グンゼ博物苑の来苑者数が15万人を突破 あやべグンゼスクエア 綾部バラ園「秋のバラ展」が10月20日から開催

グンゼ株式会社

 グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)の創業の地、京都府綾部市にあるグンゼ博物苑が10月10日、来苑者数15万人を達成しました。1996年に開苑し、一昨年に10万人を超えて以来、わずか2年間で15万人に達しました。2014年には敷地内にあやべグンゼスクエアがオープン、2016年にはグンゼ博物苑のリニューアルがあり、来苑者は年々増加しています。ハロウィンやバラまつりなど季節のイベントをはじめ、当社の創業者である波多野鶴吉のオリジナル紙芝居を実演するなど、地域の行事や企業視察などにも役立てていただいています。


バラまつり開催中のバラ園10月10日、来苑15万人目のお客さまに記念品をプレゼント
紙芝居「波多野鶴吉物語」実演の様子
「秋のバラ展」を開催
 あやべグンゼスクエア内の綾部バラ園で、「秋のバラ展」(主催:綾部バラ会)を10月20日から開催します。秋のバラは春に比べると色鮮やかで香りが濃厚なのが特長で、同園では120種類、1,200本のバラが市民ボランティアによって管理、整備されています。バラ展期間中は手作り市などが開催されるほか、隣接するあやべ特産館ではバラの苗や肥料を販売します。

■「秋のバラ展」概要
期間:10月20日(土)~11月中旬 9:00~17:00 ※11月5日(月)まで無休、以降火曜定休
会場:綾部バラ園 京都府綾部市青野町(あやべグンゼスクエア内)
料金:無料

■イベント予定




以上

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング