデザイン株式会社を資本金10万円で設立。現在、「庄内を世界で一番幸せな場所に」するべく分野横断的な街づくりのプロジェクトを推進中。


<ヤマガタデザイン株式会社 会社概要>
山形庄内で次世代に繋ぐ街をデザインすることをミッションとする、地域主導の街づくり会社。
代表者 :代表取締役 山中大介
所在地 :鶴岡市覚岸寺字水上 246 番地2
設 立  :2014年8月
資本金等:22億8200万円(うち資本準備金10億9100万円)
事業内容:
ヤマガタデザイン株式会社は、2014年に鶴岡北部サイエンスパークの不動産開発運営会社として設立。
その後、庄内地域の企業からの出資を基に事業領域を拡大し、現在は、庄内エリア全体をデザインする
街づくり会社として「ホテル」「全天候児童施設」「カフェレストラン」「農業施設」「ウェブメディア」「集合住宅」など分野横断的な事業を展開。庄内地域で約75億円の事業を生み出している。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング