ケンコバが『たびレジ』登録推進大使に昇進!「ツーリズムEXPOジャパン2018」ケンコバ×外務省『海外安全対策劇場』

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

9月23日(日)、東京・東京ビッグサイトにて「ツーリズムEXPOジャパン2018」ケンコバ×外務省『海外安全対策劇場』が開催され、先日「夏休み『たびレジ』登録推進大使」に昇進したばかりのケンドーコバヤシと、安全対策ボーイズのインポッシブル、ネルソンズが登壇しました。



外務省の海外安全情報配信サービス『たびレジ』の登録推進のため、7月3日に「夏休み『たびレジ』登録推進書記官」の委嘱状が河野外務大臣よりケンドーコバヤシに交付されました。

漫画『ゴルゴ13』を敬愛する“ゴルゴ13芸人”でもあるケンコバは、以前から安全対策に対する意識が高く、従来より『たびレジ』を活用し、海外安全ホームページを読み込むなど、海外安全対策の重要性を理解しているだけでなく、「ゴルゴ13×外務省 海外安全対策マニュアル」と題した動画では河野太郎外務大臣と共に声優を務め、同マニュアルの強力な伝道者としても全力で取り組むなど、外務省が活動を行っているゴルゴ13の海外安全対策マニュアル広報にも貢献しています。

外務省では、海外旅行者が増える7月・8月を「夏の海外安全強化月間」としており、旅行者の安全に直結する『たびレジ』に 1人でも多くの方に登録していただくことが急務となっていたことから、ケンドーコバヤシが「夏休み『たびレジ』登録推進書記官」となり、8月末までのあいだ、さまざまな機会を通じて『たびレジ』を積極的に広報し、登録推進に努めました。

「たびレジ」をSNSで大きな話題にし、登録者数やいいねの数などを増やすことで、書記官から参事官(15万件)、公使(30万件)と順に昇進し、最終的には「夏休み『たびレジ』登録推進大使(50万件))を目指したケンコバ。その結果、見事8月31日に50万件を達成し、「夏休み『たびレジ』登録推進大使」に昇進となりました。

外務省領事局邦人テロ対策室長・上田氏より「ケンコバさんに『たびレジ』登録推進書記官として活動していただいたところ、なんと見事50万件に達し、大使に昇進されました!」と紹介されたケンコバは、「無理かなと思ってたんですけど、ギリギリ間に合ったみたいで、大使に昇進することができました。今までは商店街でも気軽に話しかけられてたんですけど、これからは話しかけにくくなるでしょうね。でも変わらず気軽に話しかけてください」とコメントし、笑いを誘います。

「昇進のお祝いにくす玉をご用意しました!」とMCが華々しく発表しますが、ケンコバはくす玉をひと目見て「ちっちゃ!」と一言ツッコミを入れます。しかし、「せーの!」の合図でミラーボールのような輝きのくす玉を割り、改めて「おめでとうございます!」と祝福されると照れくさそうに「ありがとうございます!」と笑顔で応えました。


続いては、安全対策ボーイズ(インポッシブル、ネルソンズ)による海外安全対策劇場がスタート。

最初はインポッシブルによる「スリ編『ケチャップ強盗編』」。一人旅でテンションの上がっている女性(井元)が街を歩いていると、いかにも悪だくみをしていそうなあやしい男(蛭川)が、手に持っていたホットドッグを通りすがりに女性にぶつけてしまいます。女性がケチャップまみれになった服を見て気が動転しているスキに男はまんまと女性の財布を盗み……。


寸劇が終わると、ケンコバも「ホットドッグの他にもソフトクリームとかペンキとか、いろんなパターンがあるらしいんで気をつけてくださいね」と呼びかけます。

続いてネルソンズによる「置き引き編『ビュッフェレストランにて』」。カップルで旅行に来た2人が、高級店だから大丈夫だと油断してカバンを席に置いたまま料理を取りに行き、戻ってくるとすでにカバンはなく……。カバンを取られただけでなく、カップルも険悪なムードになってしまいます。ケンコバも「こんな風に海外でも日本人はカバンを置いたまま席を離れがちですけど、これ、いちばん危ないですからね!」と警告します。


最後は2組合同での「窃盗編『ホテルでの被害』」。失恋の傷を癒すため、傷心旅行に来た男(和田)がホテルの部屋にいると、コンコンとノックの音が。「水道工事です」というので開けたところ、強盗がピストルを持って立っており……。かわいそうな傷心の男はその後も立て続けにいろんな形でだまされ、強盗から次々と金品を奪われていくのでした。


ラスト、ミュージカル調に踊りながらアクロバティックな動きを見せ、去っていく安全対策ボーイズに「今ので内容飛びましたね」と苦笑しながらも、「こういうときは、ドアチェーンを必ずかけて、向こうが『電気工事です』とか言ったら、それが本当かどうかをフロントに電話して確認することが大切です」と安全対策を適切に解説していました。


「『安全対策マニュアル』を読んでおくだけでもいざという時違いますんで、ぜひ『海外安全 虎の巻』や海外安全ホームページを読んでみてください」とケンコバが呼びかけると、上田氏も「大事なことは情報収集と『たびレジ』の登録です。旅行の前には海外安全ホームページなどで情報を収集し、たびレジに登録して、安全で楽しい旅行をしてください」と呼びかけました。


普段から安全対策を怠らないというケンコバ。参考にしているのはやはり『ゴルゴ13』だそうで、「レストランでも“入口が見える場所に座る”とか、いろいろあるんですよ。常にそこまで気にしてます。だから僕はオープンカフェなんてありえないですね」と用心深さを見せていました。また先日アメリカに旅行に行った際にも『たびレジ』で地域の停電情報を知ることができ、役に立ったと報告しました。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング