先端のアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする、アートと伝統が交差する唯一無二の展覧会!「PARCOのKYOTO展」開催決定!

株式会社パルコ

PARCOのKYOTO展

株式会社パルコは、11月22日(木)~12月3日(月)にて、パルコミュージアムにおきまして様々な分野で活躍するアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする、アートと伝統が交差する唯一無二の展覧会「PARCOのKYOTO展」を開催致します。 遥か昔から日本の都だった京都は、長い時が磨いた「モノ」や「ヒト」「コト」といった文化を育て、様々な名品や日本ならではの価値観を生んできました。本展は、最先端の感性の中心地TOKYO、そして伝統のものづくりの粋を極めるKYOTOを軸とし、次代へ継いでいく新しい伝統を創り出そうという試みです。 監修には、骨董からサブカルチャーまで精通し、雑誌・テレビなどで懐石料理や美術の監修構成、コーディネートなど著作活動を行う茶人、木村宗慎さんを迎え、京都の匠の技と伝統の心、そして現代の最先端の感性が融合した革新の世界へ、皆様をお招き致します。 「匠の技と伝統の心」と「現代の最先端の感性」が融合して、どんな革新が起こるのか?「進化する伝統」の世界を体験できる企画展、ぜひお楽しみください。



[タイトル]:PARCOのKYOTO展
[同時開催]:京都 SOUVENIR STORE※ストアのみのご入場は無料
[日程]:2018年11月22日(木)~12月3日(月)10:00~21:00
※最終日は18:00閉場 ※入場は閉場の30分前まで
[場所]:パルコミュージアム(池袋パルコ 本館7F)
東京都豊島区南池袋1-28-2 問)03-5391-8686  
[料金]:一般500円 / 学生400円 / 小学生以下無料
[主催]:パルコ
[企画制作]:パルコ / caruta / sora / UNICUM / らうらうじギャラリー
[協力]:グラフィック/ サビア / 村川美樹建築設計事務所 / 大久保畳店
[監修]:木村宗慎
[ビジュアルデザイン]:河村康輔
[会場デザイン]:浅野・出江建築事務所


展示概要


先端のアーティストたちと、京都のアルチザン(匠)たちがコラボレーションする、新しい京都のモノづくり“Neo京もの”!
●掛軸●漆器●真田紐●扇子●うちわ●和傘●茶室


参加ARTIST※五十音順


石川真澄 / 伊丹豪 / 今井トゥーンズ / 瓜生太郎&岩江圭祐 / OHGUSHI /
佐々木香菜子 / 澁谷忠臣&原聡 / 鈴木博雄 / チバコウタロウ /
丁子紅子&小林恵実子 / DAISY BALLOON / D.M.Z(河村康輔&ハマダラカ)/
七菜乃 / 福井利佐 / 牧かほり&南志保 / ミヤケマイ / RIBBONESIA
▲「獅子頭組紐呂宋壺」RIBBONESIA×京真田紐師江南



参加ARTISAN(匠)※五十音順


[京うちわ]阿以波 /[京真田紐]江南 /[京表具]典雅堂 /[茶室]中村外二工務店 /[京漆器]西村圭功漆工房 /[京和傘]日吉屋 /[京扇子]宮脇賣扇庵
作品は、一部を除きお買い求めいただけます。
また、ジークレープリントやオリジナル商品の販売も予定しております。


同時開催!京都 SOUVENIR STORE(入場無料)


京都の定番かわいいモノや最新のこだわり京モノをラインナップ。お見逃しなく!
風呂敷・手ぬぐい・ぽち袋・花名刺・和傘・透かし団扇・干菓子など、伝統工芸品や和雑貨の数々…
どこか乙女好きするキュートなデザインをセレクトして集めたスーベニイルコレクション。

井澤屋(和装小物)/ うね乃(お出汁)/ おはりばこ(つまみ細工和雑貨)/ 鍵善良房(落雁)/
京都徳力版画館(木版画製品)/ 香老舗松栄堂(お香)/ gonomi(西陣織小物)/ ゴンドラパステル(クレヨン)/今宵堂(酒器)/ 千總(和装小物)/ TOBIRA(クッキー)/ 内藤商店(箒)/ 天雲(漆器)/ Platz(座布団)/mashu(風呂敷)/ 丸久小山園(お茶)/ MIYAKE(鞄)/ 和詩倶楽部(ぽち袋)…他 (※五十音順、括弧内は代表商品)








展覧会監修


京都の伝統とは何か?それは革新の連続だ、と教えられたことがあります。
異なる「ヒト」「モノ」「コト」のせめぎ合いで生じる鮮烈な火花にきらめき。
伝統や格式は、だた留まり続けるだけでは磨かれることはありません。
最先端の感性を発信し続けてきた、「PARCO」と「KYOTO」。
二つ新たな出会い、どうぞご高覧の上、異論、反論お寄せください。
そのスパークが、きっと次の一手、新たな文化に。
木村宗慎


木村 宗慎(SOSHIN KIMURA)
茶人。1976年愛媛県生まれ。
神戸大学卒業。少年期より茶道を学び、1997年に芳心会を設立。
京都・東京で同会稽古場を主宰。その一方で、茶の湯を軸に執筆活動や各種媒体、展覧会などの監修も手がける。また国内外のクリエイターとのコラボレートも多く、様々な角度から茶道の理解と普及に努めている。2014年から「青花の会」世話人を務め、工芸美術誌『工芸青花』(新潮社刊)の編集にも携わる。現在、同誌編集委員。著書『一日一菓』(新潮社刊)でグルマン世界料理本大賞 Pastry 部門グランプリを受賞のほか、日本博物館協会や中国・国立茶葉博物館などからも顕彰を受ける。他の著書に『利休入門』(新潮社)『茶の湯デザイン』『千利休の功罪。』(ともにCCCメディアハウス)など。
日本ペンクラブ、日本文藝家協会 会員。
日本工芸産地協会 顧問。日本食文化会議 理事・運営委員長。




メディア関係者様向け内覧会のご案内


11月22日(木)の会期スタートに先駆けまして、下記日程にて関係者・メディア向けのレセプションを開催いたします。
ご来場にあたりましてはお手数ではございますが、下記よりフォーマットをダウンロード・ご記入の上、E-mailもしくはFAXにてご返信をお願いいたします。
https://prtimes.jp/a/?f=d3639-20181106-3436.pdf

日時:2018年11月21日(水) 18:00~21:00※入場受付20:30まで
会場:PARCO MUSEUM (池袋パルコ 本館7階)
〒171-8557 東京都豊島区南池袋1-28-2
※直接会場までお越し下さい。 ※館内では一般のお客様へのご配慮をお願いいたします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング