池袋・渋谷・福島・奈良の全国4箇所で開催決定!“地元でしか味わえない逸品”に出会える「みちのくいいもんうまいもん」が11/6(火)から西武池袋本店にて開催

みちのく いいもん うまいもんPR事務局

~東北3県のいいもんうまいもんの魅力で美味しく復興支援~

独立行政法人 中小企業基盤整備機構(略称:中小機構、本部:東京都港区、理事長:高田坦史)は、今年4箇所で開催となっている「みちのく いいもん うまいもん」を、西武池袋本店の11月6日(火)~11月12日(月)を皮切りにいよいよ各地順次開催します。昨年も期間中大盛況だった東北の逸品達が大集結する人気物産展「みちのく いいもん うまいもん」は、今年も更なる“うまいもん”を携えて、池袋で大盛り上がりをみせること間違いなし!東北の“うまいもん”を味わいに是非お立ち寄り下さい。





全41店鋪が大集結!!今年で開催5年目を迎える人気物産展が西武池袋本店で開催
注目スイーツは数量限定発売の宝石のような可愛らしい人気ゼリー「ゼリーのイエ」


「みちのく いいもん うまいもん 」は、東日本大震災で被災された中小企業·小規模事業者の方々の販路開拓を支援することを目的とした物産展です。平成29年に始まり、今年で5回目を迎える今回は、ネットでも完売続出で入手困難なレアスイーツとして話題の「ゼリーのイエ」が初登場!宝石のようなキラキラとした可愛らしさが女性に大人気です。初登場となる「みちのく いいもん うまいもん」西武池袋本店では、数量限定で発売します。また他にも、今年人気予想されている中で西武池袋本店に初出展となる宮城県の人気ジェラート、牧場カフェダイゴ「ざおうじぇらみる」など即完売必至のレアな逸品を是非この機会にお楽しみください。





高級食材「ふかひれ姿煮」や「うに貝焼き食べくらべ駅弁」など!
自慢の海の幸と美食が融合したイチ押し店舗が目白押し


気仙沼の誇りともいわれる“ふかひれ”や“うに”など、今年は「ふかひれ姿煮3枚入り 150g」(フカヒレイシワタ)や、ホッキ貝の貝殻にうにを盛付け蒸し焼きにした香ばしい“郷土料理うに貝焼き”に、いくらと蒸しうにをたっぷりとのせ、三種三様の食感を楽しめる「うに貝焼き食べくらべ駅弁」(アクアマリンパークウェアハウス)など高級食材が堪能できる美食が勢揃い!是非、東北ご自慢の海の幸をご堪能ください。





その場で”うまいもん”を味わえる「イートインコーナー」や食欲そそる実演販売も実施!
炭焼牛たん(宮城県)×からあげ(岩手県)×いかにんじん(福島県)の「3県食べ比べ定食」が登場


今年のイートインコーナーでは、宮城県仙台名物である牛タンの「厚切り牛タン焼」(炭焼牛たん東山)と岩手県の大人気唐揚げ「からあげ家奥州いわいのからあげ」、福島県のソウルフード「いかにんじん」(ももがある)のコラボ定食が登場予定です。またコラボ定食のデザートは、「ずんだ饅頭」(御菓子老舗ひろせ)、「南部せんべい」(盛岡せんべい店)、「柏屋薄皮饅頭こしあん」(柏屋)の3種類からお好きなものを1つお選びいただけます。さらに今年の実演販売では9店舗が実施予定で、会場を食欲そそる実演で盛り上げます。開催5年目を迎える今年の「みちのく いいもん うまいもん」は例年以上にみちのくの魅力を伝えるために、各企業の選りすぐりのみちのくの”おいしいもん”を皆様にお届けします。



【開催概要】
名称  :「みちのく いいもん うまいもん」
開催日程:2018年11月6日(火)~11月12日(月)10:00~21:00
     ※日祝:10:00~20:00、最終日12日(月):10:00~16:00
開催会場:西武百貨店 池袋本店 7階催事場(東京都豊島区南池袋1-28-1)

〈「みちのく いいもん うまいもん」について〉
東日本大震災で被害を受けた、岩手県·宮城県·福島県の中小企業·小規模事業者の販路開拓支援を目的に、
2014年度より毎年実施しており、今年で5回目の開催となります。
正式名称は「東日本大震災被災事業者販路開拓販売会事業」

【中小機構について】


中小企業基盤整備機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として様々な中小企業支援を行う経済産業省所管の独立行政法人です。全国9ヶ所の地域本部を拠点として、中小企業の事業活動の活性化に向け、創業や新事業展開、販路開拓、海外展開、セーフティネットを含む経営基盤の強化などの中小企業の様々な課題に対し、経営相談、研修、共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング