日本の伝統工芸とフランスのエスプリのマリア―ジュ「ジャポニズム~エマニュエル・サマルティーノが紡ぐフランスのエスプリと日本の伝統美~」

株式会社 三越伊勢丹ホールディングス

●2018年10月31日(水)~11月6日(火) ●伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5

日仏友好160周年を記念して、フランスのトップメイクアップアーティストであり、有名フローリストでもある Emmanuel SAMMARTINO(エマニュエル・サマルティーノ)氏が、日本の伝統工芸品である、鎌倉彫と西陣織をアートディレクションし、日本の伝統工芸の新たなスタイルをご提案いたします。



アクセサリーブランド「Matsuyoi(待宵)」からは、日本の伝統工芸の中でも屈指の歴史を持つ京都⻄陣織のKYOGO社が、今回のために特別に織った美しく繊細な生地を使用して、作家の原田諭起子氏が制作した、斬新なコサージュをご紹介いたします。コサージュのコンセプトは「そこにしか咲かない花。存在しない花」で、商品名は「Primaflora(プリマフローラ/初咲花:ういざきばな)」とサマルティーノ氏によって名づけられました。


原田 諭起子氏略歴
株式会社松なみの代表取締役でアクセサリーブランド『Matsuyoi 待宵』の作家。「日本の美」をテーマに、日本の着物や国内外で買い付けたアンティーク・ビンテージを合わせ、独特の世界観を持つアクセサリーを制作。さまざまなジャンルのアーティストにヘッドドレスやコサージュなどを提供している。

約800年の伝統を誇る鎌倉彫の老舗、二陽堂がリリースする新ブランド「niyodo design」からは、ブランドデザイナー三橋鎌幽氏とともに、鎌倉時代より継承する技を使い、フランス文化を取り入れた美しい作品を多数ご紹介いたします。フランス伝統のオートクチュール刺繍を使ったクラッチバッグ(Sirène とのコラボレーション商品)、他にもサマルティーノ氏とコラボレーションしたペンダントもご紹介いたします。


三橋鎌幽氏略歴
鎌倉時代より続く、仏師の血筋で、二陽堂の後継者。禅宗寺院出入りの職方として、仏具・茶道具制作を中心に、伝統的な感性を残しつつ、現代の感覚に沿った作品を世界に発信。鎌倉彫のモダニズムに挑戦している。


エマニュエル・サマルティーノ氏略歴
フランスモード界の第一線で活躍するメイクアップアーティストであり、顧客には、世界的デザイナーやフランスを代表する大女優、世界を代表する写真家などを多数抱える。また、2003年からパリの一等地サン・ジェルン・
デ・プレにて「ODORANTES paris(オドラント/芳香)」という名のフラワーショップをクリストフ・エルベ氏と共同経営する異⾊の経歴を持つことでも知られている。

日本初の「ODORANTES paris フラワー・アトリエ」も同時開催
伊勢丹新宿店では11月1日(木)、日仏友好160周年、本コラボレーションを記念し、サマルティーノ氏・エルベ氏が来日し、日本初の「ODORANTES paris フラワー・アトリエ」も同時開催予定です。
●11月1日(木) 10:30 - 14:00 デモンストレーション&ティータイム 限定40名 34,560円(税込)
15:30 - 19:00 レッスン(花材込)&ティータイム 限定25名 42,120円(税込)
●伊勢丹会館5階/伊勢丹マナビアイ「オトマナ」 ※詳細は下記のサイトをご覧ください。 https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/shops/living/park/shopnews_list/shopnews03.html
第1募集期間:募集中~9/25(火)20時 第2募集期間:10/4(水)~10/7(日)20時

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング