【アパレル×ホテルのコラボでサスティナブルを拡大】カンボジア発のライフスタイルブランド「SALASUSU」国内初の常設店舗、「KIKKA (キッカ) 店」を10月にオープン

特定非営利活動法人SUSU

 “ものづくり”を通じて途上国の人材育成に取り組む特定非営利活動法人SUSU(代表:青木 健太)が展開するライフスタイルブランド「SALASUSU(サラス―スー)」は、ブランド初となる常設店舗を、東京・東神田のホステル「KIKKA (キッカ)」内に、10月15日(月)にオープンします。




◆国内初の常設店舗をサスティナブルな体験を提供するホテル内にオープン
「SALASUSU」は、カンボジア発のライフスタイルブランドで、経済的・家庭的に困難な背景をもつ女性を作り手として現地で採用、安定的な雇用環境と自立した生活を送れるようライフスキル教育を提供するなど独自の制度で支援・サポートしています。
2018年3月より全国各地の百貨店等で期間限定ショップの展開を進めており、この度、ブランド初となる常設店舗を、宿泊を通してサスティナブルな体験を提供するホステル「KIKKA(キッカ)」内にオープンしました。

◆組織・業界の垣根を越えて持続的な社会貢献活動を拡大
KIKKAは、宿泊・飲食やイベントスペース利用等に応じて、アフリカ・アジアの子ども達に給食を届ける認定NPO法人「TABLE FOR TWO( http://jp.tablefor2.org/)」へ寄付する仕組みを構築するなど、無理なく社会貢献できる仕組みを構築しており、スタッフが施設内に使用するアイテムにもSALASUSUの各プロダクトを採用していきます。今後もNPOと企業、業界の垣根を越えて、持続可能な社会貢献活動の拡大を目指していきます。

◆カンボジアならではの素材や手作りの温もりを活かした商品を展開


      <HOLIDAY TOTE>


    <TRAVEL SACOCHE>


    <CAMBODIA KRAMA – SHIBO>
※イメージ写真となります。

店舗では、キャンバス生地にカンボジア国産の天然素材・いぐさをワンポイントに取り入れたトートバッグ「HOLIDAY TOTE」や、手で丁寧に織られた綿100%のストール「CAMBODIA KRAMA – SHIBO」などの商品を取り揃えています。

◆店舗概要


店 舗 名:SALASUSU KIKKA店
オープン:2018年10月15日(月)
場 所:「KIKKA」1Fロビー内
営業時間:7:30 ~23 : 00
住 所:東京千代田区東神田1-3-3
電話番号:03 - 5823 - 4939


◆SALASUSU(サラス―スー)とは
SALASUSUは、「ものづくりを通したひとづくり」を活動コンセプトに人々のエンパワメントに取り組むブランドです。カンボジアのシェムリアップから35kmほど離れたクチャ村に独自の工房をもち、経済的・家庭的に困難な背景をもつ女性を工房の作り手として雇用しています。安定した収入とともに、彼女たちが自身と誇りを培い、人生をより前向きに生きられるようにサポートしています。


<SALASUSU商品イメージ>


<ライフスキル教育イメージ>

SALASUSUでは、社会的・経済的に恵まれない人々がぶつかる障害の多くが、ライフスキル教育を受けられていないことに原因があるという考えから、日々の業務時間の一部を作り手のライフスキルトレーニングに充てることで、職業訓練とライフスキル教育の両立を行っています。
また、トレーニング内容の開発・発展を継続して行っており、工房の枠を越えて、カンボジア政府や学校、企業やNGOに対してライフスキル教育を提供しています。
公式 HP:https://salasusu.com/


◆KIKKA概要



施 設 名:KIKKA(キッカ)
運 営:株式会社7garden
住 所:東京千代田区東神田1-3-3
客 室 数:ドミトリー60 室、個室16 室
公式 HP:https://seven-garden.com/ja/hotel/kikka


◆団体概要



団 体 名: 特定非営利活動法人SUSU(スースー)
代 表:青木健太
活動拠点:日本 (本部:東京・恵比寿)、カンボジア/シェムリアップ
事 業:エシカルファッションブランドSALASUSUの生産・販売
ライフスキル教育を雇用を通じ提供する学校運営
企業・官公庁へのライフスキル研修の提供
従業員数:95名(※2018年9月現在、海外スタッフ含む)
公式 HP:https://salasusu.com/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング