エキゾチックなアラビアの世界を体験!イラク・チャリティ・コンサート「アラブの夢」

特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター

アラブ音楽で「楽器の女王」と言われるウード。日本屈指のベテラン奏者によるウード演奏と素敵な歌でおくるアラビア音楽を楽しむチャリティ・コンサートです。収益は、イラクの子どもたちへのご支援となります。

日時:2018年11月18日 (日)    第1部 13:00-15:00/第2部 16:00-18:00    ※各回演奏後に簡単な懇親会があります。各回のプログラムは共通です。 会場:マエストローラ音楽院 (〒160-0022 東京都新宿区新宿1-1-1 ワコー御苑ビルB1) 料金:一般 3,500円/学生2,500円(※中学生以上/学生証提示)    *小学生以下無料 *事前予約・前払い制/懇親会参加費含む 予約: https://ngo-jvc.info/2JLAMC4




世界11の国・地域で活動する国際級力NGO「日本国際ボランティアセンター(JVCの)」は、マストローラ音楽院とともに、アラビア音楽を楽しむことが国際協力になる、チャリティ・コンサートを開催します。

コンサートの収益は、JVCイラク事業へのご支援となります。イラクでは、紛争の影響で人種や宗教などの違いによる対立が激化し、子どもたちが大きな影響を受けています。JVCはワークショップ「ピース・ヤード」を通して、子どもたちが共生を学ぶ機会をつくるとともに、精神的なダメージのケアを行っています。子どもたちの健やかな未来を築くため、ぜひご協力ください。
(イラクでの活動の詳細はこちら: http://www.ngo-jvc.net/jp/projects/iraq/ )

■プログラム
【歌曲】
「ランマーバーダー・ヤタサンナ」
「エンタ・オムリ」
「タハティル・ヤスミナ・フィッリル」

【インストゥルメンタル
「サマーイ・ヒジャーズカルクルド」
「私の人生におこったすべてのこと」
「アルジェリアの夜」

■出演者



常味裕司(ウード)
日本では数少ないウード奏者。民族音楽センター在籍中、アラブ音楽に出会う。スーダン、チュニジアでウードを学んだ後、チュニジア、カイロ、ベイルート、クエート、オマーン、カタール、モロッコなど世界各地で精力的に演奏を行い、音楽を通した文化・国際交流も盛んに行っている。洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース・ウード講師。詳しくはこちら。
http://www.oud.jp/



松本泰子(ボーカル)
幼少の頃より教会に通い聖歌に親しみ、ピアノのレッスンを受ける。シンガーソングライターとしてライブ活動を始め、後に伊藤君子氏に師事。ジャズヴォーカリストとして活動を開始。86年UCCジャズヴォーカル新人コンテスト特別賞受賞。1998年常味裕司(ウード)、和田啓(レク)と共に「RabiSari(ラビィサリ)」を結成。ボイストレーナーとしての評価も高く、多くの演劇・ミュージカル俳優などを指導している。


■お申込み
以下のフォームからお申込みいただくか、下記の【お問い合わせ】欄のいずれかの連絡先へ
下記項目を記入の上ご連絡ください。
 1.お名前2.ご連絡先3.参加会(第1部・第2部)4.ご参加人数
 お申込みフォーム: https://ngo-jvc.info/2JLAMC4

■お問い合わせ
マエストローラ音楽院
メール:info@maestrora.jp TEL:03-6457-4546

日本国際ボランティアセンタ―(JVC) 
メール:info@ngo-jvc.net TEL:03-3834-2388

■お支払い
ご予約後、以下の口座にお振り込みください。
みずほ銀行 渋谷中央支店(普通)1228391 株式会社きのした
※ご入金をもってご予約が確定となります。返金はできかねますのでご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
アクセスランキング