【広島】「オートテストin備北丘陵公園」でJAFが参加者にモータースポーツ国内Bライセンスを発給!

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】

オートテスト見学者にも会員証提示で特典あり





一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)広島支部(支部長:岡本 精二)は、国営備北丘陵公園(広島県庄原市)で開催される体験型モータスポーツイベント「オートテスト」で参加者にモータースポーツ国内Bライセンスを発給します。
オートテストは免許証をお持ちの方なら誰でも参加できる入門競技です。ヘルメットやグローブは不要で、マイカーで気軽に参加できます。広島県内では9月に2回開催し、いずれも定員を超える申込のある人気のイベント。
そして、このオートテストに参加することによって「モータースポーツ国内Bライセンス」を取得することができ、ジムカーナやダートトライアルなどJAF公認の様々なモータースポーツ競技にエントリーが可能になります。申請は会場に設けられたJAFブースで受け付けます。(別途申請料3,100円が必要)

また、当日はオートテスト参加者以外の方にも、JAF会員証の提示で備北丘陵公園グッズがもらえる特典を準備。交通安全クイズに答えて、その場で撮った写真・生年月日が入った本物そっくりの「JAF子ども免許証」の発行、県内の自動車販売店の協力によりサポカー体験会も実施します。
さらに、この日は国営備北丘陵公園の無料入園日。お気軽にオートテスト会場にお立ち寄りください。



【オートテスト概要】
・開催日時
2018年10月14日(日)
12:30~16:00
・開催場所
国営備北丘陵公園 第5駐車場(庄原市三日市町4-10)
・参加費用
JAF会員3,000円、一般3,500円、女性は各500円引き
・参加者
申込者数41名(10/4現在:締切済み)
・告知内容
https://jafevent.jp/event/1808_34_008_0.html
・参加資格
普通免許所持の方
・その他のイベント(12:30~16:00の間に実施 参加無料)
JAF会員証提示で備北丘陵公園グッズの引き換え
JAF子ども免許証の発行
サポカー体験会の実施

※オートテストは2015年から始まったモータースポーツ競技で、誰でも気軽に参加できるのが特徴。ジムカーナよりも狭い場所でも開催可能で、ライセンスやヘルメット、グローブなどの装備も不要。
・オートテストについて詳しくはこちら http://jaf-sports.jp/autotest/
・モータースポーツライセンスについて詳しくはこちら http://jaf-sports.jp/license/overview.htm

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング