『仮想通貨実務家協会』第1回オープンセミナー 11月19日(月)開催!片岡総合法律事務所の片岡先生、高松先生をお招きし講演を行います。

一般社団法人仮想通貨実務家協会

『仮想通貨取引に望まれる法的インフラとその整備を阻むもの』をテーマに講演を行います。

仮想通貨実務家協会(東京都中央区、代表:平川 茂)は、中央大学駿河台記念館(東京都千代田区)にて『仮想通貨取引に望まれる法的インフラとその整備を阻むもの』をテーマに、オープンセミナーを11月19日(月)に開催いたします。



【開催概要】
・日時 :2018年11月19日(月)18:00~20:30(開場17:30)
・会場 :中央大学駿河台記念館(東京都千代田区神田駿河台3-11-5)
・参加費:会員:3,000円/一般の方:10,000円

【講師紹介】


片岡 義弘
片岡総合法律事務所 / 弁護士

銀行、信託、証券、貸金、クレジット、電子マネー、仮想通貨等あらゆる国内金融法務を手掛け、訴訟理論・実務にも強みを持つ。東京弁護士会金融取引法部 事務局長、法務省・大蔵省抵当証券研究会 特別委員、大蔵省プリペイドカード研究会委員、大蔵省電子マネー及び電子決済の環境整備に向けた懇談会 特別委員、中央大学法科大学院客員教授、法政大学法科大学院 兼任教授、J-REIT監督役員、地方銀行 社外監査役等を歴任。 2015年・16年のBest Lawyers in Japan で Banking and Finance Lawと Structured Finance Lawの2分野でBest Lawyersに選ばれた。
近時の執筆に「ブロックチェーンと仮想通貨をめぐる法律上の基本論点」『ブロックチェーンをめぐる実務・政策と法(久保田隆編・中央経済社・2018年)所収』など多数。



高松 志直
片岡総合法律事務所 / 弁護士
金融機関、信託、流動化取引等の金融法務を中心とする企業法務全般のほか、決済法務(クレジット・電子マネー・送金取引等)、情報関連法務(個人情報・マイナンバー)を手がけている。
これらの業務の流れを受け、直近では、ブロックチェーン及び仮想通貨に関するアドバイスも多数実施している。



酒井 克彦
中央大学商学部教授 仮想通貨実務家協会顧問
租税法研究者。国税庁において税務の審理や教育に携わる。国士舘大学法学部教授などを経て、2014年より現職。現在、中央大学商学部教授として、学部のほか大学院やロースクール等でも教鞭をとる。日本税理士会連合会、日本公認会計士協会などのほか、税務大税務大学校や司法研修所、税関研修所などの政府研修機関でも講義を担当している。(社)アコード租税総合研究所、(社)ファルクラムの代表を務める。

【セミナーのお申込み】
下記URLの申込みフォームにて必要事項をご記入の上、お申し込みください。
https://goo.gl/NNej8F

【仮想通貨実務家協会について】
仮想通貨を取り巻く環境は、圧倒的な経済的成長とともに目まぐるしく変化し続けています。
これに伴って、仮想通貨を取り巻く業務における士業の実務の遂行はもちろんのこと、仮想通貨を用いたビジネスの遂行においても未知の問題が発生することは避けられません。

当協会は、このような仮想通貨を巡る種々の問題に対して、各種規制に真摯に対応した仮想通貨関連ビジネスを実現するためのコンサルティングと、これら要素に精通し柔軟な対応力をもってプロフェッショナルな実務を遂行できる専門家を育成することを目的として設立されました。

URL:https://www.j-cpa.org/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング